現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

らんちゃんの「今日はどこに行こうかな☆」

阪急で、終電までには帰ります

暮らし・地域

「川端康成」になりきってみませんか?

茨木市駅を降りててくてく歩き、「茨木市立 川端康成文学館」まで行ってまいりました。

20180713_1.JPG 

わたくし高校時代に放送部に所属しておりまして、高3の朗読コンテストの際、選んだのが川端康成の「伊豆の踊子」だったんです。
主人公と踊り子が出会うシーンを抜粋し朗読しました。

個人的に思い出のある小説家なので、以前よりこの文学館には来たいなぁと思っていたのです。
(ちなみにそのコンテストは見事......予選敗退!!!あっという間に終わった青春です)

 

日本で初のノーベル文学賞を受賞した川端康成。
そんな彼は幼少期、ここ茨木市で育ちました。

多くの市民が川端康成やその文学に親しむ拠点となるよう、この川端康成文学館は開館されたのだそう。

20180713_2.JPG
 

館内では川端康成の生涯や作品の説明が詳しく展示されています。

館内は撮影禁止なのですが、一か所だけ撮影OKな場所があります。

 

「なりきり康成」のコーナー

20180713_30.JPG

と、突然失礼いたしましたっ!

 

さて、36歳で川端康成は鎌倉へ移り住みます。
その鎌倉での書斎を再現したこのスペースで、着物やかつらを着用し、川端康成になりきれちゃうんです!


20180713_13.JPG

 
眉毛もご用意してくださいます。

20180713_4.JPG

 
また、文豪体験もできます。
「雪国」「伊豆の踊子」など見本をどれか一つ選び、それを見ながら実際に万年筆で原稿用紙に書いて文豪気分を味わってみましょう!

20180713_10.JPG

 

後ろの髪型まではなりきれませんでした...スルーしていただけますと幸いです...

20180713_5.JPG

 

くずかごまでしっかり再現されています。

20180713_16.JPG 

お!猫ちゃんだ!!

20180713_15.JPG実際に彼の書斎に住み着いたというこの猫ちゃん。

「まだ買うと決めたわけじゃないよ」だから名は「マダ」となったんだそう。

吾輩は猫...おっとこれは夏目漱石!

  

ぜひマダちゃんとも遊んであげてくださいニャン。

それにしてもこのなりきりコーナー、思いのほかテンション上がってしまいました。

 

館内では川端康成の小説が多数置いてあり、実際に読むこともできます。
文学に触れて、そして実際になりきってみてはいかがでしょうか

きっと素晴らしい体験になりますよ!

茨木市立 川端康成文学館
住  所:茨木市上中条二丁目11-25
電  話:072-625-5978
入館料 :無料
開館時間:午前9時~午後5時
休館日 :火曜日、祝日の翌日、12月28日~翌年1月4日

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。