現在の運行状況

読み込み中...

ヤスコの「宝塚から#ガタゴト#テクテク」

阪急電車と一緒に!自分時間に合わせた楽しみを探しに行きましょう!

趣味

阪急沿線で正岡子規の作品に会う。~虚子記念文学館

法隆寺に行った後(記事はこちら、正岡子規のファンだったことを思い出した私 6~7年前には晩年お住まいだった東京・根岸の子規庵や、生まれ育った愛媛・松山の松山市立子規記念博物館にも行きました。子規庵の展示に晩年の作品である「仰臥漫録(ぎょうがまんろく)が芦屋にあると書かれていたことを今回思い出し調べたところ、所蔵しているのは虚子記念文学館。今年は子規生誕150年だそうでちょうど記念展を行っているではありませんか。行きました!早っ

20171224-03.JPG20171224-04.JPG正岡子規のお弟子さんが高浜虚子で子規が亡くなる日まで根岸のおうちに出入りされていたようです。その高浜虚子のお子さんやお孫さんが芦屋にお住まいであることから記念館ができたそうです(下の写真の真ん中が虚子、左がお子さん、右がお孫さんとのこと)

20171224-08.JPG中学校か高校かの教科書に名前と少しの作品が出てきただけでよくわからない人も多いと思いますが、この方々がいらっしゃらなかったら、日本の文学も小林一三さんのコレクションも変わっていたと思いますよ。

20171224-02.jpg子規がこれまでいろんな人が発表してきた俳句を系統立てて整理したんですね。中でも与謝蕪村の俳句は時代とともに埋もれてしまうところだったようですが、子規が「与謝蕪村の句、わかりやすくていいねと再評価したからこそ、小林一三さんも「これは後生まで残していかないとあかん!」と思ってコレクションしてくださって、先日まで逸翁美術館で公開されていたのだと勝手に思っています。

昔は文語体で書くことが格好いいとされていたけども「なんか堅苦しい!もっと見たまま感じたままに(口語体で)書こうよ!」という流れができたのも正岡子規や、高浜虚子など正岡子規を慕う方々のおかげ(夏目漱石もこのお仲間・・・)なんですよね。下の写真は高浜虚子の木像。

20171224-07.JPG虚子記念文学館に保管されている「仰臥漫録(ぎょうがまんろく)には症状のこと、飲んだ薬のこと、知人のお嬢さんがおめかししてやってきたのがかわいかったこと、庭に植えている植物がきれいなこと、結核が進行し体が痛すぎて気分にムラが出てしまったこと、家族や慕ってくれる人々のことなどが書かれていて涙が出そうな部分もありますが、病床で食べたものリストはけっこう面白いです「いいものたくさん食べてるやん!そして、菓子パン食べすぎやで!」と突っ込みたくなります。正岡子規の心身の強さにもこの作品から触れてほしいです

図書室もあり、俳句や高浜虚子とその周りの人々にまつわる書籍が数多く置いてあります。正岡子規が創刊に関わった雑誌「ホトトギス」(絶対、教科書で見た程度でしょう!)実はまだ発行され続けている雑誌で、その最新号も読めたりします。

20171224-05.JPGそして、俳句について何も知らずに行っても大歓迎してくださるスタッフさん。希望すれば学芸員さんに説明をお願いすることもできるのだそうです(私はそれを理解する知識を持ち合わせていないため、今回はお願いしませんでした)。若い世代が興味を持って、つないでいくことが大切なことだそうですよ。何にもわからなくてもいいんです。人生のどこかで私のようにふと思い出すことがあるかもしれないから・・・。

20171224-06.JPG私の癒やしの場がまた一つ増え、いいクリスマス・イブを過ごしました。


公益財団法人 虚子記念文学館

正岡子規 生誕150年記念展ー「俳句分類」から「仰臥漫録」までー
会期:平成29年9月1日~平成30年3月4日

住所:芦屋市平田町8-22
電話番号:0797-21-1036
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、祝日の翌日、夏期休暇、年末年始(2017年12月28日~2018年1月4日までお休み)※詳しくはWebサイトの休館日カレンダーを
アクセス:芦屋駅より阪急バスにて「テニスコート前」で下車。鵺塚(ぬえつか)橋を渡り、南西へ徒歩10分
入館料:一般500円/18歳以下300円

Webサイトはこちら→http://www.kyoshi.or.jp/j-index.html

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)
レンタサイクルの達人、ゆかりが行く!(阪急レンタサイクル公式ブログ)
阪急沿線情報紙「TOKK」編集部こぼれ話トッコの気まぐれ散歩
まだまだ新米ぶぅーぶの「タカラヅカ・スカイ・ステージ番組取材」

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。