現在の運行状況 【京都線・千里線】お詫びがございます

悠遊一日紀行

沿線おでかけ情報TOPへ

すべてのコンテンツを表示する

このあたりは高浜虚子ゆかりの地で、公園には虚子親子三代の句碑があります。 ※阪急芦屋川駅下車 南へ約200m

ここは江戸時代のものを中心に、矢立てをコレクションしている全国でも珍しい美術館で、およそ1,500点の矢立てを収蔵しています。三味線や刀、鉄砲などを模した変わり矢立てなどおもしろいものがたくさんあります。 (月曜休館、夏、冬期に休館期間があるので、要確認) ※阪急芦屋川駅下車 南へ約250m

兵庫県芦屋市月若町6-1

芦屋川駅の南、月若橋から業平橋までの川沿いは桜の並木になっています。かなりの古木もあり、その季節には美しいピンクが川沿いを飾ります。 ※阪急芦屋川駅下車 南へ約250m

JRが芦屋川の下を走っているそのすぐ脇に芦屋仏教会館があります。仏教らしからぬ、レトロな洋風の建物です。 ※阪急芦屋川駅下車 南へ約450m

兵庫県芦屋市前田町1-5

この橋のあたりに在原業平の別荘があったと伝えられています。業平は「伊勢物語」の主人公と推測されている人物です。同書には芦屋の里に、むかし、をとこ・・・ゆきて住みけり・・・という記述があります。六歌仙、三十六歌仙のひとり在原業平は、女好きで、今でいうプレイボーイ。恋の歌にその才を光らせた人です。 ※阪急芦屋川駅下車 南へ約600m

川べりの遊歩道から見上げる芦屋カトリック教会はとても美しい姿です。すっくと空を突きさす尖塔にはしばらく見とれてしまいます。 ※阪急芦屋川駅下車 南へ約900m

兵庫県芦屋市公光町5-15

芦屋の市木である黒松林の公園です。 その昔、源頼政が京都の御所で退治した鳥は、頭は猿、体は狸、手足は虎、尾は蛇という姿でした。祟りを恐れ、死骸を丸木船に乗せて加茂川に流したところ、芦屋の浜に漂着したのです。浦人たちは驚き恐れて、ここに墓を作りました。この公園にある「鵺(ぬえ)塚」がそれです。 ※阪急芦屋川駅下車・阪急バスのりかえテニスコート前停下車すぐ

兵庫県芦屋市松浜町4-4

小出楢重など芦屋にゆかりの美術家の作品を中心に収集、展示を行っています。 ※阪急芦屋川駅下車・阪急バスのりかえ緑町停下車すぐ

兵庫県芦屋市伊勢町12-25

芦屋市立美術博物館に隣接し、谷崎の原稿や書簡などの資料を収蔵、展示しています。 ※阪急芦屋川駅下車・阪急バスのりかえ緑町停下車すぐ

兵庫県芦屋市伊勢町12-15

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2