現在の運行状況

読み込み中...

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

六甲山の魚屋道歴史ハイキング

20180912-30.jpg
昨年の10月ですが、神戸市東灘区の第20回魚屋道歴史ハイキングというイベントに参加しました。JR甲南山手駅から六甲山頂を経て有馬へ向かいます。「魚屋道」というのは江戸時代に神戸沿岸の海産物を有馬へ運んだという歴史ある交通路です。明治時代に交通が発達するようになるまでは頻繁に使われていたようなので、そのルートがまだ残っているんですね。

PA140003.JPGJR甲南山手北側ロータリーで神戸深江生活文化史料館の副館長の説明を聞いたらいくつかのグループに分かれて出発。坂を登ってまず到着するのは「森稲荷神社」。じーねこはこのあたりの出身なので小さいときによく遊びました。ちなみにこの神社の息子さん(当時)と同級生でした。

20180912-2.JPG本殿です。ここもだんじりがあります。ものすごい坂を登っていくのが有名な地車です。久しぶりに来ましたが、とてもきれいになっていました。ここでトイレ休憩。ここを過ぎるといよいよ山道に突入します。

20180912-3.JPG

神社を過ぎるとひたすら上り坂。登りきるとちょうど甲南女子学園のところにやってきます。そこで振り返るともうこのようなきれいな景色が目に飛び込んできます。阪神高速5号湾岸線の「東神戸大橋」ですね。1994年に出来た橋で、今や東灘区の景観に欠かせない存在になっていますね。もちろん、じーねこがこのあたりを走り回っていた頃にはなかったので、じーねこはまだ少し違和感を感じます。ちなみに甲南女子学園の敷地は昔、NHKの朝ドラ「あさがきた」のヒロイン、「広岡浅子」さんの所有する土地だったんですよ。

PA140006.JPGさて、いよいよ山道に突入です。ご覧のようにきちんと「魚屋道」の看板があるんですよ。意外と思われるかもしれませんが、東灘区から有馬までは直線距離でわずか12kmしかないんです。ただ、高低差は900m程ありますが(笑)。だから、近道といえば近道なんですよね。ちなみに六甲山頂も東灘区と北区の境目なんですよ。

20180912-4.JPG

今や「家族でレジャー」というイメージの強い六甲山ですが、「魚屋道」、序盤は結構厳しいですよ。お話によると、江戸時代には西宮や宝塚方面の宿場町が潤うようにと、この道を禁止して迂回するように指示が出たそうなんです。しかし海産物は鮮度が命ですから、近道である魚屋道をこっそり通っていたそうなんです。さすがに違法ルートだけあって険しいですね(笑)。

20180912-5.JPG

入山後、最初のポイントになる蛙岩です。ここからは写真でもわかりますが、整備された歩きやすいルートになります。しかしこの岩、どうやって出来たのやら。

20180912-6.JPGそして風吹岩に到着です。花崗岩が風化してサラサラになっています。ここは休憩場所としてはいい場所でして、岩のてっぺんに登ると素晴らしい景色が目に飛び込んできます。

20180912-7.JPG愛しの芦屋浜シーサイドタウンから西宮に繋がる海岸線ですよ。ここから観ると西宮あたりで東から南へぐぐっと湾曲しているのがよくわかります。ダイナミックです。この日は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気だったのですが、大阪の方を見ると少し陽が射しているところが見えました。奥に見えるのは生駒山系でしょうかね。また見に行きたいです。

20180912-8.JPGきれいなのでもう一枚。西宮をアップにしてみました。奥の左側に見えるのが武庫川になるでしょうか。この前の台風ではえらい被害に見舞われたようですが、その後はどうなっているのでしょうか。9月15日に行われる予定だった24年ぶりの花火大会は延期となってしまったようですね。大好きな街なのでとても気掛かりです。

PA140010.JPG道中はこのような目印を配置してくれていますので、迷うことはほとんどありません。また途中で下山したいと思われた場合でも、スタッフがわかりやすいところまでエスコートしてくれますので六甲山山頂は初めてという方でも安心して参加できるかなと思います。

20180912-10.JPGそして頂上への最後のポイントとなる本庄橋に到着。本庄橋といいながら写っているのは砂防ダム。昔はここに橋がかかっていたようなんですが、いつの時代かになくなってしまったようです。というわけで立派なダムを見ながら昼食です。

20180912-11.JPG昼食を摂って、もうひと踏ん張りすると頂上に到着。山頂は931mでもう少し上なのですが、じーねこは時間がなかったのでそのまま有馬方面へ。ここまで来るとあとはひたすら下りです。写真は、スタッフの方の荷物がとても素敵だったので一枚頂きました。物欲のないじーねこですが、これは意味もなく欲しくなりました。

20180912-13.JPG下っていくとだんだんガスがかかってきて、幻想的な風景が展開されました。このあたりの景色の変化はとても楽しかったです。

20180912-14.JPGよく見ると、道の途中でこのような歴史的な解説板があったりします。明治時代は六甲山はハゲ山でしたからね。こういうトンネルも作ることが出来たのでしょか。しかしこのトンネルなぜ崩れたのでしょうか。やはり土砂崩れでしょうかね。

20180912-16.JPG「峠の茶屋」。風情があっていいですね。こういうところで店の人から話を聞いたり、他の旅人と言葉を交わしていたのでしょうね。こういう人が行き来する場所、好きですね。そうそうJR住吉駅が起点なんですよね。じーねこは少年時代、カブスカウトに所属していて、よく六甲山登頂に駆り出されていましたが、その際の集合場所はJR住吉駅でしたね。石碑も色々残っていたと思うので、今度改めて取材に行きましょう。

20180912-17.JPGそして有馬の登山口に到着します。写真は少し歩いたところにある炭酸が湧いている広場です。下山すると有馬温泉に無料で入浴できる参加証をもらえます。ただ、このときじーねこは所要があったので残念ながら入湯せずに撤収となりました。もったいないことをしてしまいました・・・。

20180912-18.JPG

お土産に炭酸せんべいを購入して神戸電鉄に乗車しました。もう少し時間を取ってこの風情のある有馬の街をじっくりと眺めてみたかったですね。

さて、いきなり昨年の話を書きましたが、実は今年も10月12日に魚屋道歴史ハイキングが行われるそうなのです。往復はがきによる事前申込みが必要なのですが、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。六甲山はレジャーとして十分楽しむことが出来る山ですが、こういうイベントで六甲山の歴史の一端を感じながら登ってみるのも楽しいと思いますよ。

【第21回魚屋道歴史ハイキング】

 日 時:10月12日(金)8:30~(雨天時は10月19日(金)に順延)

集合場所:JR甲南山手駅(北側ロータリー) 

 持ち物:弁当、雨具、交通費

 参加費:300円

 定 員:100人(定員を超えれば抽選)

申込方法:往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・電話番号を記入し、9月20日(木)(必着)までに下記までお申込み下さい。1通で5人まで応募可能。

  <応募先>

   〒658-0022 兵庫県神戸市東灘区深江南町2-3-9  

    魚屋道を歩こう会(担当:志手氏)

    TEL:090-4302-0069 FAX:078-451-3777

   ※小雨決行。集合場所で最終決定しますのでお集まりください。

   ※登山道の状況によっても、中止する場合があります。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(2)

じーねこ2018年9月14日 22:13

はちこさん、コメントありがとうございます。私のレポがはちこさんのお出掛けの一助になっているのならこれ以上に嬉しいことはありません。これからも見どころのある街やイベントを紹介して行こうと思いますのでよろしければまたブログを見てやってください。芦屋・西宮ならこれからのシーズンはだんじりが面白いと思いますよ。その街に暮らす人々を見ることが出来ますから、普段持っている芦屋や西宮のイメージとは違った一面に出会えるかもしれません。パン屋さん、ブログではあまり紹介していませんが、大好きで、気になるパン屋があると必ずあんぱんかバターロール系を買ってそのお店の実力を測るんです(笑)。阪神間はたくさんありますからぜひ楽しんでくださいね。

はちこ2018年9月14日 17:59

魚屋道のハイキング、風情があるようで素敵ですね。のんびりと歩いてみたいです…
夏に、兵庫県立美術館での県美プレミアムに行かれたレポを読ませて頂き、やっとこ…私も行って来ました(^^)ガイドさんがいらっしゃる週末を狙って。やはりガイドさんの説明があった方が作品に対する感じ方や理解が深まりますよね。あっ…と言う間の45分でした。
神戸方面には疎いのでじーねこさんのレポはヒジョ〜に興味深く読ませて頂いてます。
桜の頃にしか行かない夙川や芦屋や西宮…歩きやすい季節になりましたのでお休みの日にはこれらの場所へ阪急電車に揺られて楽しみたいと思っております。
また、素敵なレポ、よろしくお願いします(^^)
帰りはお約束の?…近所にも梅田にもないパン屋さんに寄ってきましたヨ。

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。