現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

阪急日和(はんきゅうびより) 他の駅を見る

vol.23 蛍池駅からすぐ! 大阪国際空港を遊びつくそう

ビジネスの足として、また旅行時にもおなじみの「大阪国際空港(伊丹空港)」。阪急蛍池駅からは大阪モノレールに乗り換えてわずか1駅とアクセスの良さも魅力なのよ! 空港には飲食店や雑貨店、関西のお土産もいっぱいあって、休日のお出かけにもぴったり。蛍池駅周辺の個性的なお店と合わせて訪ねてみよう。

※掲載スポットの内容は掲載時点(2016年4月中旬)のものです。料金やメニュー内容、営業情報は変更になる場合がありますので、事前にお確かめのうえお出かけください。

蛍池駅
阪急蛍池駅周辺MAP

国内都市を結ぶ、街ナカ空港の魅力を再発見!

大阪国際空港(伊丹空港)

大阪国際空港(伊丹空港)

1939(昭和14)年の開港以来、長きにわたり空の足として活躍する都市型空港で、国内線では関西最大の利用客を誇ります。南北2つの出発口を持つ4階建のターミナルビルは周辺の町のランドマークになっています。今春からは2020年の東京オリンピックを視野に入れた、大幅なリニューアル計画もスタート。到着口が一本化されるなど、誰にでも優しい都市型空港を目指す新たな取り組みに注目が集まります。

展望デッキ「ラ・ソーラ」からの眺め

ターミナルビルの屋上全面を利用したオープンエアーの展望デッキ「ラ・ソーラ」。間近に飛行機が眺められるパノラマの風景と、四季の花々に彩られた心地よい空間が広がります。待ち時間に飛行機を眺めたり、写真を撮るにも絶好のロケーション。子連れのファミリーもゆったりと過ごすことができるので、お出かけ時にはぜひ立ち寄ってみてください。

飛行機を眺めながらのんびり
大阪国際空港(伊丹空港)

空港ターミナルビルを散策しよう

京阪神を中心としたご当地グルメやお土産品がひしめくショップに加え、旅支度に欠かせない旅行グッズまで、あらゆるサービスが集結したターミナルビル。ぐるりと一周するだけだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいます。中には、空港限定のお土産もあるので、いろいろなお店をのぞいてみましょう。

収穫祭 大阪空港店

滑走路が一望できるレストラン

空港ターミナルビルの4階にある、滑走路に面した大パノラマの眺望が自慢のレストラン。店内は一面ガラス張りになっていて180度大パノラマの眺望が楽しめます。ターミナルを離れて、ゆっくりと動き出す飛行機や、次々と飛びたつ飛行機を眺めながらの食事やティータイムは格別。ディナータイムには、きらめく夜景と共に昼間とはまた違った景色が広がります。

収穫祭 大阪空港店
窓際の特等席は最高ね!

(上)「収穫祭ランチ」1,188円(メイン、パンまたはライス付。サラダ、ドリンク、スープは別途料金で追加可)。淡路産の野菜や、地鶏など関西ならではの食材を使った季節のランチが味わえます。
(下)白で統一された広々とした空間は、グループでも気兼ねなく利用OK。例年夏期のディナータイムには、展望デッキでビアガーデンが開かれます。

DECOBOCO farm kitchen

木のカウンターが優しい印象のカフェスペース。食後やカフェタイムには、自慢の珈琲もぜひ。

DECOBOCO farm kitchen

美味しい珈琲を豆から作りたいと、奄美群島・徳之島に開かれたDECOBOCO farm。その魅力を引き継いだダイニングがこちら。「デコボコランチ」1,620円は、丁寧に仕込まれたメインのお料理に、カウンターに並ぶ惣菜の小皿から3種、サラダなどを組み合わせて楽しむランチ。箕面にある直菜園で採れた野菜はどれも新鮮で、サラダでいただくと自然の香りが際立ちます。旬の野菜をじっくり味わう、ゆったりとした時間もごちそうです。

ネパールキッチン カトマンドゥ 豊中店

ランチ「Bタメルセット」1,130円。写真のフルサイズナンは約75cmで、ボリューム満点です。

ネパールキッチン カトマンドゥ 豊中店

壁に掲げられたネパールの国旗をはじめ、異国情緒が漂う店内。本場のシェフが手がける焼きたての巨大なナンと、本格的なネパール料理が味わえるお店として親しまれてきました。4種類あるランチは日替わりを含む数種のカレーや、ナンのサイズ、付け合わせの種類などを見ながら、好みのものを選んで楽しみます。マトンやチキンなどがごろりと入ったカレーは、スパイスが効きながらも食べやすくナンに良く合う逸品です。

MARKET BASKET

店内には調味料やドリンクなどさまざまな輸入食品や、暮らしを楽しむアイテムが満載です。

MARKET BASKET

駅から直結のルシオーレ蛍池にある雑貨店。元JALのスタッフだったというオーナー自ら展示会に足を運び、国内外の注目アイテムをいち早く取り入れています。世界的にも有名なドイツのブランド「HARIBO」のグミの種類が豊富で、クマのキャラクター・ゴールドベアーの前身となるハリボーイが、カラフルなグミと共に出迎えてくれます。普段のおやつや旅のお供、子どもが主役のパーティーにも活躍しそうです。

おすすめブログ記事

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2