現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

企画展「商都慕情 -今昔館の宝箱―」(大阪くらしの今昔館)

「天下の台所」と称された大阪には諸国の物産が集積し、商人は富み栄え、豊かな暮らしを背景に芸術・文化が開花しました。また、「水の都」とも称された大阪は市中に堀川が発達し、多くの橋がかけられました。三大橋と呼ばれた「天満橋」「天神橋」「難波橋」、町人が維持管理した町橋など多種多様な橋があり、魅力ある都市景観を作り出していました。
大阪くらしの今昔館が所蔵する美術品の中には、大阪の景観や、年中行事など、人々の暮らしぶりを描いた絵画が残されています。例えば、「浪花下村店繁栄之図」(佐藤保大筆)は幕末期の松屋(現在の大丸)の店構えと賑わいが、「浪花天神橋図」(菅楯彦筆)には天神橋の上で武家の子ども連れと、天神旗を持った行商人の家族などが行き交う様子などが描かれています。さらに花見や月見など季節の行楽、寺社への参拝、年中行事や祭礼など、古きよき大阪の魅力あふれる街の様子や暮らしぶりを掛軸・絵巻・屏風などの絵画作品を通してご覧ください。

■開催日時
2018年6月16日(土)~7月8日(日)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■休館日
毎週火曜日

■場所
大阪くらしの今昔館 企画展示室

■料金
企画展のみ300円
常設展+企画展 一般:800円(700円)、高・大生:500円(400円)(要学生証提示)
※( )は団体料金
※団体は20名以上

■アクセス
阪急千里線・天神橋筋六丁目駅下車、徒歩すぐ

■WEB サイト
http://konjyakukan.com/

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

現在ダイヤ検索は7月7日の宝塚線ダイヤ改正には対応しておりません。