現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

2016年 安全報告書

  1. ごあいさつ
  2. 2015年度に安全・安心を目指して取り組んだこと
  3. 安全の基本的な方針と安全目標
  4. 安全管理体制
  5. 鉄道事故等の発生状況と再発防止の取り組み
  6. ご安全に列車を運行するために取り組んでいること

安全の基本的な方針と安全目標

安全の基本的な方針

1安全スローガン

すべてはお客様のために すべては安全のために

鉄道の運行に関わる全ての社員の安全に対する意識を高め、気持ちを一つに取り組むよう「安全スローガン」を設けています。

2輸送の安全の確保に係る行動規範

安全管理規程の第3条に、鉄道事業における基本的な方針として「安全に関する基本的な方針」を定めています。

安全輸送の確保
協力一致して事故の防止に努め、旅客及び公衆に傷害を与えないように最善を尽くさなければならない。
法令・規程の遵守
輸送の安全に関する法令及び関連する規程(安全管理規程を含む。)を遵守するとともに、運転の取扱いに関する規程をよく理解し、忠実、且つ、正確に守らなければならない。
運転状況の熟知・設備の安全
自己の作業に関係のある列車の運転状況を知っていなければならない。また、車両、線路、信号保安装置等を常に安全な状態に保持するよう努めなければならない。
確認励行・安全最優先
作業にあたり、必要な確認を励行し、憶測による取扱いをしてはならない。また、運転の取扱いに習熟するよう努め、その取扱いに疑いのあるときは、最も安全と思われる取扱いをしなければならない。
人命尊重
事故が発生した場合、その状況を冷静に判断して速やかに安全、且つ、適切な処置をとり、特に人命に危険が生じたときには、全力を尽くしその救助に努めなければならない。
正確迅速な情報伝達
作業にあたり、関係者との連絡を緊密にして打合せを正確に行い、互いに協力しなければならない。また、鉄道運転事故等が発生したときは、速やかに関係先に報告しなければならない。
継続的な改善・変革
常に問題意識を持ち、安全管理規程及び安全管理体制等、輸送の安全に係る業務上の改善を行わなければならない。

安全目標

12016年度安全目標

「有責事故ゼロ」の継続

2006年以降継続している「『有責事故ゼロ』の継続」の安全目標を2016年度も継続し、全力で取り組んでまいります。

2安全方針と安全重点施策

2016年度も安全目標達成のため、引き続き「社会に信頼される安全・高品質なサービスの提供」を安全方針に掲げ、“安心”と“快適”な鉄道運行を目指します。

たくさんのお客様の安全と安心をお守りしている、という誇りと同時に沸き上がるのは、社会にとって大切な仕事をしているという使命感。私たちは、この言葉をいつも胸に刻み、これまでも、これからも、真摯に向き合っていきます。

NEXT 安全管理体制

安全報告書TOPへ戻る

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2