現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

あにーの「ぽてぽてランナーの沿線散歩」

ご褒美ランチ目指して今日も走ります!

趣味

六甲縦走の途中でちょっと六甲ミーツアートに立ち寄ってみる

山歩きにいい季節になってきましたね。
六甲山では、11/11(日)23(金・祝)には神戸市六甲全山縦走大会10/20(土)~21(日)には究極の草レース六甲キャノンボールランが開催の予定になっています(どちらも参加したことありますよ)。


六甲ミーツアートは昼間だけでも37の作品で盛りだくさんで、1日で全部をまわるのは結構大変なのですが、通りすがりに無料で見ることのできる作品もいくつかあります。
ということで、六甲縦走のついでにちょっと寄り道して、六甲ミーツアートのエッセンスを感じられるプランを考えてみました。



六甲縦走は基本、塩屋か須磨浦公園がスタートで西から東へ六甲山を縦走するので、まずは記念碑台へ。
ピンクの階段を登っていくと、

20181013-112.jpg作品No.3 ロッキングライフ(佐川好弘)が目に飛び込んできます。
人生や希望を上手く乗りこなせるでしょうか?
(この日、雨が降っていたのですが、ビジターセンターの方がわざわざ乗れるようにとタオルで拭いてくださいました、ありがとうございました)


そのお隣には、穴の開いた岩がゴロゴロ。
作品No.4 石の音を聴く(黒川岳)

20181013-102.jpg

穴に耳を近づけてみると、何かの音が反響して聴こえます。
この日はお天気も悪かったし風の音だったのかな?


せっかく記念碑台まで来たから、「標石101」やグルームさんにも会っていってくださいね。

20181013-104.jpg

<プランA>
記念碑台から、縦走路は六甲小学校の方の緑色の道に入っていくのですが、アスファルトの道路をそのまま真っ直ぐ西へ進みます。
と、六甲オルゴールミュージアムにたどり着きます。

駐車場の脇を入っていくと、
作品No.5 神々の庭(新山浩+神戸市立科学技術高校)が。

20181013-070.jpgこの作品、水に浮かんでいるので自然の風でそれぞれのモチーフが静かに動くのですよ。本当になんとも神々しかったです。


さて、オルゴールミュージアムの建物を正面に見て左側の小径を進みます。この道、高山植物園の下側の駐車場まで歩いて抜けることが出来ます。
作品No.12 画像華麗無限周期(梅沢和木)

20181013-071.jpg20181013-073.jpg坂道を上っていくと、次々に作品があらわれてきます。緑の中に大きくて迫力のある作品が並んでいるのでここ好きなエリアです。
(春の六甲フォトグラフィックガーデンに来た時もこのエリアはとっても素敵でした)


<プランB>
記念碑台から、信号を渡って六甲ケーブルの六甲山上駅の方に進むとまた別の作品に会えます。

1kmほど下って、六甲山上駅へ。
駅舎の中に入ってみると、

作品No.1 金平糖ハウス(川上和歌子)

20181013-113.jpg20181013-116.jpgインコ、めっちゃいますw
そして密かに時計に顔になってるのが気になる、これは作品の一部なのか?デフォルトなのか?


さて、お隣の天覧台へ。
TENRAN CAFEのテラスには、
作品No.2 動物たちも景色を見ている(笠井祐輔)
が待っててくれるはずだったのですが、この前の夜にトラブルがありましてお留守でした

でももう大丈夫!
10/13(土)からまた展示が再開されていますよ。よかった~~~



プランA&Bともに、次に向かうは六甲ガーデンテラス

見晴らしのテラスには、
作品No.26 風の痕跡ー六甲山ー(鉾井喬)

20181013-007.jpg羽が回ることによって、真ん中に置かれている石にその痕跡が刻まれていってます。


最後は、六甲有馬ロープウェー六甲山頂駅へ向かいます。

作品No.31 ビーチライン(厚地朋子)

20181013-144.JPG六甲山頂駅までの道々にたくさん並んでます。


さて駅舎に到着。
入るとすぐに待ってるのが、

作品No.32 向き合う人(志茂浩和)

20181013-018.jpgこの箱の反対側も是非見て欲しいです。

2階へ。
乗り場の方に進むと、

作品No.33 忘れられた画家(ユアサエボシ)

20181013-017.jpgこれ、ユアサエボシさんの略歴設定。で、この架空の設定の画家さんの再制作された作品が飾られている、と。


<番外編>
六甲縦走ルートからはずいぶん外れますが、グランドホテル六甲スカイヴィラのロビーでも作品が見られます。

作品No.34 salamander(井上裕起)

20181013-121.jpg
六甲ミーツアート、ささっとご紹介しただけでもこれだけの作品を見ることが出来ます。


他の作品ももっと見たい!という時には、有料会場にお得に入場できる鑑賞チケットが販売されています。
全ての有料会場に入場し、作品を鑑賞できます(各有料会場とも会期中1回に限り入場可、利用当日は再入場可)
全作品の地図、グルメ・ショッピング情報を掲載した周遊マップ付き(会場にてお渡し)


当日券は、大人2,000円ですが、阪急電車の主要駅などでは当日割引券もあります(こちらは大人1,700円)。
チケットについて詳しくはホームページを(→こちら

37もの作品がたくさんの会場に分かれているので、たっぷり一日、自然の中のアート楽しめますよ~




六甲ミーツ・アート芸術散歩2018

2018年9月8日(土)~11月25日(日)

ホームページ

会場:六甲ガーデンテラス、六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、
六甲ケーブル(天覧台)、風の教会(グランドホテル六甲スカイヴィラ)、記念碑台(六甲山ビジターセンター)、TENRANCAFE

阪急六甲駅から神戸市バスで六甲ケーブル下駅へ。
六甲ケーブルで六甲山上駅へ。
各施設へは六甲山上バスで。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。