現在の運行状況

読み込み中...
2017年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

こんぺいとうの「薔薇色のオモイデ採集」

おいしい!たのしい!わくわく!素敵なオモイデ集め隊☆

趣味

今年初めて。華やかで心躍るあの場所へ

突然のクイズです。ここはどこでしょう。

8日に訪れたのですが立派な門松ありました。

2018010802.JPGいつもリボンみたいなマカロニに似てるな~と思いながら見上げるシャンデリア。心躍ります。(ブラタモリでちらっと映っていましたね!)

2018010803.JPG

この階段で踊りだしたくなります!

2018010805.JPGそうです。宝塚大劇場

2018010807.JPG念願の~~~!ポーの一族観劇してきました!2018010806.JPG

今回は阪急友の会のご招待。このご招待は阪急友の会会員抽選。当選しました!ワタクシの観たいという念が阪急友の会さんに伝わったのでしょうか。ありがたや。(阪急友の会についてはコチラ☆)

『ポーの一族』は1972年に発表された少女漫画。原作者は萩尾望都先生。もともと萩尾先生の作品が好きで愛読していました。そして脚本・演出は小池修一郎先生!ワタクシが大好きなタカラヅカ作品『華麗なるギャツビー』も脚本・演出をされています。そんな大好きなお二人の作品。久々に原作を読み返して観劇しました。

永遠に年を取らずに生き永らえるバンパネラ"ポーの一族"の物語。年を取らないので同じ土地にいると怪しまれます。どんなに素敵な街や人と出会っても、長くその土地にいることが出来ません。終わりのない旅を続ける一族。切ない物語。

幕が上がると瞬く間にその世界に夢中になりました。主役であるエドガーを演じている明日海りおさんはまるで原作漫画から抜け出してきたかのような美しさと儚さ。原作の魅力を大切にしつつ、宝塚らしい華やかさも加わり素晴らしい舞台でした。

2018010801.JPG観劇後、今のわたしがこの作品を観ることができたことは本当によかったなぁと思いました。原作を読み返した際、初めて読んだときとは違うものを感じていました。きっと年齢を重ねて読み返したことで心に響くものが違っていたからだと思います。舞台化されたのが今というのは、私にとって幸運でした。

あと1回観劇することができるので、久しぶりに購入したプログラムを熟読してその日を迎えたいと思うこんぺいとうなのでした


阪急宝塚駅下車 宝塚大劇場 

ミュージカル・ゴシック ポーの一族

2月5日まで上演中 詳しい公演情報についてはコチラ。現在は当日券のみとなっています。→☆☆☆ 

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。