現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

帝室技芸員の仕事 彫刻編(清水三年坂美術館)

清水三年坂美術館所蔵品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。
今回の「彫刻編」では、高村光雲と石川光明の作品を中心に紹介します。帝室技芸員制度は、日本の伝統的な工芸の技術を皇室の保護のもと継承・発展させる目的で設けられた制度です。帝室技芸員は、帝室や宮内省からの依頼による制作や技術の錬磨、後進の育成につとめました。
光雲と光明は明治23年(1890)、帝室技芸員制度の発足と同時にその栄誉ある職に任命されました。仏師として修業を積み、木彫制作に専心した光雲。根付師として牙角彫刻を学び、木彫や彫漆などにも挑戦した光明。
制作に対する姿勢は異なるものの、ふたりは互いに敬意を払い、ともに近代彫刻界の発展に貢献しました。
このたびの展覧会では、光雲と光明のほか、帝室技芸員を務めた竹内久一や山崎朝雲の作品なども展示します。
気品と迫力を備えた近代彫刻の精華の数々をどうぞお楽しみください。

■開催日時
2019年8月24日(土)~11月17日(日)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■休館日
月・火曜日(但し、9月16日・23日、10月14日・22日、11月4日は開館)

■場所
清水三年坂美術館

■料金
一般:800円、大・高・中学生:500円、小学生:300円
※20名以上の団体は20%割引

■アクセス
阪急京都線・河原町駅下車、市バス207号系統「清水道」下車、徒歩7分

■WEBサイト
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/kikaku.html

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

2019年10月1日に運賃改定を実施いたします、10月1日以降の運賃は新運賃が表示されます。