現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

羅漢さん 仏教を護(まも)る聖者たち(香雪美術館)

羅漢は、正しくは「阿羅漢(あらかん)」といい、修業によって最高段階に達し、悟りを開いた人のことを指します。釈迦の教えを護り、未来へと伝える役割を担っているとされます。この信仰がインドから中国に伝来すると、羅漢たちは釈迦の入滅後に正しい教えを護りながら人々を救う存在となりました。日本には8世紀に伝わり、鎌倉時代以降に彫刻・絵画が盛んにつくられ、信仰されました。この春に中之島香雪美術館では特別展「明恵の夢と高山寺」を開催しましたが、明恵(みょうえ)【1173〜1232】も釈迦追慕の念から羅漢を崇拝し、関係する書物を著し、複数の羅漢図を所持しました。
本展では、当館のコレクションを形成した村山龍平(りょうへい)の収集品の中から、羅漢図を中心に、関連作品や羅漢を供養、讃嘆する場面に描かれた工芸品なども展示します。

■開催日時
2019年5月18日(土)~7月15日(月・祝)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■休館日
月曜日 ※ただし、7月15日は開館

■場所
香雪美術館

■料金
一般:700(550)円、大高生:450(350)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

■アクセス
阪急神戸線・御影駅下車、南改札口より東南へ徒歩5分

■WEBサイト
http://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2