現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません
外国人スタッフのツキイチブログ つれづれ京絵巻 vol.25 関西の観光情報を4カ国語でナビゲーション阪急ツーリストセンター 大阪・梅田

阪急ツーリストセンター 大阪・梅田の外国人スタッフが休日に京都の名所をぶらり探訪。
グローバルな視点で感じたこと、気づいたことを思いのままにつづります。

  • 詳細はこちら
自転車で巡る嵐山の魅力をご紹介します!中国人スタッフ:
張 敏(ちょう びん)

初夏の嵐山 サイクリングに出発!

嵐山には家族や友人と何度か訪れたことがありますが、
自転車で観光するのは今回が初めて。
梅雨の合間の晴れた日、涼しくて心地よい風を感じながら、
気ままな自転車の旅を楽しみました。

嵐山の景色を見ながらスイスイ橋渡り

嵐山の景色を見ながらスイスイ橋渡り

阪急嵐山駅に到着し、歩いて40秒の貸し自転車「阪急レンタサイクル嵐山」へ。自転車の色は、ブラウン、カーキ、ブルー、アイボリー、ピンクの5色があり、景勝地の風情に合うよう配慮されているのだとか。
嵐山散策マップをもらい、北方に位置する「愛宕(おたぎ)念仏寺」を目指して、いざ出発!まずは太鼓橋を渡り、嵐山公園中之島地区内へ。川沿いは砂利道になっているので、お店側の平坦な道から行くとスムーズです。公園を抜けると、ひときわ趣あふれる渡月橋が現れます。全長155mのこの橋を、風を切ってスイスイと渡れるのは自転車ならでは。
川からの涼しい風を感じながら、自転車で眺める嵐山の景色は、新鮮で気持ちのいいものでした。

嵐山の景色を見ながらスイスイ橋渡り

阪急レンタサイクル嵐山

阪急レンタサイクル嵐山

住所京都府京都市西京区嵐山西一川町
(阪急嵐山駅 駅前広場正面)

電話075-882-1112

時間【11月~4月】9:00~17:00(16:30 貸出終了)/【5月~10月】9:00~18:00(17:30 貸出終了)

料金●平日(11月除く)2時間まで500円/4時間まで700円/それ以上・1日900円
●土・日・祝&11月  1日900円(時間料金制なし)
※STACIAカードご提示の方は1日900円→700円に割引(平日・休日とも)
※ご自身を証明できるものをお持ちください。(例:運転免許証、保険証、写真付社員証、学生証など)

定休日年中無休

お国比較

自転車は注文に応じて組み立てる

中国の自転車屋では、骨格にタイヤがついただけの製品が並び、店のおじさんがその場でお客さんの注文に合わせて組み立てるシステムです。カゴやベルも注文しないとありませんので、中国で自転車を買う時はご注意を。

自転車は注文に応じて組み立てる

料理旅館の味を楽しめる、京のおばんざい

料理旅館の味を楽しめる、京のおばんざい

渡月橋からメイン通りへ進み、天龍寺の前方にある「ぎゃあてい」でランチをすることに。ここは、生麩料理や嵐山名物の湯豆腐など、京のおばんざい30品目以上が食べ放題のバイキングレストランです。
おばんざいとは、「御番菜」と書き、「おかず」という意味。その昔、殿様に仕えた家来のまかないを「お番」と呼んだことが語源だと言われています。
たくさんのおばんざいの中でも、私が気に入ったのは、出汁巻き玉子。鰹だしのみの味付けは、料理旅館「嵐山辨慶」がプロデュースしたもので、やさしくて上品な味でした。おばんざいには、九条ねぎや水菜など京野菜がたくさん。京都・山科のなすを使った「なすのたいたん」は、本当に美味しくて、何回もおかわりしてしまいました。

料理旅館の味を楽しめる、京のおばんざい

京おばんざいバイキング 嵐山 ぎゃあてい

京おばんざいバイキング
嵐山 ぎゃあてい

住所京都府京都市右京区
嵯峨天龍寺造路町19-8

電話075-862-2411

時間11:00~14:30(入店終了)※季節によって変更あり

料金1時間 大人1,800円/中学生1,500円/小学生1,200円/幼児・3歳以上800円(税抜き)※ドリンクメニューは別途料金

定休日7月2,3,9,10,16,23,30日
※8月以降の定休日はHPをご確認ください

お国比較

母の味を食べたいなら「農家楽(ノンチャルー)」

中国には、農家の人が自宅で行う「農家楽」という食事処があります。レストランの料理と種類は同じでも、味がまったく違って、まさに"お母さんの味"。中でも、餅の中になすやししとうを入れたおかずがお気に入りです。

母の味を食べたいなら「農家楽(ノンチャルー)」

1,200体の羅漢(らかん)さんが迎える愛宕(おたぎ)念仏寺へ

1,200体の羅漢(らかん)さんが迎える愛宕(おたぎ)念仏寺へ

「ぎゃあてい」を出て、さらに北へと自転車を走らせていきます。お昼を過ぎてからは日差しがきつかったのですが、木陰に入るとちょうどいい涼しさで心地よかったです。通り道で見つけたアジサイの美しさにも癒されながら、約20分で愛宕(おたぎ)念仏寺に到着!
京都市指定文化財の山門を抜けると、いたるところに仏像が。その数なんと1,200体!これは「羅漢(らかん)さん」と言って、荒れ寺だったお寺の復興を祈願し、1981年から10年間、1,200人の一般参拝者の手によって彫られた像だそうです。一つひとつ表情が異なり、中には親子の姿をした像もありました。
境内に流れる和やかな空気に、私もほっこりとした気持ちになれました。

1,200体の羅漢(らかん)さんが迎える愛宕(おたぎ)念仏寺へ

天台寺 愛宕念仏寺

天台寺 愛宕念仏寺

住所京都府京都市右京区
嵯峨鳥居本深谷町2-5

電話075-865-1231

時間8:00~17:00(16:45閉門)

拝観料300円

お国比較

日本のアジサイに替わる、蓮の花

私の故郷では、アジサイを見たことがありませんでした。
梅雨の時期の花と言えば「蓮の花」です。
中国文化と深い結びつきのあり、"花の中の君子"に例えられる美しい花として、人々に親しまれています。

日本のアジサイに替わる、蓮の花

今日の感想♪

張 翔(ちょう しょう)

実は自転車に乗るのは4年ぶりでした。少し不安もありましたが、冒険みたいで楽しかったです!お昼ごはんも美味しくて大満足。家族が日本に来たら連れていってあげようと思います。

張 敏(ちょう びん)

寺院・神社、店舗、施設等に関しては、掲載の各スポットへ直接お問い合わせください。


  • お得なチケット
  • ブログ最新号
  • フォトギャラリーを観る
  • ギャラリーを観る
  • 阪急レンタサイクル嵐山
  • 京とれいん

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2