現在の運行状況

読み込み中...

まみの「好奇心日和」

阪急電車で満たす好奇心

沿線へお出掛け

<本願寺神戸別院>阪急電車まちあるき手帖

せっかくバーチャル駅長に選んでいただけたので、まだ降りたことがない駅や行ってみたかった場所に行ったり、お気に入りのお店などをご紹介していけたらと思っています。
もちろん、まちあるき手帖を相棒に。
自分の好奇心がぎゅっと詰まった阪急電車まちあるき手帖になりますように。

P8030002.JPG異人館巡りも南京町も好きですが、本願寺神戸別院はひときわ異彩を放っていて、思わず引き込まれてしまいました。

阪急電車まちあるき手帖にモダン寺と紹介されていましたが、あまりピンとこなかった私。
実際見に行って唖然としました。
お寺というよりもお城や洋館みたいです。
「本当にここ?」と疑ってしまったほど。
広さはもちろんのこと、その外観を知らなけられば絶対お寺だと気が付かないと思います。

地元の方はモダン寺と呼んで親しまれているそうですが、私はそんなに気安く呼べない...
それほどのお寺でした。

P8030004.JPG
寛永16年に善福寺と寺号を授与された本願寺神戸別院は、大正6年の火災により焼失してしまいました。
昭和5年に建物が完成しましたが、インド仏教様式デザインは日本初。
鉄筋の大寺院のため戦災も免れました。

後に老朽化で全面改築して今の姿になりましたが、モダン寺の面影は残っています。
ステンドグラスの飾り窓やブロンズ像は必見です。

P8030006.JPG
3階の本堂も見学させていただけるので行ってみたら、こちらもすごい!

写真NGの看板等は見ていませんが、なんだか恐れ多くて撮れませんでした。
こちらはパンフレットですので、実物をぜひその目でお確かめください。

IMG_2663.jpg
名前を見て関連があるのかなと思っていましたが、なんと京都の西本願寺の本山直属なのです。
西本願寺とのあまりの見た目の違いに驚きました。

絶対びっくりさせられるお寺。
夏の濃い思い出が作れました。

<本願寺神戸別院>
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通8丁目1-1
アクセス:神戸高速鉄道東西線「花隈駅」より徒歩1分
HP:https://hongwanji-kobe.jp/

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。