現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

らんちゃんの「今日はどこに行こうかな☆」

阪急で、終電までには帰ります

沿線へお出掛け

大山崎山荘美術館の帰りに「宝積寺」へ...


20181227_00.JPG
先日、大山崎山荘美術館へ行った際、近くの宝積寺(ほうしゃくじ)へも行ってきました。
 

大山崎駅から大山崎山荘美術館へ向かう途中、右に曲がると美術館へ、そのまま進むと宝積寺に向かう坂があります。

20181227_1.JPGここで曲がらずまっすぐいくと...

20181227_2.JPG20181227_3.JPG 

見えてきました!(なかなかの急な坂なので、歩きやすい靴で!)

20181227_4.JPG 

20181227_5.JPG宝積寺(ほうしゃくじ)は、神亀元(724)年に聖武天皇の勅願により行基が建立したと伝えられている真言宗の寺院。
一般には「宝寺」の名で知られています。
また、秀吉が明智光秀と戦った山崎の合戦では、宝積寺に秀吉の本陣が置かれ、見事勝利をおさめました。まさに歴史的舞台となった場所なのです!

 

本堂と閻魔堂を拝観させていただきました。
(大山崎山荘美術館の入館チケットで拝観料が100引きになりました)

 

■閻魔堂

20181227_7.JPG

閻魔王及び眷属(けんぞく)像が安置されていて重要文化財となっています。
拝観のチケットに写真が載っていますが、この閻魔様の表情は見もの。泣く子も黙る、大人も黙る。
しばらく正座して向かい合っていましたが、これはぜひ直接ご覧いただきたい...

20181227_12.JPG

 

■本殿
本尊十一面観音立像が安置されています。こちらも重要文化財。

20181227_6.JPG20181227_11.JPG

 

■小槌宮(大黒天神)
「打ち出の小槌」という言葉は聞いたことがあると思いますが、ここには「打出」と「小槌」がそれぞれ祀られています!

20181227_8.JPG

 

■秀吉の出世石
秀吉にゆかりのあるお寺なので、秀吉にまつわるものも。
秀吉が腰かけたと言われている出世石!

20181227_10.JPG 

■御朱印
本堂、閻魔大王、大黒天神の3種類の御朱印が用意されていて、どれにしようかと思ったのですが、金運に恵まれたいので...「大黒さん」バージョンの御朱印をいただきました。

20181227_9.JPG 

御朱印を待っている間、お寺の方と少しお話させていただいたのですが、京都の色んな真言宗のお寺やその見どころについて教えていただきました。

マイ御朱印帳をご覧になり「何かテーマはあるんですか?」と聞かれました。神社と寺院に分けているくらいでさほど意識したことはなかったんですが、例えば宗派ごとなど何か一つテーマを持って御朱印巡りするとまた寺院への理解も深められそうですね。

お話伺えてよかったです!

 

静かにお参りすることができましたし、何より重要文化財も多く、見ごたえのあるものも多かったです。
歴史を感じながら拝観できるのもいいですね◎

 

大山崎山荘美術館と近いので、美術館と宝積寺とセットで散策してみてはいかがでしょうか

【宝積寺】
住所:京都府乙訓郡大山崎町大字大山崎字銭原1
拝観日・時間:毎日 9時~16時
※本堂・閻魔堂拝観有料
拝観料:一般400円、高校・大学生300円、小中学生200円

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。