現在の運行状況 【京都線・千里線】お詫びがございます

悠遊一日紀行

沿線おでかけ情報TOPへ

すべてのコンテンツを表示する

南茨木駅は万博の年にできた比較的新しい駅です。駅一帯は、弥生時代から古墳時代にかけての「東奈良遺跡」にあたります。昭和48年(1973年)、弥生時代の銅鐸の鋳型をはじめ住居跡や土器、墓などが多数発掘されました。鋳型が出土したことにより、ここがかつて銅鐸生産地であったことがわかっています。文化財資料館では、出土した鋳型で造った銅鐸のほか、発掘品や資料などを展示解説しています。 ※阪急南茨木駅下車 東へ約500m

大阪府茨木市東奈良三-12-18

この神社は、古来から元茨木川の堤防ぎわにあり、通称「大宮さん」と呼ばれ、迦具土神が祀られています。カグとは銅の古語であり、佐和良義のサワラも銅器を指すことから、地名と神名が一致していることがわかります。毎年10月の秋祭りには多くの人で賑わいます。 ※阪急南茨木駅下車 南東へ約650m

大阪府茨木市美沢町9-27

この公園では、蒸気機関車の中でも人気が高かったデゴイチ(D51)の勇姿に会うことができます。 ※阪急南茨木駅下車 南東へ約900m

花が咲き乱れて、小じんまりとした美しい寺です。天平元年(729年)、行基が池中に瑞光が輝くのを見て、伽藍を建立したのがその始まりと伝えられています。応仁の乱で焼失しましたが、寛永17年(1640)に再建され、現在、木造の地蔵菩薩像、十一面観世音立像は、府の有形文化財に指定されています。 ※阪急南茨木駅下車 南西へ約400m

大阪府茨木市天王2-12-25

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2