現在の運行状況

読み込み中...

まみの「好奇心日和」

阪急電車で満たす好奇心

沿線へお出掛け

<鹿王院>京都小旅

阪急沿線を離れて、京都小旅(こたび)をしてきました。

PC270071.JPGこちらに行きたくて今回の京都小旅を計画しました。
雨でだいぶ計画が崩れてしまいましたが、1番の目的は達成できたので良かったです。

嵐山・嵯峨野エリアですが穴場ということもあり、比較的ゆっくりと見れるお寺で、参道も庭園も独り占めすることができました。
雨だった上にあられまで降ってきたことも理由の1つだったとは思いますが...

「鹿王院」は臨済宗系の単立寺院で、足利義満が創立しました。
1枚目の写真の総門と客殿には足利義満が書いた額が掲げられています。

PC270089.JPG
楽しみにしていた参道はこの時期少し寂しい印象ですが、新緑や紅葉の季節はとても美しいトンネルをくぐることができます。
住宅街にあるため静寂に包まれていて、日常の喧騒から離れるのに最適な場所です。

PC270075.JPG
また、京都市の名勝に指定されている庭園も見どころの1つ。
日本最初の平庭式の枯山水庭園と言われています。
嵐山を借景としていて見事な庭園でした。

PC270088.JPG
手前は舎利殿で中に入ることができます。
閉まっていますが自由に入ることができるので、絶対に入ってくださいね。
参道や庭園を楽しみにしていた私でさえ、こちらが1番印象に残っています。

鎌倉幕府 第3代征夷大将軍の源実朝が宋から招いた「仏牙舎利(釈迦が火葬された際の遺骨)」が多宝塔に安置されています。

PC270096.JPG
天井には「雲龍図」が描かれていて、壁には「十六羅漢図」の掛け軸が掛けられているので必見です。

PC270099.JPG
思っていた以上に素敵な場所でした。
次は大好きな新緑の季節に行ってみたいと思います。

<鹿王院>
住所:京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
時間:9:00~17:00
アクセス:京福電気鉄道嵐山本線「鹿王院駅」より徒歩4分

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。