現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

悠遊一日紀行

沿線おでかけ情報TOPへ

上桂・松尾大社駅静けさに過去を見る

すべてのコンテンツを表示する

古来より松尾山の山頂付近にある磐座(いわくら)に神様を祀る京都最古の社の一つ。「松尾造り」と呼ばれる重要文化財の本殿には、大山咋神と市杵島姫命が祀られています。中世以降には境内の霊泉「亀の井」を讃え、お酒の神様として全国から信仰を集めるようになりました。2016年には、およそ50年ぶりとなる「平成の御遷宮」も始まり、宮大工の方々の文化の継承と共に、新たな歴史の一歩が刻まれようとしています。 ※阪急松尾大社駅下車すぐ

京都府京都市西京区嵐山宮町3
075-871-5016

ここは松尾大社の境外摂社にあたり、伊邪那岐命の子の月読尊がまつられています。とくに古代京都の神祇信仰や渡来文化を考えるうえで重要な意味を持っており、秦氏が関わった可能性も高いといわれています。 また、この神社は安産の神様としても知られ、境内には月延石と呼ばれる安産石が置かれています。これは、神功皇后が新羅への出廷時に祈願し、その帰還後、無事に応神天皇を出産された故事にちなむものです。 ※阪急松尾大社駅下車 南西へ約650m

京都府京都市西京区松室山添町15

何度でも訪れたくなる説法の魅力 誰もが気兼ねなく訪れることができる“お寺本来の姿”を体現するため、八代目の頃から始まったという「鈴虫説法」。2016年現在は十代目のご住職がお務めを担われています。お話はまるで噺家さんのように分かりやすく、笑いが起きる一幕も。人として大切にしたい事柄も易しく説いていただけるので、拝聴後は誰もが晴れやかな心持ちになれます。 ※阪急松尾大社駅下車 南西へ1km

京都府京都市西京区松室地家町31
075-381-3830

この寺院の池泉回遊式庭園は、京都の数ある名庭の中 でもとくに名高く、一面を苔が覆う静謐な美しさには思わず溜め息が漏れるほどです。 西芳寺は行基が建立した四十九院のひとつの“西方寺”が前身。後に法然が改宗し、さらに夢窓疎石によって禅宗の道場として再興しました。庭園は、このときに造営されたものです。また、慶長年間に千少庵により再興された茶席の「湘南亭」は国の重要文化財に指定されています。 (拝観要予約) ※阪急松尾大社駅下車 南西へ1.4km 京都バス利用の場合は苔寺停下車すぐ

京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56

この寺は黄檗宗で、方丈は、仙台藩主・伊達綱村が寄進したもの。その他にも貴重な寺宝が多数残されています。 ※阪急上桂駅下車 西へ約1.1km

京都府京都市西京区山田開キ町9

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2