現在の運行状況

読み込み中...

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

雨降る神戸、萌黄の館でまったりと

IMG_20180513_170510.jpg5月13日午後4時30分。雨の日曜日。中国の高校らしきグループがどどっとやって来て30分ほどでどどっと去っていきました。そして誰もいなくなった旧小林家住宅、通称「萌黄の館」です。神戸異人館で国の重要文化財に指定されている5棟のうちのひとつ。イベント告知が落ち着いたのでようやくこの異人館を紹介するタイミングが出来ましたが、あいにくの雨。写真がちょっと暗くなってしまいますが生の様子を紹介したいので無調整でまったりといってみたいと思います。

IMG_20180513_163901.jpg

応接室です。この館の中で一番気合の入った部屋です。来客があった場合はまずこちらにお通しするという場所です。出窓とベランダに通じる窓と開口部が多いので曇天なのに光量は豊富です。

IMG_20180513_163628.jpg

応接室の隣りにある書斎ではNHKの朝ドラ「べっぴんさん」で登場したアイテムが展示されています。実はこの萌黄の館の庭でロケが行われたんです。となりにはロケをした出演者たちのサインもみえます。

IMG_20180513_170722.jpgちなみにこちらがロケの行われた現場です。庭も小林さんが住んでいらっしゃった当時のままを出来るだけ保持しているので、戦後間もない設定のロケでも活用できたのかもしれませんね。それに建物の外観が豪華すぎないので物語にうまくフィットしたのかもしれません。この建物とそっくりの旧ハッサム住宅も同じくべっぴんさんのロケで使われました。あちらは内部で撮影されていました。

IMG_20180513_163821.jpg

書斎にある暖炉です。この時代の神戸異人館は1階はお客様を迎えるための「公」的な空間になっています。ですから部屋の設えも気合が入っています。そのことが顕著に表れるのが暖炉。ここと隣の応接室は最初にお客様を通す空間なので暖炉の装飾もきれいです。

IMG_20180513_164904.jpgちなみにこちらが2階の暖炉。2階は寝室など自分たちの生活の場、「私」的な空間なので装飾は控えめ。タイルは見事なものですが木の部分は先程の写真と比べると装飾がすっきりしています。

IMG_20180513_165719.jpg

館内には誰もいなかったので階段の親柱を大胆なアングルで撮ってみました。親柱の配列が憎い。2階の手摺を直線で終わらせるのではなく少し膨らみを持たせているのがユニーク。

IMG_20180513_165952.jpg先程も書きましたが1階は公的なスペースなので天井にもこのような装飾は施されます。2階にはここまでの装飾はありません。階段の写真をみて頂くと2階の天井の様子が見られます。

IMG_20180513_165337.jpgそしてベランダ。間違いなく神戸異人館で一番きれいなベランダです。晴れたときの姿は旧ハンター住宅とてかないません。とはいえ、この曇天下でも何か物憂げな雰囲気でいい感じになっています・・・と思っているのは直接見ている私だけか・・・。

IMG_20180513_165241.jpg

最後にベランダからの景色です。幾何学的な格子を通して眺める雨の神戸。2階ですが高い場所に建っているのと直前に大きな建物がないので意外と見晴らしがいいんです。むしろ前の木がちょっと・・・という感じです。

この萌黄の館は晴れた日は言うまでもなくきれいなのですが、雨の日でもしっとりとしてすごくいい雰囲気なんです。が、現時点でのじーねこの腕と機材ではこれが限界。もっと精進せねば・・・と痛感した雨の神戸でした。

さて、5月20日の日曜日にはお隣の「風見鶏の館」では館長自らの案内による「探検ツアー」が、また三宮では「神戸まつり2018」と中央区では楽しんで頂けるイベントがあります。この機会にぜひ萌黄の館にも訪れてみてください。結局告知になってしまいましたね。

【風見鶏の館・探検ツアー】

  日 時:平成30年5月20日(日)

      1回目10:30〜 2回目13:30〜 3回目15:30〜

      各回約60分程度

  申 込:各回30分前より1階受付にて

  定 員:先着20名

  参加費:無料 ※別途入館料500円必要(高校生以下、65歳以上の神戸市民、障害者等は無料) 

【萌黄の館】

  所在地:神戸市中央区北野町3-10-11

  開館時間:9時~18時

  休館日:2月第3水曜、第3木曜

  入館料:大人350円(高校生以下、65歳以上の神戸市民、障害者等は無料) 

      風見鶏の館・萌黄の館の2館共通券は650円

  ※詳しくは風見鶏の館・萌黄の館の各HPをご参照ください。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(2)

じーねこ2018年5月21日 14:57

萌黄の館スタッフ&たま様、先日はお邪魔しました。しっとりとした萌黄の館も色っぽくて素敵なのですが、萌黄の館はやっぱり光を浴びてきらきら輝くベランダが一番ですよね。まだまだ魅力を伝えきれていないと思ってますのでまたどこかで紹介させて頂きたいと思っています。

萌黄の館スタッフ&たま2018年5月20日 18:17

じーねこ 様
萌黄の館、こんなふうにご紹介いただけて嬉しいです。

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。