現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

阪急日和(はんきゅうびより) 他の駅を見る

vol.46 富田駅周辺でとびきりの日常と非日常を満喫

古くから日本史に登場する歴史深い街・富田。駅周辺にはハイセンスかつ温もりが感じられるお店が点在。地元で愛されているお店を覗けば、日常が豊かになるアイテムやお気に入りの味がきっと見つかるはず。少し足を伸ばして、古墳公園や、チョコレート工場へ。子どもから大人まで楽しめる非日常体験が待っています。

※掲載スポットの内容は掲載時点(2018年3月中旬)のものです。料金やメニュー内容、営業情報は変更になる場合がありますので、事前にお確かめのうえお出かけください。

富田駅
富田駅周辺MAP

いましろ 大王の杜

今城塚古墳公園

現代と古代が共存する公園

今城塚古墳公園

日本を代表する歴史遺産・今城塚古墳は6世紀前半の築造とされ、学術的には第26代継体天皇(大王)の真の陵墓といわれている。10年にわたる発掘調査にもとづき、全国でも唯一の大王の古墳の中に入れる公園として公開。なかでも北側内堤から見つかった、約190点のはにわの精巧なレプリカを配置した祭祀場の光景は圧巻。壮大な歴史を体験できる人気スポットとなっている。

(上)墳丘の周囲に二重の濠をそなえた、淀川流域では最大級の前方後円墳。さらに、その周囲には住宅街が広がる。ジョギングや犬の散歩など、緑豊かな憩いの場としても住人に親しまれています。

(下)古墳公園北側の「はにわバルコニー」から墳丘を望むと、埴輪祭祀場が広がり、さらに手前には実物と同じ向きで作られた古墳の模型を見ることができる。気候のいい時期には芝の上でくつろぐ人の姿も。

今城塚古墳公園
今城塚古代歴史館

実物の出土品で古代を体感!

今城塚古代歴史館

2011年にオープンした古代を体感できるミュージアム。古墳公園に隣接する館内には、発掘調査で明らかになった形象埴輪群と3基の復元石棺などを展示するほか、古墳づくりのさまざまな工夫を映像やジオラマでわかりやすく解説。常駐スタッフに案内をお願いすることもできるので、気になることはどんどん質問してみよう。実物の出土品を間近で見ることができるので、古墳公園と併せて訪れると楽しさ倍増。

(上)館内には、色勾玉(まがたま)づくりや埴輪づくりが体験できる体験学習室がある。ピンクまたは黒マーブルの四角いロウ石をていねいに削って、磨き上げること約1時間。ピカピカの色勾玉が完成するよ。

(下)ミュージアムショップでは展示図録などの刊行物のほか、今城塚古墳やハニワをモチーフにしたオリジナルグッズを販売。ストラップやオブジェの他、高槻産の米粉を使ったはにわクッキーも人気です。

今城塚古代歴史館

明治なるほどファクトリー大阪

明治なるほどファクトリー大阪

広告看板「ビッグミルチ」

見学後はチョコレート博士かな?

完全予約制でmeijiのチョコレート工場が見学できる人気スポット。敷地内に入ると、どこからか甘い香りが漂ってきて、幸せな気分に。世界最大のプラスチック製広告看板「ビッグミルチ」の前に広がるのは梅、アーモンド、桜などの木が植えられた庭園。花が咲く3月~5月のビッグミルチ限定公開時期の予約は毎年混雑するそう。詳しくは、公式サイトへ。

(上)子どもから大人まで大人気の「きのこの山」は、実はこの工場だけで作られている。製造ラインに沿って続くガラス張りの長い廊下から、製造工程を見学することができる。次々と流れてくる大量のきのこに大興奮。

(下)チョコレートの原料のカカオが日本に運ばれてミルクチョコレートになるまでを、meijiおなじみのメロディーに乗せて再現してくれる、動くチョコレートジオラマ。工場を出る頃には気分はチョコレート博士!

明治なるほどファクトリー大阪

KAKURA

KAKURA

暮らしのなかにていねいな時間を

紙、土、革の天然の素材を生かしたオリジナル商品を揃える工房兼ショップ。紙のノートに書き留める、誰かを思って手紙を書く、スケジュール帳を閉じ、ゆっくりと巻き紐をかける。手にした人の時間をやさしく動かしてくれるような商品は、オーナーでデザイナーの石原ゆかりさんが全てデザインを担当。ナチュラルな仕上げ加工や、あえて切りっぱなしにした軽やかな仕上がりも特長のひとつ。

(上)特に革製品に関しては、すぐそばで職人たちが加工をしている様子を見ることができ、実際に気になる商品があれば、詳しい説明を聞きながら選ぶことができるのも、同店ならではの買い物スタイル。

(下)陶製品も工房奥の窯で焼き上げている。販売スペースはコンパクトながら、100アイテム以上が揃う。大量生産のものとは一味違う、全て手作業の商品は大切な人へのギフトにもぴったりです。

KAKURA
カモシカ雑貨店

しのぎ模様が特長の坂西康俊など、人気作家の器も充実

カモシカ雑貨店

器好き・旅好きの西羅夫妻が惚れ込んだ普段使いの器が豊富に揃う雑貨店。沖縄陶器の“やちむん”など、一見個性が強そうなものも、案外しっくりと食卓に馴染む絶妙なセレクトで、全国の器好きをキュンとさせている人気店。お隣のカフェOYATUYA.ISUでも同店の器を愛用。「ちゃんと作った料理ほど何倍も素敵に見せてくれるから、頑張って作ろう!って思える器なの」とのお墨付き。

OYATUYA.ISU

お気に入りのキッシュ&スイーツをテイクアウト

OYATUYA.ISU

2017年のオープン直後から、早くも話題を集めているおやつ屋さん。キッシュやタルト、マフィンなど好きなものをボックスに詰めて、テイクアウトができます。もちろん1つからでも大丈夫。普段の公園へのお出かけも素敵なピクニック気分に。「水玉のタルト」をはじめ、同店のメニューには見た目も味もワクワクする仕掛けがいっぱい。種類の豊富さにも驚かされるはず!

ねき

前菜の盛り合わせ1人前1,000円とグラスワイン600円~

ねき

「とびきりの日常」をコンセプトにフードコーディネーターの店主・泉裕子さんが切り盛りするお店。野菜本来の味わいを生かしつつ、ビジュアルや食感、香りに驚きが隠されたおばんざいと、ライトで果実味のある日本ワインのマリアージュに魅了される人が続出。グラスなら常時4種ほどが600円~、ボトルは泡系をはじめ20種ほどが3,000円台~というお手頃さもうれしい。肉料理やグラタン、スープもあるので、しっかり食事をしたい人にも。

おみやげ処 笹井屋

富田が誇る二大酒蔵の銘品が揃う

おみやげ処 笹井屋

富田の街の新たな魅力を発信しようと2017年にオープンしたおみやげ処。明治15年創業の笹井新聞舗にルーツを持つアンテナショップとして、地場の特産品を豊富に取り揃える。「阪急富田酒」でもお馴染みの清鶴酒造と「國乃長」で知られる壽酒造の商品が特に人気。宮大工の棟梁が内装を手かけたという店内の一角、一枚板のカウンターでは、富田が誇る酒蔵の日本酒を一部試飲することもできます。

おすすめブログ記事

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2