現在の運行状況

読み込み中...

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

10月3日はKOBE観光の日〜萌黄の館から〜

20180924-1.JPG

9月22日金曜日、曇天の北野異人館街。前回のブログでKOBE観光の日について書きました。主役はやはり風見鶏の館でしたが、その時期、こちらの萌黄の館はどうなっていたのかというのが今回のお話です。

P9210048.JPGこの館は1944(昭和19)年に後に神戸電鉄の社長に就任することになる小林秀雄氏が取得し、戦後からこちらに居住するようになりました。そこへ1977(昭和52)年のNHKのドラマ「風見鶏」のヒットによる異人館ブームが起こります。風見鶏の館のすぐそばにあったこの館の周囲にも観光客がやってくるようになったので、神戸市は小林家からこの館を借り上げることにしました。小林さんの奥さんもこれに応じてくださり、1978(昭和53)年7月から公開するようになりました。風見鶏の館が12月からなので半年ほど早く公開しているのです。

20180924-8.JPGこちらの館は小林さんが洋風のライフスタイルをとっていたことから風見鶏の館のように和室を元に戻さなければいけないというような大幅は改修工事が必要ありませんでした。さらには当時小林家で使用されていた内部の調度品もそのまま置いていってくださったので住宅としての生活感が色濃く残っているのです。風見鶏の館と比較して「住むならこっちがいいな〜」という感想をよく耳にするのですが、それはおそらく小林さんが使っておられた頃の雰囲気がしっかりと残っているからだと思います。

20180924-10.jpgそれと特筆すべきはこの館が当初は白かったことです。その色から「白い異人館」と呼ばれていました。瓦も青いものでした。それが平成の大改修工事の際に調査した結果、一番下に塗られていた色がライトグリーン「萌黄色」だったということが判明して、オリジナルに戻そうということになり現在に見られる「萌黄の館」が生まれたというわけです。ドラマ「風見鶏」のヒットがなければ、この館も白いままで小林家が住んでいたでしょうから、萌黄の館は生まれなかったかもしれません。そういう風に見ると萌黄の館も10月3日というのは大きな転換点になった日と言えると思います。

20180924-2.JPG

そんな萌黄の館も現在大幅なモデルチェンジを実施中です。といっても庭の方です。まず大きく育った楠の枝の剪定。これは写真を撮るのが好きな方には朗報ではないでしょうか?今までこれがあったので写真を撮りたくてもなかなかうまく撮れなかったのですが・・・

20180924-7.JPG

これでいい感じに撮れそうです。写真を撮影した9月22日時点ではまだ継続中だったので、この状態からもう少し変わるかもしれません。

20180924-3.JPG

そして今回の目玉は塀のすぐそばに倒れかかるように生えていた樹をすべて伐採してことです。これは上の電線に掛かりそうになっていたので安全面を配慮した上で切ったようです。確かに今年、さらには昨年の台風では倒木による被害が多数報告されていましたから、これは必要な措置だったと思います。それにしてもすっきりしました。

20180924-5.JPG

ベランダからの景色も変わりました。お隣の赤い鎧戸のきれいな洋館が見えます。以前も書きましたが、ここは神戸異人館で一番きれいなベランダです。そのベランダが楠の剪定をしたことによってさらに入光量アップが期待できるわけですから晴れたら抜群の写真が撮れそうですね。

20180924-4.JPG予定では9月29日まで作業が行われるようなので10月3日のKOBE観光の日には間に合うようですね。こちらもその日は入館無料ですからぜひ、すっきりした萌黄の庭を訪れてみてください。また9月29日に行われる風見鶏の館の探検ツアーに参加されるようでしたら、2巻共通券を買って萌黄の館を訪れてみるというのもおすすめです。庭はまだ入れないかもしれませんが、ベランダからの景色は間違いなくグレードアップしているので楽しめるかと思います。特に写真を撮るのが好きな方は、絶対おすすめです。ぜひ訪れてみてください。

   【KOBE観光の日・萌黄の館】

         日 程:10月3日(水)

        開館時間:9:00〜18:00 TEL:078(222)3310

         所在地:神戸市中央区北野町3-10-11 TEL078-242-3233

         入館料:無料

   【風見鶏の館・探検ツアー】

         日 時:平成30年9月29日(土)

             ①10:30〜 ②13:30〜 ③15:30〜

              ※各回60分程度 

         場 所:風見鶏の館(078-242-3223)

         案 内:風見鶏の館 館長 

         定 員:各回先着20名(当日開始30分前より受付)

         参加費:無料(別途入館料500円必要)

             ※高校生以下、65歳以上の神戸市民、障害者手帳をお持ちの方は入館無料 

               詳しくは風見鶏の館HPまで

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。