現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

施設情報 全線

続々完了!沿線に広がるトイレリニューアル工事

神崎川駅・門戸厄神駅・上新庄駅のトイレが生まれ変わりました!

続々完了!沿線に広がるトイレリニューアル工事

当社では旅客トイレリニューアル工事を続々と展開しております。
以前からの取り組みを継続、ブラッシュアップさせ、神崎川駅、門戸厄神駅、上新庄駅(南北)の3駅でトイレリニューアル工事を完了しました。特に神崎川駅と上新庄駅では、未整備であった多機能トイレを設置し、快適性・機能性の向上を目指しました。
また、臭気抑制対策として、換気設備の強化に加えて、ガラリ(空気を取り入れる建具)を効果的に配置することにより、空気の流れを促進してよどみを解消し、臭いを拡散・排気させるなど、お客様に気持ちよくお使いいただけるよう工夫を凝らしております。
さらに、「阪急らしさ」を意識したシックで清潔感がある色使いを共通して採用しており、配管・配線などを見えなくすることで、デザイン面でもすっきりとしたトイレとなるように工夫しました。
今後もお客様に、より快適できれいなトイレをご利用いただけるよう取り組んでまいります。

  • ブース内にあった段差を解消し、より快適にご利用いただけるようになりました。
    【神崎川駅 女子トイレ】

  • 既存のトイレより面積を拡大し、女子トイレ内にパウダーコーナーを新たに設置しました。
    【門戸厄神駅 女子トイレ】

  • 多機能トイレを新たに設置し、より多くの人にご利用していただけるようになりました。
    【上新庄駅北改札 多機能トイレ】

担当者インタビュー

新たな手法により工期短縮を目指した快適トイレづくり

工事期間中は、仮設トイレをご利用いただくなどお客様には大変ご不便をおかけいたしました。お客様のご理解・ご協力のおかげで、無事3駅のリニューアルを行うことができました。ありがとうございました。
今回の3駅は「いかに閉鎖期間を短縮するか」をテーマに取り組みました。当社では内装はもちろんのこと床や壁、設備配管などを全て撤去する全面改装が主流でした。しかし、今回は工事計画時に詳細な現地調査やレイアウト検討を重ね、床や壁などの既存設備をできる限り活かしたリニューアル計画を考案し、工期の短縮を目指しました。また一部のトイレでは、男女トイレを全面閉鎖し、一度にリニューアルを行うのではなく、施工時期をずらすことで各トイレの閉鎖期間短縮にもチャレンジしました。新たな手法の長所と短所を考慮し、今後のトイレリニューアルの工法を確立していきます。
今後も、お客様のニーズにお応えできるよう試行錯誤を重ね、より快適なトイレづくりを目指してまいります。ご期待ください。

※ 記載の内容は、2018年8月時点での情報です。

阪急設計コンサルタント(株)
第二建築部

(左から)
松本 彩江
吹谷 祐介
入江 優崇
松本 武之

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2