現在の運行状況

読み込み中...
暮らし・地域

工場、だけど蔵!【西宮日本酒学校 第二講】

tamamika-0331-02-03.jpg


日本一の酒どころ灘五郷の西宮郷・今津郷で開催された「西宮日本酒学校」

第2回目は日本盛さんで「蔵見学と杜氏に学ぶ日本酒」というテーマの講座です。

 

今津線の終点・今津駅から歩いて約15分。小さな川沿いをぶらぶらしていると見えてきましたよ、お酒の貯蔵タンク!

tamamika-0331-02-01.jpg

右隣に見えている四角い建物、これがまさに日本酒を作っている工場で、今回はなんとその中に入り、間近で酒造りの現場を見せていただきました!

 

「蔵見学」といっても日本盛さんは小さな造り酒屋さんではありませんので、木造の古い建物の中でひっそりとお酒がつくられている...というのとはもちろん違います。

本蔵は大きな立派な工場で、一歩入るともうお酒の匂いがふわーっと! ゴミなどが入らないように帽子や白衣を着用し、エレベーターで上った先のフロアに入ると高さ1メートルほどのタンクがずらりと並んでいます。

ですが、見えているのは80,000リットルもの巨大タンクの先端部分。足元は金網状になっていて、下をのぞくと巨大なタンクが続いているのがわかります。高所恐怖症の人にはちょっと怖いかも。

 

タンクの中身はまさに発酵中の醪(もろみ)。表面に泡がふつふつと湧いているのが見えるのですが、発酵する際に発生する二酸化炭素は猛毒なので、タンクの中に頭を突っ込んでのぞくのは厳禁!

発酵具合を確かめるには手でタンクの中の空気を煽り出すようにして香りをかぎます。ちょっとツンとした匂いの若いものからふわりとした香りの発酵が進んだものまでいろいろ。

 

工場内では他にもお米を洗ったり蒸したりといった工程が機械を使って行われているのですが、要所要所でチェックするのはやっぱり杜氏のみなさん。大きな工場の形になってはいても、蔵は蔵なんですね。

 

tamamika-0331-02-05.jpg▲お土産でいただいたお酒。惣花(そうはな)。

さて、工場見学のあとは座学で日本盛さんのつくるお酒についてのお話。

日本盛さんは西宮の酒造会社のなかでは比較的新しい酒蔵。130年ほど前に西宮の青年実業家たちが「なにか西宮らしい新しいことをしよう」と設立した西宮企業会社がもとになってるのですって。

そんな起業のきっかけのせいもあり、業界初のことをどんどんしていく精神が社内にあるそうで、たとえば米ぬかを使用した化粧品を先駆けて作ったのも日本盛さんなんですよね。

わたし、たまたまその米ぬか美人という化粧品が発売されたときのことをよく覚えていて、当初は手のひらに出した粉状の化粧品を水で溶いて使ってました。ああ、懐かし。

 

他にも滅菌や劣化を防ぐための加熱を一切しない新鮮な生原酒を提供できるようボトル缶を導入してみたり、甲子園球場でも生原酒を販売したりと新しい試みをいろいろとされています。最近では生原酒を氷で割って提供される「かち割り生原酒」なんてのもあるんですって。

阪急沿線に暮らすわたし達にとっては西宮北口駅にある生原酒の量り売りが馴染みありますよね。あれも本来は蔵元でしか味わえない生原酒を管理・販売できる直売所を、ということで始めたものなんだそうですよ。

 

いろいろと興味深いお話を聞いたあとは、お待ちかねの試飲タイム...!

香り高い爽やかな飲み口のものと、味のバランスがよい料理に合うお酒を飲み比べたのですが、なかでも後者の惣花という純米吟醸のお酒は宮内庁にも収められているお酒だそうで、去年の天皇陛下即位に際の饗宴の儀でも供されたことが話題になり、たちまち売り切れたんですって。

tamamika-0331-02-06.jpg▲テレビで紹介された途端注文殺到だったそうです

 

tamamika-0331-02-04.jpg

あと、もう一つ、甘酒もいただいたのですがこれがまたおいしかった!

通常は水で酒粕を溶くところを煮切ったお酒で割ったもので、工場併設の「日本盛酒蔵通り煉瓦館」のレストランの料理長自慢の甘酒なんですって。今度自分でもやってみよ~。

 

さて、講座が終わり、煉瓦館でお土産を買おうかなとも思ったのですが、今回はせっかくなので西宮北口駅内にある直売所で生原酒を買って帰ることにしました!

tamamika-0331-02-08.jpg

よく見るとお店の袋にも「蔵元直送」の文字が。杜氏さんから直接お話をきいたあとはその意味もよく理解できます。

ちなみに生原酒は全く火入れをしていないので新鮮なうちに飲むのが鉄則。説明書きには一週間以内に、と書かれていましたが、ま、その日のうちに飲んでしまったのでわたしに限っては賞味期限は問題ないかな。

tamamika-0331-02-07.jpg

*他の「西宮日本酒学校」の記事はこちら!

灘五郷の歴史を感じる【西宮日本酒学校 第一講】
https://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2018ogob/30707/

みんなで楽しく飲むお酒は格別【西宮日本酒学校 第三講】
https://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2018ogob/30709/

玉砕でした...【西宮日本酒学校 第四講】
https://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2018ogob/30710/

知らなかったことを知った日々【西宮日本酒学校 修了式】
https://www.hankyu.co.jp/ekiblo/2018ogob/30711/

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。