現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

阪急日和(はんきゅうびより) 他の駅を見る

vol.40 風光明媚な長岡天神駅エリア、趣を感じる旅へ

菅原道真公がこよなく愛し、詩歌管弦を楽しんだ洛西の景勝地。広々とした八条ヶ池、四季折々の花々が美しい長岡天満宮を中心に、古代~戦国時代の歴史ロマンが漂うスポットが点在。華麗な時代絵巻「長岡京ガラシャ祭」、特産の京タケノコを使ったオリジナルのご当地グルメなど、地元愛溢れる魅力が満載の街を訪ねよう。

※掲載スポットの内容は掲載時点(2017年9月中旬)のものです。料金やメニュー内容、営業情報は変更になる場合がありますので、事前にお確かめのうえお出かけください。

長岡天神駅
長岡天神駅周辺MAP

長岡天満宮

長岡天満宮

四季の花々と緑、水面にそよぐ風に癒される

服部天神、松山神社と並ぶ阪急沿線の三天神のひとつで、洛西の景勝地にある由緒あるお社。かつて長岡京が置かれていたあたりで、広々とした池と平安神宮から移築された壮麗な社殿が佇むさまは、さながら都の風情。緑豊かな境内には、凛とした空気が漂っています。

長岡天満宮

八条ヶ池を渡る参道に植えられているキリシマツツジ。樹齢150年以上、高さ3mもある木が約100本もあり、国内随一を誇ります。4月下旬頃が花の時期で、一面が真紅に染まる姿は必見の美しさ。境内には梅や桜、菖蒲なども植えられ、四季折々魅力があります。

(右)寛永年間、当時の領主・八条宮が灌漑用として造営した「八条ヶ池」。趣きある水上橋がかけられ、景色を楽しみながら散策できます。

(左)美しい花があしらわれた「花おみくじ」。しおりとして使うことができるようになっていて、ほのかな花の香りがついています。

長岡天満宮

Unir 本店

Unir 本店

スペシャルティコーヒーの草分け

世界で最高品質のコーヒー豆を選ぶ「カップオブエクセレンス」。国際審査員を務めるオーナーがその舌にかけて選び抜いた、最上級の一杯を提供する専門店。野菜と同じように鮮度にこだわり、最先端の焙煎機でハイクオリティなコーヒーを生産。2016年1月に移転した本店では、淹れ立てのコーヒーと共に、地産地消にこだわったランチや、専属パティシエが手作りするスイーツも味わえます。

(上)「畑の見えるお昼ご飯」(1,500円)は、週替わりの和食ランチ。地元で採れる旬の新鮮な野菜を使って作られるヘルシーなメニューで、コーヒー、デザート付き。

(下)日本でも数少ない業界最先端の焙煎機「ローリングスマートロースター」を導入。豆の性質を見きわめながら、熟練の技で最上の味を引き出しています。

Unir 本店

いとへん

いとへん

糸にまつわる素敵な雑貨

編む、縫う、織る、紡ぐ… 手作りを楽しむ、さまざまな材料が揃うお店。明るい店内には、糸の量り売りや、道具類、インポートのレアもの商品、各種の手作り品など多彩な品ぞろえ。大手の手芸用品店にはないアイテム満載で、見ているとワクワクしてきます。作家でもあるオーナーが、ていねいに教えてくれる手芸のレッスンも要チェック。魅力あるワークショップも随時開催。

(上)日本ではまだ珍しい、ポーランド東北部にある「ヤノフ村」の伝統織物。村の女性たちが受け継いできた手仕事で、森の動物や草花、木々など自然をモチーフにしたデザインと素朴な風合いが魅力。

(下)ヨーロッパの街角を思わせる「ロングヒル」は、お洒落な雑貨店、ブティック、ケーキショップなど個性的なお店が全12店舗。路地を探索するように、各ショップを巡ってみるのもおすすめです。

いとへん
長岡京ガラシャ祭

輿入れ行列の様子

長岡京ガラシャ祭

およそ400年前、細川ガラシャが新婚時代を過ごした勝竜寺城。1992(平成4年)に、城跡を公園として整備したことをきっかけに、輿入れ行列を再現しようと市民らが企画。回を重ねるごとに人気が高まり、時代行列やなるこ踊り、模擬店、ステージショーなど、多くの市民が参加。観光客も多く訪れる秋の風物詩として定着しています。今年の開催日時など、詳しくは公式サイトへ。

うお寿

「竹の子姿ずし」一人前1,458円

うお寿

創業70年余り、「長岡京市で会食や宴会と言えばうお寿」と親しまれてきた老舗の和食処。地元の名産であるタケノコを生かした名物を作ろうと、2年の歳月をかけて開発したのが「竹の子姿ずし」。酒、みりんでじっくりと炊き上げたタケノコに寿司飯を詰めたもので、ほんのりと香る柚子と木の芽が上品なアクセントに。お土産にも喜ばれる逸品です。

菓子処 喜久春

「竹の子最中」大納言、京柚子、白小豆の3種。各1個160円

菓子処 喜久春

昭和53年創業、現在は二代目店主が初代の味を受け継ぎ、切り盛りしている老舗和菓子店。名物は京都産タケノコが入った「竹の子最中」。氷砂糖を使ってじっくりと甘露煮にしたタケノコ入りで、姿も可愛らしいタケノコ型。最中皮には富山産の新大正餅、餡は丹波産の大納言を使用するなど、素材に徹底的にこだわった逸品です。タケノコのシャキッとした歯ごたえと風味、香ばしい最中皮と餡が絶妙のハーモニー。

ケーキハウスニルス

「たけのこマカロン」単品 各216円

ケーキハウスニルス

天然素材、旬の食材にこだわり、店主自ら産地に足を運んで、季節感のある洋菓子を提供しているお店。長岡京市のご当地スイーツ「たけのこマカロン」は、地元産のタケノコをグラッセにして、ジャムやクリームとともに、マカロンにサンドしたもの。カラフルな5色が揃うキュートなお菓子で、それぞれ味が違うので食べ比べも楽しく、手軽なお土産やプレゼントにぴったりです。

おすすめブログ記事

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2