現在の運行状況

読み込み中...
沿線へお出掛け

六甲高山植物園「沖先生のぶらぶら園内ガイド」8月編

OGヤスコです。

今月も行ってまいりました!今年5回目開催の「沖先生のぶらぶら植物園ガイド」。私、現在まで皆勤でございます。おまけに8月4・5日とありましたアイの葉を使った叩き染め体験もしてきたのでこの記事はあにーさんにお任せ)、もう植物が見たくて行っているのか、沖先生のファンで行っているのかわからなくなってきました 同様にOGありこさんも沖先生の虜になってしまい、開始前から私の影でモジモジして、まるで中学生のような緊張感でいらっしゃいました

yasuko20180812-03.JPGさて、集合場所の西入口で現在も販売されている食虫植物から話は始まりました。前回は葉で挟み込むハエトリソウを学びましたが、食虫植物は他にも粘液で捕獲する系のモウセンゴケ、根っこにある捕虫袋という袋で捕獲するウサギゴケがあると学びました。こちらウサギゴケですが・・・ふーん、かわいらしい花咲かせといて、土の下でそんなことするんだ・・・

yasuko20180812-07.JPGネムノキには花が咲いてました。夏の花の代表格だそうで!知らなんだ!!笑

yasuko20180812-04.JPG湿地植物区にはユウスゲが。この形は覚えてる!ニッコウキスゲやろ~、まだ咲いてるんやねーと思っていたら違いました!!夕方に咲いて、昼には閉じるらしい。花やつぼみの周りにいるのはアブラムシ。アブラムシはスゲの仲間が大好きなんですって

yasuko20180812-18.JPG先月咲き始めていたキレンゲショウマはたくさん咲いていました。

yasuko20180812-19.JPG控えめに咲くみたいでこれで開ききっているようです。肉厚の花びらと先月おっしゃっていましたが、今回触りましてスポンジのようにフワフワした花びらでした。絶滅寸前でこれだけ群生しているのは大変珍しいとのことでした。

yasuko20180812-02.jpg三大民間薬(ドクダミ、センブリ、ゲンノショウコ)の1つ、ゲンノショウコの花も園内あちこちで見られます。通常温かい地域では赤い花、涼しい地域では白い花らしく、色が違うだけで個体差はないそうです。六甲山は特別な環境で涼しくもあり温かくもあるので赤白両方見られるそうです!

yasuko20180812-01.jpgトゲトゲしたこれは何だろうとガイドが始まる前から思っていたこちらはキクバヤマボクチのつぼみだそう。葉っぱの裏に毛が生えてまして・・・あー、こういうの知ってる!私、バーチャル駅長現役時代にお灸のことを記事にしましたが、ヨモギの葉の裏の毛を燃やしてツボに置くのがお灸でしたよね。ボクチは火口と書くそうですが、葉の裏の毛が良く燃えるので火を起こしたときに使っていたそうですよ。

yasuko20180812-05.JPGヒヨドリバナが咲いていました。フジバカマの仲間だそうで・・・あっ!あの蝶々が来る?と前々回のガイド中の話を思い出しました。アサギマダラ!すでに園のTwitterで姿を見たというつぶやきを先日拝見しましたので私たちも見られる日は近いはず。

yasuko20180812-06.JPGミソハギはロックガーデン近くに。こちらはお盆の儀式、禊ぎに使ったからミソハギだそう。ハギといえばそろそろ曽根の萩の寺も咲き始めるなぁ・・・今年は行かなきゃ!子規忌の近くに!と思っていたのを思い出しました。が、調べるとミソハギはミソハギ科、ハギはマメ科のハギ属だから関係なさそう。

yasuko20180812-08.JPGなーんか臭いなぁと思っていたらシュロソウの臭いでした。こういう色の花は良い香りはしないそう。うん、見たらそんな感じする!

yasuko20180812-09.JPG以前のガイドでも聞いたロックガーデンのハイマツ。這っているように生えてるからハイマツという情報の他に沖先生から新たな情報が。移動していくとのこと。何?それは!!と思い、詳しく調べたところ、高山地帯の岩場という過酷なところでしか育たず、条件が合わなければ枯れ、雪が降れば埋もれてその重みで枝が地面に着くと、枝からまた根っこが生えてまた新たなハイマツが育つらしい。

yasuko20180812-10.JPG沖先生曰く、ハイマツの枯れた部分は豊かな土壌となり、また新たな植物が育つそうで、ハイマツの近くには植物がいっぱいだそうですよ。六甲山のロックガーデンでもその様子が見られます。

yasuko20180812-11.JPGナデシコもたくさん咲いていました。写真はカワラナデシコという背の高いナデシコで大和撫子の元だそうです。高山地帯にはナデシコ科の植物が多いそうですよ。瞿麦子(クバクシ)という生薬で婦人科系の症状に使うそう。

yasuko20180812-12.JPGヒゴタイ。こちらは上から下に咲いていくそうです。まんまるなのは花の集合体だそう。

yasuko20180812-13.JPG秋の七草(ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウらしい。←調べた)の1つ、黄色い花のオミナエシも咲いていました。刈り取って乾燥させると醤油が腐った臭いがするそうで敗醤根(ハイショウコン)という生薬になるそうです。よく似たもので白い花はオトコエシだそうです。

yasuko20180812-14.JPG六甲山はギボウシが多いそうで先月はオオバギボウシやカンザシギボウシが咲いていましたが、今回はコバギボウシがあちこちで咲いていました。

yasuko20180812-15.JPGはい、ここでダンコウバイシロモジの葉の違いの講義が始まりました。葉のくびれがくっきりしているのがシロモジ、葉の中に入ってから脈が別れるのがシロモジ・・・テストに出そう・・・先生の爪が青いのは先日の藍染体験によるもの。

yasuko20180812-16.JPGレンゲショウマも木陰にひっそり。

yasuko20180812-17.JPG湿性植物区にうつりサギソウが!!これ、見たかった!鷺が飛んでいるように美しい姫路に群生しているところがあるらしく、白鷺城にサギソウに・・・うらやましい限りですね。

8月は花が少なくて~とおっしゃっていましたが、今回も盛りだくさん過ぎてブログには半分も書けませんでした。来月の沖先生ガイドは9月8日あっ!六甲ミーツアートも始まりますね!今から楽しみです!

これまでの記事もどうぞ。
7月の記事はこちら→http://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2017ogob/27659/
6月の記事はこちら→http://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2017ogob/27443/
5月の記事はこちら→http://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2017ogob/27290/
4月の記事はこちら→http://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2017ogob/27058/


六甲高山植物園

住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
電話番号:078-891-1247
開園期間:2018年3月17日(土)~11月25日(日)
開園時間:10:00~17:00 (16:30受付終了)※イベント開催時は延長の場合有
休園日:2018年9月6日(木)
入園料:大人(中学生以上) 620円/小人(4歳~小学生) 310円
Webサイトはこちら→http://www.rokkosan.com/hana/
沖先生のぶらぶら園内ガイドはこちら→http://www.rokkosan.com/hana/event/cat_event/993/ 第2土曜の11:00/14:00 各回1時間程度

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(4)

ヤスコ2018年8月15日 08:04

みあき部長
はい、部長も一つ、植物の名前を覚えましたね。ネムノキは夜になったら葉を閉じて眠るからネムノキだそうです。また睡眠・鎮静の生薬にもなるそうです。いつかご一緒したいガイドツアーでございます。
先生の爪!ありこさんが撮った写真がすごいんですが…私の横でモジモジと「先生の爪を撮りたい」とおっしゃるので、「先生!!先生の爪を写真撮りたいって言ってます!」と言って撮影させてもらったものがありまして、私のLINEにも送られてきました!

みあき2018年8月15日 04:36

ネムノキ!!そんな名前なんですね
見たことあるんですが、可愛いなーって気になってたんです。
それにしても、先生の爪の青さ加減がすごい、、、。

ヤスコ2018年8月13日 08:13

ありこさん
土曜日はありがとうございました。
そうなんです!沖先生、スナフキンのように撮れてました。あああ、素敵。
私もメモは書き間違ってますよー。笑 何せ、植物嫌いなほうでしたからね。何にも知らないんです。帰ってから全部調べて、生薬名とかも間違いのないようにして、記事を作るので、植物園の記事は毎回、レポート並に何時間もかけて作成しています。でも、すごく楽しいし、そのほうが頭に入ります!
1月から12月まで表紙の写真が変わらない、仕事関係の雑誌にゲンノショウコの花の写真がちょこんと載ってることに初めて気づき、普段は開封せずにゴミ行きのこともありますが、大急ぎで開けました!

ありこ2018年8月13日 02:51

ヤスコさま
沖先生のお言葉をメモするも、植物名を間違って書いていること多々なので、ヤスコさんの記事は本当にありがたいです。感謝。感謝。
そして。。
妖精スナフキンかと思ったら、沖先生のお姿。。
すてき。。

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。