現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

悠遊一日紀行

沿線おでかけ情報TOPへ

嵐山駅過ぎ去りしロマンを訪ねて-小倉池・化野コース

すべてのコンテンツを表示する

一世を風靡した往年の映画スター・大河内伝次郎が30年を費やしてつくったというこの旧宅は、約2万平方メートルに及ぶ回遊式庭園で有名。松や楓が茂り、春には桜が美しい花を咲かせます。とくに紅葉の頃には、赤く染まった小倉山と桂川がつくりだす景観が素晴らしいところです。 ※阪急嵐山駅下車 北西へ約1.8km

京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8-3
075-872-2233

小倉山の麓は嵯峨野と呼ばれます。大河内山荘を北上していくと、この地ならではの情感漂う寺院が並びます。紅葉の名所・常寂光寺、芭蕉の門下である向井去来が晩年を過ごした落柿舎、天台宗の古刹・二尊院、平家物語の挿話にゆかりの深い滝口寺など、どこを訪ねても見どころが多いところです。 例年12月には、この一帯で「京都・嵐山花灯路」が開催されています。 ※阪急嵐山駅下車 北西へ

祗王寺は滝口寺の近く、奥嵯峨の北のほうに位置します。竹と楓に囲まれたこの草庵は、かつての往生院の境内で尼寺として残り、祗王寺と呼ばれるようになりました。仏御前の出現によって平清盛の寵愛を失った祗王が妹・祗女、母とともに出家したという『平家物語』の挿話に由来し、物語の中では、祗王の身に我が身の将来を重ねた仏御前ものちに現れ、4人で念仏三昧の日々を送ったところです。苔の上に紅葉が降り注ぐ秋の風情は、祗王たちの寂しくはかない心情を物語っているように思えます。 ※阪急嵐山駅下車 北西へ約2.5km

京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32

このあたりは、格子を細かくしたむしこ窓や京格子などを設けた町家風の建物がつづきます。奥嵯峨の美しい自然と一体となって、趣のある風景が楽しめます。 ※阪急嵐山駅下車 北西へ約2.9km

京都府右京区嵯峨鳥居本仙翁町、嵯峨鳥居本六反町辺り

吉田兼好が『徒然草』にも書いた化野は、あたり一面に無数の無縁仏が放置されていた葬送地。弘法大師・空海が如来寺を建てて荒んだ光景を一掃し、のちに法然上人が念仏道場を開いて念仏寺と名を改めたところです。境内には、出土した石仏や石塔が約1万体。死後の世界を思わせるような静けさに満ちています。毎年8月23~24日に行われる『千灯供養』では石仏にロウソクが灯され、幻想的な風景が夏の夜空の下に浮かび上がります。 ※阪急嵐山駅下車 北西へ約3km 京都バスを利用の場合は鳥居本停下車

京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

ここは、かつて、光源氏のモデルと伝えられる嵯峨天皇の皇子、源融の山荘があったところです。嵯峨釈迦堂の名で知られ、清凉寺式と呼ばれる国宝釈迦如来像が安置されています。3月15日には京都の三大火祭に数えられる『お松明』、4月中旬には壬生狂言と並ぶ京都の三大狂言の一つ『嵯峨大念仏狂言』が行われ、近辺はもとより全国から観光客が集まります。 ※阪急嵐山駅下車 北西へ約1.8km

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
075-861-0343

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2