現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません
  • エコトレイン 未来のゆめ・まち号
  • 阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト

エコトレイン 未来のゆめ・まち号

メッセージ エコトレインにかかわる人からのメッセージをご紹介します

私のイラストがエコへの関心を深めるきっかけになればうれしい!

ウマカケバ クミコさん

デザイン担当のイラストレーター ウマカケバクミコさん

都会にいても自然を感じられる。それがイラストのテーマ

未来のために環境を考えるという素晴らしいプロジェクトに携わらせていただき、とても光栄に感じています。しかも電車に自分のイラストが描かれるなんて・・・本当に夢のよう。8カ月という長期間にわたって走るということで、私自身今からワクワクしています。今回のイラストは「自然を連れてくる電車」というイメージで描きました。阪急電車って、私の中では都会だけでなく、緑あふれる環境のいい場所を走っているという印象があるんです。そんな場所から都会に向かって、車体に自然をまとって走る姿を表現したつもりです。女の子のほかに、植物や動物、昆虫など自然界の生きものたちをたくさん描いています。「あっ、イモ虫がいるよ」「カエルだ」など細かい発見を楽しんで見ていただけたらうれしいです。

小さなことでもエコにつながる。それに気づかされた。

実はこれまでエコに関して、それほど意識していませんでした。着なくなったTシャツを掃除に使ったりするぐらいで・・・でもこのプロジェクトに携わって、それだけでも十分エコにつながるんだ、と気付かされました。エコって難しいことではないし、すごく身近なところから始められる。そういうことも私のイラストを通して感じていただけたらとてもうれしいです。私のイラストの特徴は親しみやすさにあると思うので、こどもたちがエコに関心を持つきっかけになればいいなと思いますね。

未来を担うこどもたちにやさしさをつなげていきたい。

私たち大人の使命は、こどもたちの未来をきちんと守ってあげること。私たちもみんな守られて育ってきたんですよね。優しさを次の世代につなぎ、そしてこどもたちが大人になったとき、また次の世代に優しさをつなげられる。そういう気持ちが人や環境への思いやりになって現れると思うんです。このエコトレインが人と環境にやさしい「未来のゆめ・まち」づくりのお手伝いをできるよう心から願っています。

未来を変えるのは私たちの行動です。

杦本育生さん

企画監修を担当するNPO法人環境市民の 杦本育生さん

宇宙の宝石・・・地球の美しさ

地球は、変化に富んだ例えようもない美しい星です。モルディブ、パラオ、フィジー、沖縄・・サンゴ礁の海には色とりどりの魚たちが泳ぎ、ウミガメが悠然と 舞う。スイスアルプス、カナディアンロッキー、日本アルプス・・・山々には高山植物が咲き誇り、雪と岩壁と青空が造形の美を醸す。アフリカのサバンナに は、輝く眼をした動物たちが野生の王国をつくり、ボルネオの熱帯雨林には、極彩色の鳥、蝶が飛び交う。
満天の星の中に、このような美しく多様な世界がある星がいくつあるのでしょうか。その美しさは、宇宙の中で絶妙な環境に恵まれることで、地球という星と、生き物たちが造りあげたものです。数十億年という途方もない時間をかけて。

豊かな文明のもたらした深刻な事態

私たち人類は、このような星に生まれ、その環境と多様な生き物たちに生かされ、文明を発展させてきました。そして20世紀からその文明は、爆発的にといえるほど進みました。これまで人類が経験したことがない物豊かで便利な時代になりました。
しかし、その文明は、私たちの母なる星、地球を少しずつしかし絶えることなく傷つけていったのです。地球の46億年という歴史からいえば、瞬きをするほど でしかない時間で。サンゴの海にも、高山にも、サバンナにも、熱帯雨林にも、異変が起こっています。その原因は残念なことに私たち人間の行動です。そして 私たちも、その生命や財産を脅かされています。

希望をのせ、行動を呼びかける電車 エコトレイン未来のゆめ・まち号

そしてこのままでは、次第に大きな脅威となり、最悪の場合私たち人類を絶望の淵に追いやるかもれません。しかし、私たち人類が招いたものなら、私たち人類 が変えることが可能ではないでしょうか。さらにもっと心豊かな時代を、そして多様な生き物たちと共存していける世界を築けるのではないでしょうか。
そのために必要なのは、私たちの行動です。エコトレイン未来のゆめ・まち号は、そのような希望をのせ、行動をよびかけて未来に向けて走る列車です。

関連項目のページ
エコトレイン
摂津市駅の取り組み