現在の運行状況

読み込み中...

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

箕面で紅葉とカルピスを観に行きました~箕面の滝へ~

20181130-1.JPG

11月28日水曜日。箕面へ行きました。恥ずかしながら人生初の箕面でした。じーねこ好みの洋館もないし、人で一杯になっているだろうから、時間が出来たら行こうくらいにしか思っていませんでした。完全に軽く見ていました。しかしこの写真を撮った瞬間に後悔しました。なぜもっと早く来ていなかったのかと。

20181130-2.jpg

実は箕面に来た本来の目的は滝でもなく紅葉でもなく、箕面郷土資料館で行われていた企画展「三島海雲とカルピス」。初めてチラシで見かけたときは「あのカルピス?」と疑問に思いました。なぜ箕面なのか、そして三島海雲というお坊さんみたいな名前の方は一体と気になっていたのでやって来ました。やって来たとはいえ、企画展も最終日。やはり箕面はじーねこにとっては何かのついででないと赴かない場所だったんです。

20181130-3.jpg

さて企画展ですが、驚きました。カルピスはこの三島海雲さんがモンゴルの酸乳からヒントを得て作ったもので「カルシウム」とサンスクリット語で五味の1つを表す「サルピス」を組み合わせた造語なんだそうです。日本初の乳酸菌飲料で、飲む人が健康になってほしいという願いから作ったそうです。1919年7月7日発売なので来年がちょうど100周年になるということで企画展が持ち上がったようですね。この三島さんの哲学も素晴らしいもので紹介したいのですが、じーねこ、ちょっと知識不足です。恥ずかしながら全く知らなかったので、もう少し調べてから機会があれば紹介したいと思います。

20181130-4.jpg

1時間ほど滞在した後、箕面のご当地キャラ「滝ノ道ゆずる」くんとこれからどうするかを相談。このまま尼崎へ行って水曜日しか開いていないという幻の洋館「ユニチカ記念館」に行こうかとも思いましたが、せっかくなので滝を見て行こうと、山へ入る決断をしました。

20181130-5.jpg

まず箕面と言えばこれ。箕面温泉スパーガーデン。自然とあのメロディが出てくるのではないでしょうか。近くで観てみるとすごい建築物ですね。あと30年もしたら建築的にも注目を浴びるかもしれませんね。

20181130-6.jpg

そして箕面公園の入り口に到着。左の道は昨年来の台風の影響でまだ通行禁止だということです。この日はあいにくの曇り空でしたが、紅葉がきれいでした。

20181130-7.jpg

そこから振り返ると大正モダンな和館がありました。「橋本亭」というカフェのようです。窓が大きく取られていて和館で開放感があり、この紅葉と橋の風景にベストマッチしています。すばらしい光景です。ただネットが張られていたりと、もしかすると台風の影響で損傷を受けたのでなはいかと気掛かりです。

20181130-8.jpg

公園の遊歩道に突入。素晴らしい光景が広がっていました。紅葉に欄干、そしてその隙間をこれまた開放感のある和館が見事にはまっています。この和館、街中にポツンと建っていたら、えらい大きな家やな~で終わっていると思いますが、この景色の中では見事に溶け込んでいます。

20181130-10.jpg

逆から撮ってみました。この和館の並びが見事です。このあたりの地形は谷になっているのですぐ後ろが急勾配になっています。その背後の木々に囲まれた景色が何ともたまりません。ちなみに手前の館の2階の欄干には楓の透かし紋が散りばめられていました。このあたりの風景にマッチさせているようです。

20181130-9.jpg

こちらの館は中も見学出来ました。屋根の梁の部分がよくみえるようになっていて勉強になりました。窓にも畳敷きと床敷きの2部屋あり、和室の天井は網代編みになっていて見事でした。ゆっくりとお茶を飲んでいきたいお宅でした。

20181130-11.jpg

そして歩くこと約30分。遂に滝が姿を現しました。いい感じに紅葉してくれています。またいい位置に橋がありますね。

20181130-12.jpg

そしてこの絶景。近くまで寄るとひんやりと気持ちのいい空気が流れていました。今まで来なかったことを後悔しました。観光で有名な場所はとりあえず行ってみるべきですね。有名になったということは皆がその素晴らしさに感動したからということですから。反省です。

20181130-15.jpg

ひとしきり滝を拝んだところで帰還。帰り道は台風の痕跡を眺めてみました。ひどいですね。まだまだ復旧途上のようです。

20181130-14.jpg

崖にはこのような写真が展示されていました。箕面公園のホームページも見てみたのですが、箕面は発信力がすごいですね。

20181130-16.jpg

川はこんな感じです。台風通過時はどんな状態だったのでしょうか。自然災害の恐ろしさを語ってくれていますよ。

20181130-13.jpg

途中で様々な方の銅像や顕彰碑を目にしました。いずれも箕面ゆかりの人たちで、笹川良一氏、野口英世など有名人に交じって、箕面町の警察署長の碑がありました。やはり台風のときに滝の近くの店にまだ人が残っていることを聞きつけて救出に向かうも、命を落としてしまったそうです。有名人だけでなく、箕面に尽力してくれた人の行動もしっかり刻んでくれるとは、箕面は本当にやさしい町だと思いました。

20181130-17.jpgのサムネイル画像

いい感じの欄干です。ものすごい短い距離ですが、手を抜いていませんよ。

20181130-18.jpg

ふと玉垣石を見ると、伊丹の酒造家「白雪」の小西本家ではないですか。そういえば郷土資料館で箕面は酒米づくりも盛んだった書いていたので、そのつながりがあるのかもしれませんね。

20181130-19.jpg

その名も紅葉橋というそうです。みなさんこぞって記念写真を撮るべくポーズを決めていました。そりゃ撮りますね。ここは。

20181130-20.jpg

そして帰着。駅近くの双葉屋さんでこれまた定番のもみじの天ぷらを購入。初めて食べました。あっさりしたかりんとうという印象。美味しく頂きました。

短時間でしたが箕面を堪能させて頂きました。公園は谷の地形で神戸のようなえげつない坂があるわけではないので、気楽に滝まで行くことが出来ました。歩いていて気持ちが良かったです。それに道に並んでいるお店も、雰囲気がよく見ていて楽しかったです。様々な人々が箕面を愛した理由がよくわかりました。ぜひ違う季節にも訪れてみようと思います。もう少し紅葉が持ちそうなので、ぜひこの機会に訪れてみて下さい。詳しくは箕面公園のHPをご参照ください。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。