現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

阪急日和(はんきゅうびより) 他の駅を見る

vol.29 天神さんのお膝元!服部天神駅からレトロ商店街へ

服部天神駅周辺は、駅の東西にわたり商店が軒を連ねるノスタルジックな雰囲気が魅力。古くから営業している商店に加え、ここ数年は店主の個性が光る新しいお店が続々登場しているんだよ。地元で「足の神様」として親しまれる服部天神宮へお参りをしたら、“古さと新しさ”それぞれの良さが共存する街の魅力を探しに行こう!

※掲載スポットの内容は掲載時点(2016年10月中旬)のものです。料金やメニュー内容、営業情報は変更になる場合がありますので、事前にお確かめのうえお出かけください。

服部天神駅
服部天神駅周辺MAP

地元で親しまれる「足の神様」へお参りしよう

服部天神宮

服部天神宮

中国からこの地に機織りの技術を伝えたとされる秦氏が信仰していた「医薬の神・少彦名命」を祀る神社として開かれた社。後に菅原道真公が京都から九州の太宰府へ赴く際、この付近で持病の脚気に悩まされ、同宮へお参り後に平癒したことから天満宮として合祀することになったのだそうです。普段は静かで心地よい境内ながら、道真公にちなむ毎月25日や、新年の「豊中えびす」の際には、近郊から多くの参拝者で賑わいます。

足の元気は暮らしの基本

(上)朱塗りの社殿が艶やかな本殿の一角にはスポーツ選手をはじめとした参拝者の絵馬や、症状が改善した人たちの奉納わらじも納められています。

(下)境内には、ミニサイズのわらじがモチーフのお守りも豊富。病の祈願にはわらじ守りを自宅用に、色柄が愛らしいお守りは通勤・通学用に、と用途に合わせて授かりましょう。「わらじ守り」1,000円、「健脚健康草履守」1,000円

元気な足で毎日を楽しもう!
服部天神宮

お参りの締めくくりも忘れずに

服部天神宮は東側の鳥居が正門。阪急の駅側の参道出口には「足踏み石」が設けられているので、帰りにも「二礼二拍手一礼」の作法で本殿に向かって祈願しましょう。

茶ら咲

癒やしの日本茶専門カフェ

お茶のインストラクターであるオーナーが全国から取り寄せたおすすめの茶葉を美味しい飲み方で提案してくれます。おすすめは「玉露セット」。生茶葉ならではの香りを、プチデザートと一緒に味わうことができます。注文前にはウェルカムティー、希望すればカフェインレスのお茶を提供していただけるなどの心づかいもうれしいポイントです。「玉露セット」1,200円(選べるミニお菓子3種付き)

茶ら咲
最後まで味わえるんだね

(上)お店にある急須の中から使用したいものをセレクトして提供してくれます。一煎目はスタッフがサービス。二・三煎目は自身で淹れます。香りや味の違いを比べてみましょう。

(下)お茶をいただいた後は、茶葉にお出汁をかけていただきます。生茶葉だからこそできる斬新な味わい方にびっくり!オーナーはお料理にも応用されているのだそうです。

ばんばそば

本格手打ちそばの名店へ

駅からすぐの白石と濃茶色のエントランスが素敵な手打ちそばのお店。そばのメニューは冷たいおそば一種のみ。この日は、店主の故郷「山形県産”でわかおり”全粒粉のおそば」をまずは岩塩でひと口、そのあとは濃口のつゆでいただきます。丁寧な仕込みとコシのある麺が、そば本来の香りを引きたてます。店主はこのそばのために、島根県の奥出雲まで湧水を汲みに行くこともあるのだそうです。隠れた努力から生まれるこだわりの逸品は格別の味わいです。「今日のおそば」850円 ※売切れ次第終了

ばんばそば
まさに職人技!

(上)店内はシンプルにこだわった落ち着いた空間。山形の郷土料理と奥出雲の食材を使ったおばんざいや日本酒の種類も豊富で、お昼からそば前とお酒を味わうこともできます。

(下)美味しいおそばを提供したいという思いで、なるべく作り置きはしないとのこと。朝と夕の1日2回、手間暇かけてそばを打つのだそうです。

果琳珈琲店

まずはベーシックな「ブレンド」500円からどうぞ

果琳珈琲店

オーナー自ら手作りで仕上げたという味のある看板に誘われ、40年以上続く昔ながらの純喫茶へ。店内に入ると漂う珈琲の香りが芳しく、期待に胸がはずみます。こだわりのカップに手際よく注がれる珈琲は、香りはもちろん冷めにくさもポイント。ほどよい苦味と柔らかな口あたりを、じっくりと味わえる一杯です。店の奥で毎日焼いているという自家製ケーキと共にゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

御菓子司 富喜屋

「白球もなか」1個入160円。※桃色は春限定

御菓子司 富喜屋

二代目、三代目のご主人が共に先代の味を守る地元の和菓子屋さん。高校野球発祥の地にちなむ豊中名物「白球もなか」は、硬球とご当地キャラマチカネくんの絵柄入り。十勝産のあずきや箕面産のゆずを用いた餡を食べる直前に挟むスタイルで、パリパリの皮の食感が楽しめます。また季節の歳時をうつす生菓子にはハロウィンなどを題材にした遊び心あふれるものも。和菓子のある幸せを日常にプラスしてくれるお店です。

booworks

「ご当地ブローチ」各1,080円

booworks

豊中を拠点に活動する作家・渡邉航一郎さんのアトリエを兼ねた手織り雑貨のお店。店内には、ステーショナリーやバッグなど手織りの布を使った色とりどりの雑貨が並びます。渡邉さんのおすすめは日本全国のご当地を名産品や色合いで表現するご当地ブローチ。思わず馴染みの都道府県を探してしまいそうです。糸と柄の組み合わせで何万通りもの表情が生まれるのも手織り雑貨の魅力のひとつ。短時間で完成させる手織りのワークショップもあるので参加してみましょう。

欧風バルLazo

「ローストビーフ 牛タンバージョン」800円

欧風バルLazo

料理とお酒を気兼ねなく味わえる、カウンタースタイルの欧風バル。フードメニューの品ぞろえが豊富で、タパスや日替わりのおつまみなどビールやワインによく合う単品メニューが揃います。スライスされた柔らかな牛タンのローストビーフは、香り高いトリュフソースでいただく本格派。魚介の旨味があつあつのアヒージョも旨味たっぷりの仕上がりです。服部天神駅からすぐの線路沿いにあるので、平日の仕事帰りにも立ち寄りやすく、軽く一杯飲んで帰ることもできます。

おすすめブログ記事

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2