現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

サービス情報 全線

エスカレーターの安全対策を強化します

梅田駅1~3階エスカレーターに緩停止機能を付加しました

エスカレーターの安全対策を強化します

エスカレーターには、手すりベルトへの引き込まれの防止やステップへのお履き物の巻き込み防止等、様々な安全装置が組み込まれています。しかし、安全装置の動作や停電等の発生により、エスカレーターが緊急停止する場合があります。このような場合、緊急停止時の衝撃で、お客様の転倒につながる恐れがありました。
特に、梅田駅の1階コンコースと3階改札を結ぶエスカレーターは、階高が高くご利用される人数も多いため、緊急停止時でも緩やかに停止する機能を付加することにしました。台数も多いことから工事には期間を要し、ご利用のお客様にはご不便をおかけしましたが、2018年8月に改造を終えました。
今後も安全にエスカレーターをご利用いただけるよう努めてまいります。お客様におかれましても、より安全にご利用いただくために、エスカレーターの手すりベルトにおつかまりいただきますよう、お願い申し上げます。

  • 緩やかに停止する機能を付加した駆動装置(黄色の部品が停止時の衝撃を減らします)。

  • おもりを積み込み、緊急停止試験を実施。

担当者インタビュー

これからもエスカレーターを安全にご利用いただくために

私たちは駅のエスカレーターやエレベーターのような昇降機、空調、給排水、防災設備などの更新やメンテナンスを担当し、日々お客様の事故防止に努めております。中でもお客様が直接ご利用になるエスカレーターでの転倒は、大きな怪我に繋がることがありますので、転倒を減らし、安全にご利用いただけるようにすることを目指しました。
今回は緊急停止に焦点を当て、停止時の衝撃を減らす方法をメーカーと打合せを重ねました。仕様を細かく調整するのはもちろんのこと、工事期間中はエスカレーターの台数が減りますので、朝夕のラッシュ時に誘導員を設置し、お客様がスムーズにご利用いただけるように配慮したり、工事用の仮囲いを低くし、通行時の視認性を高めたりしました。
今後も工夫をこらし、安全を提供してまいります。

※ 記載の内容は、2018年11月時点での情報です。

阪急設計コンサルタント(株)
第二建築部

松原 淳(左)

阪急電鉄(株)
技術部 建築・設備担当

山田 尚宏(右)

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2