現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

はっつーの「バーチャルde沿線観光案内所」

メジャー古刹の影だけど、教科書には載ってるよ!そんな地元の歴史ご紹介

沿線へお出掛け

『敦盛の最期』続きはこちらで~光明寺~

おはようございます!5月も終わりですね。今週初めから暑いんですが、何となくジトッとして、梅雨を連想させる天気が続いていますね~。いよいよ梅雨がやってまいりました。

 11659496_678091045655847_8013181908709252636_n (2).jpg 

写真は記事と関係ありません

 

今日ご紹介する「光明寺」。なぜここになったかと申しますと、長岡天神駅沿いにある「長岡京観光案内所」で「おすすめスポットありますか?」と伺ったからなんです。職員さん方大変正直に、「えーーーGWならツツジですが、今は散っちゃったし・・・。花菖蒲もねー、もう終わったしな・・・アジサイはまだちょっと先ですし・・・」こんな中途半端な時期に、何を見に来たんだ???皆さんが困りながら数分後「今ならまだ光明寺の新緑!間に合うかも」。一人の職員さんのひらめきがきっかけ。

 

そんな訳で行ってまいりました、光明寺。京都南部を見下ろす高台のお寺は紅葉の参道でお出迎え。平家物語の続き、熊谷次郎直実はココにいた!


20160518-DSC_8753_1.jpg 入口

皆さんは「敦盛の最期」をご存知ですか?鎌倉時代の文化を代表する戯曲「平家物語」の中にあるエピソードの一つ。琵琶法師がねー、源平合戦がねーと、私は確か、中学生の国語で習いました。あらすじはざっとこんな感じ。

 

~このエピソードの主人公である熊谷次郎直実さん。彼は源氏方の武士さん。一の谷の合戦の最中、いっちょ手柄でも取れたらなーラッキーやなーと馬を走らせていると沖の船に向かって馬で逃げている平氏の一人を見つけました。逃げる平氏は明らか貴族出身。熊谷さんVS平氏の対決はあっという間に熊谷さん勝利。しかし、首を切る段になって熊谷さんはその平氏の顔を見てしまったんです。パッと見、自分の息子とほぼタメ。優しいお父さんである熊谷さんは切るに切れなくなってしまいました。どうしょう・・・!大変なことになってしまった・・・!

 20160518-DSC_8682_1.jpg 

熊谷さん、たまらずに言ってしまいました「助けようと思うんですが、どうです?」しかし平氏は言いました「お前にとってオレは良い首だ。さっさと取れ」。とっさの判断で逃がそうにも、頼みもせんのに向こうから源氏の味方がいっぱい来ている。今、自分が逃がしても彼はもう仲間の船には乗れない。それならば、声をかけた者の責任として、と、泣く泣く平氏の首を取りました。後日、自分が討った平氏は平敦盛17歳と知り、自らの罪を償うべく出家しましたとさ・・・~

20160518-DSC_8744_1.jpg

 

ご存知の方にとっては、なんて雑な説明。すいません・・・。全部書くとブログが平家物語になってしまうので・・・。すいません・・・

 

めっちゃエエ人、熊谷さんが出家をし、残りの人生を念仏一筋に暮らしたお寺「念仏三昧院」がこの光明寺の前身だったそう。因みに、出家したいんですが・・・、と彼が門を叩いたのは、この地で教えを説いていた、これまた鎌倉時代の超有名人「法然上人」。スゴイな、台本でもあるんか?

 

この光明寺は秋の紅葉で超有名なスポット。秋は真っ赤に染まる紅葉の参道も5月は新緑で輝く、それはそれは美しいライトグリーンでございました。

20160518-DSC_8663.jpg

20160518-DSC_8666.jpg

浄土宗の総本山でもありますので、もちろん法然上人の像もありました。

20160518-DSC_8688.jpg  20160518-DSC_8691.jpg

 

季節は新緑なのに、なぜか赤く染まる紅葉?もありましたよ。

20160518-DSC_8728.jpg

これ、紅葉ですか?お客様の中で、もみじに詳しい方がいらっしゃいましたらご一報ください。なんでこの時期に赤いんでしょうかね?

20160518-DSC_8732.jpg  20160518-DSC_8738_1.jpg

暑い位の天気のよさでしたが、木陰が本当に涼しくて、心地よくて、静かで。とても気持ちの良い場所でした。京都市内のお寺に観光に行くなら、ココ、絶対おすすめです。熊谷さん、ココ、すごく素敵な場所ですね!!!来てよかった!

この光明寺は駐車場がないため、公共交通機関の利用は必須。今回私は長岡天神から歩いて行きましたが、季節によってバスの時間を事前にチェックがマストかも。マナーはくれぐれも大切に!

古刹に触れ、古典に触れ。熊谷次郎直実の残りの人生が「癒しの時間」だったかどうかはわかりませんが、間違いなくここは「900年続く癒しの空間」。都会の喧騒に疲れた方は是非一度、お越しくださいね。

☆データ☆

  • 場所:長岡京市粟生西条ノ内26-1
  • TEL:075-955-0002
  • HP:www.komyo-ji.or.jp
  • バスの利用は阪急長岡天神駅より阪急バス「20・22号系統」の「旭が丘ホーム前」下車

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(4)

はっつー2016年5月29日 08:24

桃華さん、初めまして!コメントありがとうございます。出猩々って言うんですね。私もネットで出猩々と打ってみたら、新芽が赤って言う品種なんですね。他は黄緑だったので、余計にその赤が映えてましたね〜。なるほど、合点。大変勉強になりました。ありがとうございました!

桃華2016年5月29日 02:07

初めまして^_^
紅葉の件ですが、種類によって春と秋に赤くなるものがあるそうです。出猩々という品種のものです。私も近所の紅葉を見て不思議に思って調べてみました。

はっつー2016年5月27日 23:41

sugarさん、こんばんは!コメントありがとうございます!実は私もこんな場所に住みながら、平家物語と北摂・・・知らない・・・。

て、なってましたら偶然にも光明寺に来てしまいました。光明寺、ホンマに良かったです。今回の写真に誰も写ってないシーンだらけなんは、ホンマに人が少ないからです。静かで良い場所なんは赤丸で、オススメです。

sugar2016年5月27日 22:53

新緑と平家物語、面白いです。長岡、行ったことがないのでぜひこちらも含めて行ってみたいなあ。難しいことを噛み砕いて説明してくださっているので私でもよくわかります。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。