現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

真夏の芦屋川サイクリング〜業平橋から芦屋浜へ〜

20180725-1.JPG7月21日土曜日。芦屋3大祭りのひとつ、サマーカーニバルの花火大会を見ることができなくなってしまい、悔しさを紛らわすために芦屋浜を見に行こうと思い立った昼下がりです。幸い海を撮るには絶好の天気。阪急芦屋川を下車。ホームから眺める芦屋川はきれいですね。

20180725-2.jpg下車してちょっと山側へ寄り道をして衝撃の事実に気が付きました。え、レンタサイクルあったんですか?しかも無料。しかも違う駐輪場で乗り捨て可能。早速手続き。まず運転免許証や保険証といった身分証明できるものを提示。そして保証金の2000円を支払いますがこれは自転車返却時に返ってきます。必要事項を書類に記入、おおよその返却時間を伝えて手続き終了。芦屋川散歩が急遽サイクリングに変更です。

20180725-7.JPG慣らし走行のため少し山側へ移動。桜橋に覆いが被せられていました。前回の大雨がありましたから修繕に入るのでしょうか。台風シーズンもありますからしっかりとリフレッシュしてほしいですね。

20180725-6.JPG山を見上げるとヨドコウ迎賓館の覆いが撤去されてその姿を現していました。ようやく芦屋川山手のランドマークが帰ってきましたね。2016年11月から約2年間の改修工事に入りますということでしたから、順調に行けば年内に公開されるはずなのですが。私がこのブログを担当している間に公開してほしいです。さてサイクリングに出発しましょう。

P7210032.JPGまずは川沿いに一気に南下。下り坂なので快適です。国道2号線の業平橋で停車。山側を望みます。いつもの景色、いいですね。芦屋川を何度も取り上げていましたが、大体ここまでなんですね。ということで今回はここから。

20180725-3.jpg

まずは業平橋のすぐ南側にある芦屋市商工会館さんで芦屋の広報誌などで情報を頂いていきます。平日であれば市役所で頂くのですが、土・日はこちらで頂きます。

20180725-7 (1).JPG芦屋川松風通りを南下してまずたどり着くのが芦屋川南部のランドマークカトリック芦屋教会。1956(昭和31)年築。設計は住友系列のビルを多く手掛けた長谷部鋭吉さん。このブログを書くために長谷部さんを調べたところ、え、あの建物見たことある〜の連続でした。ただほとんど失くなっちゃたんで残念ですが。とにかくきれいな教会です。

20180725-8.JPG

内部を見せていただきました。ステンドグラスの効果で青い光が聖堂を包んでいてとても心の落ち着く空間に仕上がっていました。側面を柱が支えていて、そこから天井にアーチ状の梁が続いていくわけですが、この柱のひとつひとつにはキリストの生涯を表すレリーフが掲げられていて続きもののストーリーとなっています。他にも見どころはたくさんあるのですが、今回はサイクリングなので先へ進みます。

20180725-9 (1).JPG

もう少し南下して阪神芦屋駅のすぐ北側にある芦屋警察署。1927(昭和2)年に竣工した立派な建物でしたが、1995年の阪神淡路大震災と老朽化のため2001年に建て直されたのですが、この入口部分だけは保存されたんです。しかも嬉しいことにこの入口部分の雰囲気を残しての建て直しだったので、違和感をあまり感じないんですね。兵庫県公館のように迎賓館ではなく日常のオフィスとして使用するので老朽化したままでは苦しいですから建て直しは致し方無いのですが、このようにうまく保存してくれるのは近代建築好きのじーねことしては恐悦至極でございますよ。

20180725-9.JPGアーチの上部には愛らしいミミズクが通行する市民たちをじっと見守ってくれていますよ。ミミズクは「夜警」の象徴なんです。芦屋川南部を代表するこの2つの近代建築はもっと紹介していきたいですね。しかし今回はサイクリングなので先に進みます。

20180725-10.JPGそして芦屋浜に到着。どうですか、この景色。気分は若大将ですよ。お〜れの、う〜みよ〜です。ちなみに先日の大雨の影響で木くずがたくさん流れ着いていました。これ清掃のボランティアがあったら参加したいな。

20180725-12.JPG

深江大橋が見えますね。その橋を渡って左側が神戸東部第4工区。須磨の高倉山の土を持ってきて埋め立てたんですよね。主に食品工場が並んでいるのですが、その中に東灘高校という公立高校があるという変わった埋立地。毎年3月になると東洋ナッツさんがアーモンドフェスティバルというアーモンドのお花見祭りを催しており例年たくさんの人が訪れます。さらに新神戸大プールという・・・おっと、今回はサイクリングでした。先に進みましょう。

20180725-11.JPGあれはレンタルすると高くつきそうですね。しかし見ているだけでも気持ちいいですよ。頭のなかでベンチャーズのダイヤモンドヘッドが頭のなかに流れて離れません。さて先に進みましょう。テケテケテケテケ〜。

20180725-13.JPG

しおかぜ大橋をちょっと渡ってお馴染み芦屋浜シーサイドタウンを撮影。もはや芦屋浜だけでなく芦屋のランドマークタワーです。1979年から1982年にかけて完成させていったようですね。しかしどこから見てもすごい存在感があります。

20180725-14.JPG再び芦屋川河口に戻ってそこから臨港線を東へ。ここは防潮堤の跡地を道にしていて自転車の通りやすい幅になっています。快適です。4月の芦屋さくらファンランでも走る道。そこにこのようなりんごの樹が植えてあるのは気が付かなかったです。説明書きによると復興の希望のシンボルとして育てていて収穫期にはりんご狩りを楽しんでもらい、子どもたちやお年寄りに配っているそうです。大事に育ってほしいですね。収穫期にぜひ見てみたいな。さて先に進みましょう。

20100725-16.jpgさらに進むとこのような巨石が無造作に置かれています。ぼーっと自転車に乗っているとヒヤッとさせられます。「徳川氏大阪城石垣刻印石」と書いてありましたが、説明板の印字がかすれていてうまく読めませんでした。ハズキルーペがほしいです。芦屋を歩いていると興味深い石がゴロゴロ転がっているので要注意です。

20180725-4.jpg宮川を北上して阪神打出駅へ向かう途中、すてきな表情をしたお地蔵さんに出会いました。駅前の幼稚園の側に鎮座なされていました。幼稚園の時期にこんなお地蔵さんと出会っていたら、信心深い大人になっていただろうな。これもまた興味深い石。芦屋は石の街です。

20180725-5.jpg阪神打出駅にて返却。約1時間半のサイクリングでしたが、爽快でした。時間があれば芦屋だけでなくお隣の西宮や神戸の東灘などまで足を伸ばすことは十分に可能ですね。返却場所としてはこの阪神打出駅、阪神芦屋駅、JR芦屋駅がありました。今度は違う駐輪場で返却してみようと思います。いやいやいいものを見つけました。これで取材のペースがぐっと早くなります。助かりますよ〜。ちなみにこれを利用したいと思う方にアドバイス。芦屋で自転車に乗るときは南北の動きには注意して下さい。今回のじーねこのように南下のみであれば快適ですが、北上は坂がきついのでかなり気合がいります。ルートをよく吟味した上でご利用ください。

   【芦屋レンタサイクル】

       利用時間:6時30分から20時まで

       利用料金:無料

       必要なもの:免許証、健康保険証、学生証など本人と確認できるもの

       申込み・問合せ:阪急芦屋川駅北自転車駐輪場管理事務所

               TEL:0797-22-1495 

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。