現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

モトロク灘の酒ストリート2019に行って来ました

20190325-1.JPG

2019年3月22日金曜日午後5時頃の元町6丁目商店街通称「モトロク」です。この日はこちらで「モトロク灘の酒ストリート2019」が開催されると聞いて、灘五郷ファンのじーねこは取材にやって来ました。あくまでも取材です(笑)。

20190325-2.jpg

イベントではお馴染みの灘五郷ラインアップです。今回はそれに付け加えて「兵庫の酒」ということで、姫路や丹波篠山などからの出品もありました。これは全部回るのは至難の業です。参加する際にはお目当ての酒蔵さんを決めておく必要がありますね。

20190325-3.JPG

有料試飲はチケット制です。大勢の来客があると、お釣りの処理が大変ですからこの手法は必要です。ちなみに1セット500円なので、あまりお酒が強くない方でも手軽に買えますね。

20190325-4.JPG

プラス200円すると灘五郷特製のグラスがもらえて、試飲する際にはそのグラスについでもらうことができます。写真ではミニ樽の奥にある袋がそうですね。ちなみにじーねこは既に持っているので、500円のノーマルチケットを2枚購入しました。

20190325-5.JPG

ご覧のように各酒蔵さんの幟が並びます。これはほんの一部ですが、通りを見渡すと圧巻でした。それとブースに常駐するスタッフさんたちの中には、昨年秋に販売された「灘五郷パ酒ポート」に載っていた人たちもいらっしゃったので、密かに「おおー!」とひとりで感動していました。

20190325-11.JPG

そんな数ある酒蔵さんの中で最初の1杯目。今回は西宮郷「灘一」さんの純米吟醸を頂きました。最初の1杯なので原酒ではなくすっきりとした飲み口のお酒をチョイスしました。こちらのスタッフの方も、イベントではお馴染みのお二人なので、ついつい応援したくなるんですよね。

20190325-7.JPG

西端のエリアには特設ステージ。その横にはご覧のように各酒蔵さんの1本がずらり。日本酒のボトルは本当に画になります。向こうに見える幟も魅力的です。

20190325-8.JPG

午後5時半頃に乾杯用のお酒が写真右手のネコちゃんのお猪口で振る舞われました。慌てて灘一さんの純米吟醸を飲み干しました。

20190325-10.JPG

乾杯~。ネコちゃんのお猪口の裏はご覧のように「Go! Go! 灘五郷!」です。乾杯用のお酒は樽酒でした。美味しかったです。

20190325-12.JPG

乾杯が終われば攻めていきます。いろいろ頂きましたが、すべて羅列しても、味の言語化が未熟なじーねこでは、すべて同じ文章になりかねないので、2つだけ。まずは西宮蔵開きで唯一行けなかった無念を晴らすために白鷹さん。一番高級そうだった「悦蔵」を頂きました。この「悦蔵」というのは白鷹の創業者のお名前。「超一流主義・品質第一主義」を目指して創業した初代辰馬悦蔵氏の名前を冠した自慢のお酒。ぜひこちらのホームページもご覧になってみてください。

西宮日本酒学校で唎酒をしてから、この白鷹さんのお酒の複雑な味というのがよくわかるようになりました。一口では表現できない、本当に厚みのある豪華な味です。

20190325-13.JPG

次は御影郷「大黒正宗」さんの「吟醸しぼりたて」を頂きました。恥ずかしながら初めて頂きましたが、口にしてびっくり。その濃厚な味わいは先ほど頂いた白鷹さんの「悦蔵」に負けないくらい。つまみ要らずのおいしいお酒でした。大黒正宗さんは阪神淡路大震災で被災して以来、規模を縮小して醸造しておられるのですが、そのファンは熱烈な方が多いようで飲み屋さんによっては「大黒正宗まつり」などが行われているほど。そのあたりはぜひこちらのホームページ、特にブログをご覧頂くとよくわかります。

20190325-20.JPG

フードも充実していました。肉あり、野菜ありでしたが、じーねこはやはり魚介系で行きました。おつまみセットで手前の黒いトレイのものをチョイス。いかなごが入っていたので決めました。やはり日本酒を味わうには魚介系が最適です。

20190325-14.JPG

フラフラと試飲を巡っているとステージでイベントが始まりました。最初は沢の鶴さんの酒造り唄研究会の方々による酒造り唄が披露されました。日本酒イベントに参加した頃は正直に言うと退屈していたのですが、何度も耳にするうちに、聞き入るようになってきました。歳のせいかな?

20190325-24.JPG

その沢の鶴さんの酒造り唄が終わると「白鶴」さんの法被を着た4人組が何やら音調整を始めました。よく見るとベースの方は珍しい「バイオリンベース」をスタンバイ。これはビートルズのポールマッカートニーが愛用していたベースです。ということは・・・

20190325-16.JPG

やはりビートルズカバーを中心とするオールディーズ系のバンドでした。じーねこもビートルズは大好きなので、聞いたことのある曲が披露されて楽しかったです。また、会社帰りのサラリーマンがゾロゾロと集まってきたこともあってステージは盛り上がりました。「大関バンド」だけでなく「白鶴バンド」もあったとは知らなかったです。

20190325-17.JPG

こんな感じです。かっこいいでしょ(笑)。

20190325-19.JPG

立ち飲み形式だったので今回も同じテーブルの方々と楽しくお話しながら日本酒を楽しんでいましたが、そこへステージを終えた白鶴バンドの方々がやってきました。思わず握手を求めてしまいました。ギターの方がワンカップを呑んでおられたので、そ~っとラベルを見せてもらうと「まる」でした(笑)。

以前は大関さんのように蔵開きでも演奏していたみたいですが、じーねこが記憶している中では見たことがなかったので、ぜひ蔵開きでの演奏もみてみたいですね。ちなみにこのあと、白鶴さんに敬意を表して「白鶴錦」をオーダーしました。美味しかったです。

20190325-22.JPG という感じでステージが終了したので、帰ろうとすると、2月に東京へ行ってしまったと言っていた知人が大勢の方と呑んでいるところに遭遇。「何してるんすか~?」ということで第2ラウンドへ突入。結局終了の8時30分まで呑んでいました。やはり灘五郷のイベントは楽しかったです。

20190325-23.JPG

さて、1月の浜福鶴さんの蔵開きからはじまった灘五郷の新酒イベントもいよいよ次はオオトリの白鶴さんの順番が回って来ました。概要は写真の通りです。じーねこもバーチャル駅長の任期が間もなく終了するので詳しいイベント告知はできませんが、こちらも大人気のイベントです。特に「製造部長が案内するスペシャル工場見学」はお勧めです。ぜひ足を運んでみて下さい。

        【白鶴2019春酒蔵開放】

              開催日:2019年4月13日(土)

              時 間:9:30~16:00

              場 所:白鶴酒造株式会社

              入場料:無 料

             ※詳しくはこちらのホームページまで

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。