不測の事態に、 全力の備え。

あってはならない事故や災害。そのとき、迷うことなく、迅速に対応するには、何より普段からの備えが必要であることを、私たちは知っている。もしもの場合にお客様に不安を与えることなく安全を最優先に考えて行動できるか。今日も社員一人ひとりが繰り返し自分に問いかけている。阪急電鉄では万が一の事故や災害に備え、全ての部署が連携して行う合同訓練をはじめ、様々な想定や規模の訓練を定期的に行っています。

安全の取組へ 訓練の取組へ 安全ライブラリーへ