現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません
外国人スタッフのツキイチブログ つれづれ京絵巻 vol.55 関西の観光情報を4カ国語でナビゲーション阪急ツーリストセンター 大阪・梅田
  • 詳細はこちら
一年のしめくくりに“特別”に出合う旅
中国人スタッフ:魏 暁娜(ギ ギョウナ)

お気に入りが見つかる、嵐山の一日

紅葉シーズンの賑わいから静けさを取り戻した冬の嵐山。今回は日本の美を凝縮したようなカフェを訪ね、さらに新年を迎えるのにふさわしいMy箸作りに挑戦します。

美しき日本家屋で味わう和スイーツ

美しき日本家屋で味わう和スイーツ

eX cafe嵐山本店

eX cafe嵐山本店

住所京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3

電話075-882-6366

時間10:00~17:30※季節により変動

休日不定休

嵐山駅から川の流れに耳を傾けながら渡月橋へ。橋から眺める山々は、紅葉の見頃を過ぎて冬本番の気配。今回は渡月橋を渡ってすぐの「eX cafe嵐山本店」へ向かいます。まるで高級旅館のような門構えの邸宅を改装したカフェでは、120坪の日本庭園を眺めながら抹茶を使った和スイーツを楽しめます。お目当ては焼き立てを味わえるお団子セット。窓際の席に腰を下ろすとほどなくして、よもぎと白の串団子とお抹茶が炭火の焼き網とともに運ばれてきました。串団子を1本ずつ焼き色がつくまで焼き、特製のみたらしたれ、または粒餡をつけていただきます。みたらしは甘さと塩気のバランスが絶妙で、いくら食べても飽きないほど!和菓子に欠かせないお抹茶も、爽やかな苦味がお団子の甘味とよく馴染みます。京都のお寺や旅館などで数多くの作品を手がける現代絵師・木村英輝さんの斬新な襖絵や壁画、美しいお庭に囲まれた空間は、すっかり私のお気に入りに加わりました。

料金:ほくほく、お団子セット1220円

お国比較

中国の4大伝統祭り・元宵節に食べるお団子

中国のお団子といえば「湯円」。旧暦の1月15日、満月の日にあたる元宵節(げんしょうせつ)にこの「湯円」を食べる風習があります。もち米で作った生地で、中には小豆餡やゴマなどを入れて丸く包みます。お湯で茹でて食べるのが主流ですが、近年では油で揚げて食べることもあります。

世界にひとつ、自分のためのお箸作り

世界にひとつ、自分のためのお箸作り

箸工房おおした 嵐山昇龍苑店

箸工房おおした 嵐山昇龍苑店

住所京都市右京区嵯峨天龍寺門前
嵐山 昇龍苑内2F

電話075-873-0022

時間10:00~17:00※季節により変動あり

料金白木箸の絵付けコース 2160円
※送料は別途

休日無休
※年末年始(12/30~1/3)は体験休み

カフェを後にして、京都を代表する老舗が集まる商業施設・嵐山 昇龍苑へ。今回伺ったのは「箸工房おおした」。箸の名産地である若狭出身の店主・大下さんが、自らの職人経験を生かして箸作りの体験コースを考案、開催しています。螺鈿の箸を手で研いで模様を出すコースや竹をナイフで削って箸を作るコースなど、4種ある体験の中から白木箸に絵の具で模様を描くコースに挑戦しました。まずは自分の手に合う長さの箸を選び、続いて絵の具で自由に描いていきます。カエデの木から作られた白木箸に金色のベースを塗り、赤いカエデの葉の絵柄で彩りました。絵筆を手にするのは久々でしたが、自分が使うことを想像しながら描いているうちに夢中になっていきました。仕上げに耐久性・安全性を出すために上塗りを施してもらいます。職人さん専用の工房で作業するため、手元に届くのは約2週間後。完成品を手にするのが楽しみでたまりません。

お国比較

普段はいたってシンプル、中国のお箸事情

中国の家庭では自分専用のお箸を持つ習慣がなく、家族共用で箸立てが食卓に並びます。また、華美な装飾のない木製のお箸が一般的です。一方、中国の結婚披露宴では、縁起物として赤色のお箸が使われます。新郎新婦が使うお箸の上端には龍の図と鳳の図が描かれ、祝福の文字も書かれているんですよ。

美と技の極致!多彩なお箸の専門店

美と技の極致!多彩なお箸の専門店

約30分の絵付け体験後は店内を見学。若狭塗や輪島塗など日本を代表する漆塗りのお箸や、手の込んだ螺鈿細工を施したお箸など、壁一面に多種多様なお箸が並ぶ様子は圧巻です!中には野球の折れたバッドから作られたお箸や竹林で有名な嵯峨野の竹で作られたお箸、セットで使いたい和紙やクリスタルの箸置きなども揃います。実際に手にとってみると、六角形や八角形などさまざまな形のものがあるのだと発見。元々、主流だったのは丸型や四角形のお箸。でも、「丸型だと食卓から転がり落ちてしまう」、「四角形だと持ちにくい」などの声が多く、丸に近い八角形や、持ち慣れた鉛筆と同じ六角形のお箸が作られるようになったそう。日本では、古来より縁起のよい贈物として重宝されてきたお箸。店内では名入れのサービス(一部商品を除く)もあるので、家族や友人へのお土産にもぜひ利用してみたいと思いました。

お国比較

中国のお箸は太くて長いのが特長

日本と同じ箸食文化の中国ですが、お箸の材質や形状が異なります。中国では古くから象牙・木・竹製のお箸が多く、中には金属製や玉石のものも。さらに、円卓にずらりと並ぶ料理をとるために、その形状は寸胴型で長く、日本のもののように先端が細くなっていないという違いがあります。

今日の感想♪

魏 暁娜

京都らしい風景を眺めながら、おいしいコーヒーやスイーツを味わえたり、興味のあった伝統工芸に触れられたり。京都の「古今」の魅力にひたれた1日でした。

魏 暁娜

寺院・神社、店舗、施設等に関しては、掲載の各スポットへ直接お問い合わせください。


  • お得なチケット
  • ブログ最新号
  • フォトギャラリーを観る
  • ギャラリーを観る
  • 阪急レンタサイクル嵐山
  • 京とれいん

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2