現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

梅子の「阪急沿線行ったり来たり お散歩ブログ」

大好きな阪急沿線を行ったり来たりして、ステキな時間を探しに行こう!

その他

本とギャラリーのおさんぽ♪『恵文社 一乗寺店』へ

先日、久しぶりに京都のお気に入りの本屋さん『恵文社 一乗寺店』に行ってきました〜

 

 

 

IMG_5152_Fotor-201700128_1.jpg 

 

 

遠方からわざわざ来る方も多い『恵文社 一乗寺店』

梅子もファンの一人です。

 

 

 

IMG_5155_Fotor-20170128_4.jpg 

 

 

独自の視点でセレクトされた本のセンスや棚への置き方が、もう楽しくてワクワクします

 

 

 

IMG_5158_Fotor-20170128_5.jpg 

IMG_5156_Fotor-20170128_3.jpg 

IMG_5164_Fotor-20170128_6.jpg 

IMG_5174_Fotor-20170128_10.jpg 

IMG_5168_Fotor-20170128_8.jpg 

 

 

この日は朝から雪が降ったり止んだり。

最近なかなか本を読む時間がつくれれないのですが、ここへ来るとムクムクと読みたい気分にさせてくれます

遠くてもここへ時々来て、漠然と何かを宝探しするように店内を散策するのが楽しみです。

 

 

 

IMG_5172_Fotor-20170128_2.jpg 

 

 

そしてこの日のもう一つの目的は、恵文社 ギャラリー・アンフェールで今開催しているロベール・クートラス展「小部屋のクートラス」

フランスの画家ロベール・クートラス(1930-1985)の作品集『ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事』の出版を記念しての開催です。

ちょうど今、アサヒビール大山崎山荘美術館でも『ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す』を開催していて、こちらも観に行くつもりだったので、その前に恵文社にも立ち寄ってみました。

 

 

カルトと呼ばれる手札に描かれた作品や、グァッシュ、油彩、オブジェが展示してあり、クートラス独自の世界に浸ることができます。

暗い色彩の中から滲むような悲しくユーモラスな表現。

観るものの心を惹きつけるクートラスの作品を見ることができます

アサヒビール大山崎山荘美術館に行ってクートラスを観た方も、そしてこれから行く予定の方、興味がある方は是非

 

 

 

 

ロベール・クートラス展「小部屋のクートラス」

1/24(火)〜1/30(月)18:00まで

ギャラリーアンフェール

 

 

 

恵文社 一乗寺店

【住所】京都市左京区一乗寺払殿町10
【電話番号】 075-711-5919
【営業時間】 10:00 - 21:00
【定休日】無休(年始のみ)
【公式HP】http://www.keibunsha-store.com

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)
レンタサイクルの達人、ゆかりが行く!(阪急レンタサイクル公式ブログ)
阪急沿線情報紙「TOKK」編集部こぼれ話トッコの気まぐれ散歩
まだまだ新米ぶぅーぶの「タカラヅカ・スカイ・ステージ番組取材」

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。