現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

悠遊一日紀行

沿線おでかけ情報TOPへ

北千里駅隠れた歴史の街道を行く

すべてのコンテンツを表示する

駅を北へ500mほど行くと、広大な千里北公園が広がっています。入口からしばらく行くと、空に高く伸びた時計塔「銀の鳥」が目に入ってきます。その向こうには、蓮間ケ池が静かな水面を見せています。  公園内には、吹田市自然体験交流センター、市民体育館などがあり、緑豊かな自然に満ち、季節ごとに樹々や花々が目を楽しませてくれます。また、野鳥や昆虫などが多く生息しており、池には渡り鳥が多くやって来るそうです。 ※阪急北千里駅下車 北東へ約500m

大阪府吹田市藤白台5

千里北公園公園の北にあり、現代医学の粋を集めた世界的規模の治療研究を行っているところです。 ※阪急北千里駅下車 北へ約1.1km

大阪府吹田市藤白台5-7-1

国道171号線今宮交差点にある柳谷観世音菩薩碑の横を入った小径が旧西国街道。さらに進むと、しばらくは旧街道がゆるやかに蛇行します。国道171号線の騒々しさがなくなり、ひっそりとして、ゆっくりと歩いて行けます。 国道171号線が新御堂筋と交差するところを過ぎて左へ曲がると、また蛇行した細い道を進むことになります。 (地図は柳谷観世音菩薩碑の場所) ※阪急北千里駅下車 北西へ2km 阪急バス利用の場合は今宮停下車すぐ

辞世の句と共に武士の魂が眠る屋敷 三平が27歳の若さで命を絶った旧邸は、現在記念館として公開されている。自刀したと伝えられる長屋門や、土塀の一部が残され、当時を物語る。 多くの優れた俳句を残した三平の俳号「涓泉」にちなんで別名「涓泉亭」とも。 辞世の句が刻まれた石碑も注目 ※阪急石橋駅下車・阪急バスのりかえ萱野三平前停下車 南へ約150m

大阪府箕面市萱野3-10-4

本殿

オプションポイント

為那都比古神社

この神社には、為那都比古大神、為那都比売大神が祀られています。延喜式神名帳に摂津国豊島郡五座の内に為那都比古神社二座とあり、1,000有余年以前から鎮座まします古神とされています。通称萱野大宮、祭神の二神は夫婦神。仁徳天皇のころ、県主に任ぜられた豪族たちが治めたこのあたりの氏神として祭祀を行っていたようです。かつては二座同殿でまつっていましたが、宇多天皇の寛平年間(889~898年)に別殿にまつられ、明治の末にまた合祀されました。天正年間(1573~1592年)に織田信長が高山右近に命じて、摂津一帯の神社、仏閣を壊そうとした時、牛頭天王と名を変えて、まぬがれたと伝えられています。 ※阪急箕面駅下車・阪急バスのりかえ青松園前停下車 南へ約150m

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2