現在の運行状況 【京都線・千里線】電車に遅れが発生しています
外国人スタッフのツキイチブログ つれづれ京絵巻 vol.49 関西の観光情報を4カ国語でナビゲーション阪急ツーリストセンター 大阪・梅田
  • 詳細はこちら
食べて作って!食を満喫中国人スタッフ:魏 暁娜(ギ ギョウナ)

紅葉が美しい秋の東山へ!

今回は、すっかり秋めいた京都の風情を感じながらコーヒーを味わえるカフェや、これからの季節に活躍する調理道具作りに挑戦します。

歴史ある寺院に誕生したカフェ

SLOW JET COFFEE高台寺

SLOW JET COFFEE高台寺

住所京都市東山区下河原町526 高台寺境内

電話075-533-7480

時間9:00〜18:00(17:30L.O.)、
高台寺夜間特別拝観時は9:00~22:00(21:30L.O.)

休日無休

最初の目的地は、2016年の春にオープンしたばかりのカフェ「SLOW JET COFFEE高台寺」。こちらは、東山の観光名所でもある高台寺の境内にあり、自家焙煎のコーヒーやパニーニ、スイーツなどが味わえます。境内の南側にある階段を登っていくと、開放的な店舗が見えてきました。さっそく中に入り、お目当てのテラス席に座ると、目の前に八坂の塔、遠くに京都タワーが並ぶぜいたくな景色が広がります。京都のシンボルを眺めながら、ここでしか飲めない高台寺ブレンドと抹茶パフェをオーダー。コーヒーは飲みやすく、豆の甘味が出るように焙煎されたもので、香ばしさに鼻がくすぐられます。抹茶パフェは、グラスいっぱいにトッピングが詰め込まれ、和の素材の中でもわらび餅やスポンジ、ゼリーは抹茶の風味がたっぷり。心地良い天気の中、絶品のコーヒーやスイーツとともに京都らしい風景まで味わえ、ついつい長居してしまいました。

高台寺ブレンドコーヒー430円 抹茶パフェ850円

お国比較

中国の定番スイーツといえばアイスフライ

中国でよく食べられるスイーツに、アイスフライがあります。中国では「油炸冰淇淋」といって、食パンにアイスクリームをはさんで油で揚げるだけ。アツアツのパンの中から冷たいアイスがとろける不思議なスイーツです。

古くから受け継がれる金網工芸に挑戦

高台寺 金網つじ

高台寺 金網つじ

住所京都市東山区高台寺南門通下河原東入ル枡屋町362-5

電話075-551-5500

時間10:00~18:00、とうふすくいづくり体験の受け付けは17:00まで
※5日前までに要予約

料金とうふすくいづくり体験3,240円

休日不定休、夏季(6月22日~8月31日)と冬季(1月18日〜2月15日)は水曜日

香ばしいコーヒーの余韻にひたりながら、来た道をもどって「高台寺 金網つじ」へ。こちらには、平安時代のころから受け継がれる金網工芸の技術を用いた調理道具など、生活に根ざしたアイテムが揃います。一方、店内の一角で製作体験ができ、お鍋料理が恋しくなるこれからの季節に欠かせないとうふすくいを作れます。道具はいたってシンプルで、針金に、網目の書かれた紙とくぎ、とうふすくいの土台がセットされた作業台のみ。紙に書かれた網目に沿って、針金を亀甲模様に編み込んでいきます。針金をねじるときは手首をしっかり返す、網目がきつくならないよう力を入れすぎないなどのコツを聞きながら、まずは練習。編む感覚がつかめたらいざ本番です。手元に意識を集中させて編んでいくうちに、頭の中がからっぽになっていくような感覚に。8本の針金を使い、柄の先まで編めたら作業は終了です。

お国比較

豆腐専用の調理道具に驚き!

中国にもとうふすくいのような、料理や具材をすくう調理道具はたくさん。種類もさまざまで、大きいもの・小さいものなどを用途で選べます。しかし、豆腐をすくうためだけの道具は日本ならでは!

まるで芸術品のような精巧な生活道具

自作のとうふすくいを手に持った瞬間、一気に喜びがわきあがってきました。このあとは職人さんにおまかせし、実際に使えるように仕上げてもらいます。熟練の職人が作ったものと比べると、網目のズレが気になりましたが、これも愛嬌!ほかに、どんな工芸品があるのか見てみると、同じとうふすくいでも模様が凝っているものや銅製のものなど、実にさまざま。さらに、近年注目を集めているという焼き網は、火にあたる部分がセラミックのため、遠赤外線効果でパンも外はパリッと中はふっくら焼けるそう。このように店内に並ぶ商品は、芸術品でありながらふだんの生活の中で使うものばかり。昔からある道具から現代の生活に適するように改良されたものまで、伝統工芸が日常に根付いている京都の魅力を感じられたお店でした。

特製くずもちと飲み物のセット1500円

お国比較

特別なときに使う中国の伝統工芸・切り紙

中国の伝統工芸に切り紙がありますが、京都の金網工芸のように日常生活の中で使うのではなく、特別な行事のときに使うものというイメージ。小さいころ、お正月になると家の窓に華やかな柄の切り紙を貼ったものです。

今日の感想♪

魏 暁娜

京都らしい風景を眺めながら、おいしいコーヒーやスイーツを味わえたり、興味のあった伝統工芸に触れられたり。京都の「古今」の魅力にひたれた1日でした。

魏 暁娜

寺院・神社、店舗、施設等に関しては、掲載の各スポットへ直接お問い合わせください。


  • お得なチケット
  • ブログ最新号
  • フォトギャラリーを観る
  • ギャラリーを観る
  • 阪急レンタサイクル嵐山
  • 京とれいん

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2