現在の運行状況 【京都線】電車に遅れが発生しています

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

施設情報 宝塚方面

宝塚線平井車庫ブロック高欄更換工事(はく落対策)

コンクリートブロック高欄を更換し、強化プラスチック製の高欄に!!

宝塚線平井車庫ブロック高欄更換工事(はく落対策)

鉄道の高架橋高欄のうち、空洞のあるコンクリートブロックを規則的に並べて積上げたものをブロック高欄と言います。このブロック高欄が経年により劣化すると、コンクリートブロックが割れて落下する恐れがあります。

阪急電鉄では、このような事象を発生させないように、ブロック高欄を強化プラスチック製(以下「C/GFRP」製)の高欄に取りかえる工事を順次行っています。

C/GFRP製の高欄は、耐久性に優れており、腐食に対しても強いため、ひび割れを起こすことや、破片が落下することがありません。また、C/GFRP製の高欄は、コンクリートブロック高欄よりも軽量で施工も容易です。

お客様の目には触れにくい工事ですが、これからもこのような工事を通じて、安全性の向上に取り組んで行きます。

  • 宝塚線平井車庫のコンクリートブロック高欄を撤去し、強化プラスチック製の高欄を設置しています。

  • 強化プラスチック製の高欄を4本のアンカーボルトで固定して設置しています。

担当者インタビュー

皆様の御協力ありがとうございます!!

高欄更換工事では外部より吊足場を架設し作業を行いました。
工事期間である2014年夏~秋の間に近畿地方を直撃する台風が2度も上陸して、その度、足場の点検・補強・養生を行い、安全確認して作業を進めました。

工事が進捗し、足場を解体している時に、「台風がきた時も何事もなく終えて良かった。」と思っていると、「足場を解体すると工事ももうすぐ終わりですね。いいものが出来ましたね。」と近隣の方々にお声がけを頂きました。

今回の工事においては、JR西日本、兵庫県、宝塚市との調整や社内の各部署、そしてグループ会社である阪急タクシー等との事前調整に労力を費やしましたが、お客様の安全にはかえがたい思い出です。また、高架下の道路を通行される方々はもちろん、平井車庫に出入りする乗務員や従業員にも改めてお礼申し上げます。
今後も近隣の方々には御迷惑をお掛けするかもしれませんが、最後には『いいものが出来ましたね。』と言っていただける様に努力していきたいと思います。

阪急阪神レールウェイ・テクノロジー(株)
土木部

中井啓二

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2