現在の運行状況

読み込み中...
2014年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

バロンヌの「どんとこい阪急!」

直感!直進!直撃!バロンヌがゆく阪急パワフル散歩☆

沿線へお出掛け

ウィスキ〜がお好きでしょ〜♪

どうも!バロンヌです!

 

ちょいと前のお話になりますが、
私達夫婦、サントリー山崎蒸留所へ工場見学に行ってまいりました0sign01
本日はこちらのレポートをお届け致します!

 

京都線・大山崎駅よりてくてく歩いて徒歩10分ほどで見えてきた「山崎」というど迫力な文字sign03

 

yama1.JPG

 

お酒が大好きな私達、この時点で胸が踊りだしてさぁ大変dashdashdashdash
軽やかなステップを踏みながら門をくぐりますrun

 

受付でHP予約の特典でいただける工場オリジナルグッズのプレゼントを颯爽と受け取り
ツアーの集合場所へ向かうべくウィスキー館へIN!


館内に入ってまず目にするのがこのレトロな年代物のポスター。
印刷の具合なのか、レトロなフォントなのか、はたまた被写体なのか
昔のポスターってなんでこうセンス良く見えるんでしょうねeye 勉強になります。

 

yama2.JPG
 


そうこうしているうちに定刻となり、出発カウンターより工場見学のスタートです!
行く先々にお酒の良い香りが立ちこめており、鼻の穴全開、とってもいい気分になりながら説明を聞きますheart01

 

こちらは原料の仕込みをおこなう、マッシュタンと呼ばれる大きな容器。
細かく砕いた麦芽と温水を混ぜて麦汁を作ります。


yama3.JPG

 

 

こちらは発酵槽。大きな木桶に麦汁と酵母を入れて発酵させます。
木桶槽は温度管理が難しいそうなのですが、保温性に優れているので乳酸菌が働きやすいのだとか!

 

yama4.JPG

 

 

そしていよいよ蒸留室です!いい感じにお酒の匂いが強くなってきました〜!
ポット・スチルと呼ばれる様々な形をした蒸留器がずらーっと並んでいます。なんだか大きな管楽器みたい…eye
ポット・スチルの形の違いで原酒の味わいも変わってくるとか。ここでは2回の蒸留を行いますが、
この時点ではそれぞれがどのお酒になるかはまだ決まっていないそうです!

 

yama05.jpg

 

 


そしてウィスキーの最終工程、貯蔵庫へ!
まず入って感じたのが、地下室のようにとってもヒンヤリした空気と、
ティートゥリーような森林浴を彷彿させるアロマな香り、
そんなリラックス効果があるような匂いがしたのが印象的でした。



yama6.jpg

 

樽にも様々な特徴を持つ様々な種類があり、そしてその側面には仕込んだ年のナンバリングが記してあります。
薄暗い館内がちょっとしたアトラクションような雰囲気でドキドキしましたheart04

 

その後にブレンダーの手(舌?)によって、それぞれをの原酒組み合わせ
ひとつのウィスキーに仕上げて行くそうです。
ブレンダーの方は1日2000300種類の原酒をテイスティングするとか!まさに匠の技ですねwine

 


そうこうしているうちに見学はあっと言う間に終了し、待ちに待った試飲コーナーsign03
わたくし、山崎と白州のハイボールを数回おかわりさせていただきましたッbar
旦那ちんはロックで飲んだようで、この時点ですでに酔っぱらい…勘弁してくれcrying
 

yama7.JPG
 

おつまみで出されたナッツとチョコも美味しくいただきました。
特に各工程を象徴する樽や容器などが描かれたチョコのパッケージのイラストが可愛かったのです。

 


ほろ酔いのいい気分になりながら、お酒やグッズを販売しているショップへ。
下の写真ある樽のトレーと箸置きが気になったのですが、結局別のものを購入しました〜(その詳細は最後で)
お酒はもちろん、試飲の時におつまみでいただいたチョコレートや、グラス、コースターなどなどなどなど
たくさんの種類の商品やグッズが販売されていましたよshine

 

yama8.jpg

 



そして最後の砦!軽やかな足取り(千鳥足?)で有料試飲コーナーへsign03

 

yama9.jpg

 


私達が注文したのは山崎パンチョン原酒 (200円) と、バランタイン12年 (100円) です!
(お酒は好きなんですが、銘柄は詳しくないので直感で選びました笑)
ちなみに「パンチョン」というのは樽の名前ですよ。

 

yama10.JPG


一緒にいただいた水で割って飲んだのですが
この一杯で旦那ちんがますます夢の世界に足を踏み入れてしまい…angry
(もともとビールと焼酎しか飲まないこともあり、ほぼ初めてのウィスキーに撃沈!)


この後に、大山崎のカフェやショップに寄りたかったわたくし、
こんな状態のお連れ様をお店に連れて行けないわ〜cryingと思い、そのままおとなしく家路についた訳です。

 


この下の写真に写っているのは、HP予約特典プレゼント蒸留所オリジナルロックグラスと、
ショップで購入した、サントリーおなじみ柳原良平氏のイラストのピンです★
(なぜか夫婦同じピンをチョイスするという気持ち悪さ…いつもすみません笑)

 

yama11.JPG


ということで、足早にレポートさせていただきましたが、
何度でも行きたくなるくらい、とっっても楽しめた工場見学でしたsign03

 


ではっpaper

 

サントリー山崎蒸留所

大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
電話受付 :075-962-1423 (受付時間9:30017:00 / 休業日を除く)
インターネット予約はこちらから→HP

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(4)

バロンヌ2014年4月30日 07:57

けーぜさん
私も一度行ってみたいと思い早数年経って、やっとこさ行ってきました!洋酒好きとはなんともシャレオツな匂いがぷんぷんしますが笑、是非その方を連れて行ってみてください〜!樽のプレート可愛いでしょ、これにパンを直接乗せて食べたら、これまたシャレオツになると思います^^、お酒弱くてもきっと楽しいですよ〜ただ、酔いつぶれないようにしてください笑

けーぜ2014年4月29日 22:52

バロンヌさん、こんばんは!
山崎の蒸溜所~~~!!
私も一度行ってみたいと思いながら早数年…
洋酒好きな人間がそばにいるので(笑)無料&有料試飲はぜひ行かなければなりませんね~
私自身はお酒に弱いです…
どちらかというと、プレートなどのグッズが気になります(笑)

バロンヌ2014年4月30日 07:52

うららさん
あら、ウィスキーはお好きなんですか!そしてCMとはこれまた偶然でしたね〜笑、何度も訪れるとは相当なウィスキー通なんでしょうか!?私はお酒全般好きなんですが笑、私もまた行きたいですッ…^^

うらら2014年4月29日 21:28

ウィスキーはお好きです!いま偶然CMが流れてきました♪
おかげさまで何度も訪れていますが、また行きたくなってきましたぁ。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)
レンタサイクルの達人、ゆかりが行く!(阪急レンタサイクル公式ブログ)
阪急沿線情報紙「TOKK」編集部こぼれ話トッコの気まぐれ散歩
まだまだ新米ぶぅーぶの「タカラヅカ・スカイ・ステージ番組取材」

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。