現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

住まいをデザインする顔 ―関西若手の仕事―(大阪くらしの今昔館)

関西には数寄屋、町家、長屋など伝統的な住空間と環境が育まれ、それらを土壌として、現代住宅の分野においても多くの先端的な建築家を輩出してきました。近年はAIやIOTなど通信を利用した機器の家庭への進出もめざましく、社会がグローバル化する中で住まいに求められるニーズも多様化しています。若手建築家はこれに応じて新たなツールや技術を利用しながら設計し、多様で可能性あふれるデザインを展開し、新たな活動領域へとネットワークを広げています。
本展は2013年に行った企画展「住まいをデザインする顔」に続く展覧会で、今回は関西の代表的な住宅建築家である竹原義二氏・岸和郎氏の企画で、40歳以下のクリエーター30名の多様化する仕事をマッピングして活動領域を可視化し、模型、図面や写真パネル等で紹介します。リアルで先進的な住まいをデザインする人々の仕事の今に触れ、未来の住まいづくりへの予感を提示します。

■開催日時
2019年6月15日(土)~7月15日(月・祝)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■休館日
毎週火曜日

■場所
大阪くらしの今昔館 企画展示室

■料金
企画展のみ300円
常設展+企画展 一般:800円(700円)
高・大生:500円(400円)(要学生証提示)
※( )は団体料金
※団体は20名以上
※年間パスポート・大阪周遊パスでも入場可
※中学生以下、障がい者手帳持参者(介護者1名含)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明書提示)

■アクセス
阪急千里線・天神橋筋六丁目駅下車、徒歩すぐ

■WEB サイト
http://konjyakukan.com/index.html

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2