現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

サービス情報 全線

「傘」のお忘れ物の保管期間を2週間に変更

「傘」をはじめ、阪急電鉄をご利用の際はお忘れ物にご留意いただきますようお願いします

「傘」のお忘れ物の保管期間を2週間に変更

阪急電鉄の各駅に届けられたお忘れ物は、梅田駅にある「阪急電鉄お忘れ物センター」に集約されます。その後、お忘れ物は管轄の警察署に移管して3ヶ月間保管しています。また、阪急電鉄に届けられるお忘れ物の総件数は昨年度で約23万件となっており、ここ数年は増加傾向にあります。その中でも、「傘」のお忘れ物の件数は年間約4万件と大きな割合を占めている一方、返還率は非常に低い水準で推移していました。加えて、「傘」のお忘れ物が、警察署の保管スペースを逼迫していることが深刻な問題となってきました。
この状況を踏まえて、警察庁より「特例施設占有者(※)」という制度を積極的に利用するよう要請を受け、当社のお忘れ物の移管先である大阪府警と協議を行い、2017年6月より、阪急電鉄お忘れ物センターでお預りした「傘」のお忘れ物保管期間を2週間に変更して、持ち主を特定できない「傘」については処分することとしました。

※特例施設占有者
不特定かつ多数の者が利用する公共交通機関や大型店舗などのうち、取り扱うお忘れ物が多数に上り、かつ適切に保管ができる事業者に対して、「傘」など特定のお忘れ物に関して、保管期間を2週間に短縮することができるもの(遺失物法第20条2項、第21条より)

  • お忘れ物センターに集約された「傘」のお忘れ物。雨天時は、特に多くの「傘」のお忘れ物が届きます。

担当者インタビュー

ひとつでも多くのお忘れ物をお客様のもとへ

阪急電鉄お忘れ物センターには、1日平均約600件のお忘れ物が届けられます。梅雨期は「傘」、冬期は「手袋・マフラー」などのお忘れ物が多くなるなど、お忘れ物には季節に応じた特徴があります。
また、年間を通じて、「傘」のお忘れ物が占める割合が特に高く、警察署の保管スペースを逼迫するなど、大きな問題となっていました。これに加えて、警察庁からの「特例施設占有者」の積極的な活用を要請されたことを受け、2017年6月より「傘」のお忘れ物に関しては保管期間を2週間に変更しました。
阪急電鉄お忘れ物センターでは、ひとつでも多くのお忘れ物をお客様のもとへ返還すべく日々の業務に当たっていますが、残念ながら、ここ数年間はお忘れ物の件数が増加傾向にあります。
皆様も、阪急電鉄をご利用の際はお忘れ物に十分ご留意いただきますようお願いします。

※ 記載の内容は、2017年11月時点での情報です。

阪急電鉄(株)
運輸部 お客様サービス担当

福間 清二

阪急線内でのお忘れ物のご案内 詳細ページへ

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2