現在の運行状況

読み込み中...
趣味

兵庫県立美術館『宝塚歌劇100年展』蘭寿とむさんトークショーリポート!

トッコッコー!(トッコもタカラジェンヌになりたいな~drama


さてさて。阪急沿線のタカラヅカスキーの皆様おまちかね。
『宝塚歌劇100年展』が8月5日(火)、兵庫県立美術館にて始まりましたヨsign01

 

100th_01.jpg
▲巨大なカエルのオブジェが目印の兵庫県立美術館

100th_02.jpg
▲入り口には華やかな宝塚歌劇展のパネルが。ワクワクしてきます!



会期中は、宝塚歌劇団の卒業生や現役生をゲストに迎えてのトークショーが企画されていますが、
展覧会初日のゲストは、今年5月に退団されたばかりの元花組トップスター・蘭寿とむさん。

午前・午後の2回分合わせて全国から約3,000件もの応募があったという
このスペシャルなイベントにトッコが潜入してきましたhappy02


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


たくさんのお客さまが見守る中、トークショー会場に現れた蘭寿とむさん。

男役さんだった頃のようなマニッシュなコーディネートに、
少し長くなった髪が柔らかな印象をプラスしていて素敵ですhappy02heart04


100th_03.jpg


トークショーに先立って開会式に出席され、展示もすでに見てきたそうで、
展示品のひとつであるシャンシャンが会場に届けられると、
持ち方や角度の見本を見せてくださいました。


100th_04.jpg
▲さすが、なにげに持ってもキマります。


会場の冒頭に飾られたご自身の退団公演である『ラスト・タイクーン』パネル展示を見て


「3カ月前に舞台に立っていたのが嘘みたいで(笑)、懐かしいような感覚がありました」


と感想を教えてくれた蘭寿さん。

そこからさらに遡り、音楽学校時代から初舞台、新人公演・・・と
さまざまな質問をされるたび、記憶を辿ってその頃に立ち返るように、
実感を込めてひとつひとつ丁寧に答えてらっしゃいました。

初舞台のロケット(ラインダンス)については


「“とにかく気持ちをひとつにがんばろう”って。
 花道からはけると、(蘭寿さんたちの初舞台公演だった)月組のみなさんが拍手で迎えてくださって。
 すごく感動して、みんなで泣いちゃいました。

 温かいところだなあ、とその時すごく思いました」


タカラジェンヌさんたちにとって、同期生全員で舞台に立てる最初で最後の公演ですものね。

そんな蘭寿さんの新人公演初主演は花組『ミケランジェロ』。


「本当にうれしかったです。
(新人公演主演は)一度はやりたくてずっと憧れていたので、
とにかく全力でやろう、という思いでいっぱいでした。
芸術家ミケランジェロの役は、自分自身の情熱を、役としての情熱に重ねて、
その気持ちをぶつけて取り組んだ記憶があります」


主演の方の衣装を着られるのも新人公演ならではの体験。
 

「素敵な衣裳で、仕立てもすばらしくて、それを着られることがすごくうれしかった」


そんな宝塚歌劇が誇る美しい衣装の数々を、今回の『宝塚歌劇100年展』では間近で見ることができるんです!
しかも、一緒に写真cameraを撮れるコーナーも!
「私も撮ってきました!」と、『ベルサイユのばら』コーナーで撮影したことを笑顔で話す蘭寿さん。


「オスカルとアンドレ、やっぱりアンドレかな、とアンドレのほうで撮りました(笑)」


蘭寿さんが月組公演『ベルサイユのばら』特別出演で演じたアンドレ、トッコも観に行きました。
すごーく包容力があって男気溢れるカッコいいアンドレでしたよねheart04
 

100th_05.jpg


2011年に花組のトップスターとなった蘭寿さん。
フィナーレで劇場中を見渡してのご挨拶のときにはどんなことを思っていたのかを尋ねられ、


「二階の端のお客さままで思いが届くように、と思っていました」


とお答え。

今回のトークショーは、会場の外で中継で見られていたお客さまもいらっしゃったのですが、
時折(中継の)カメラに向かって「みなさん見てますかあー?」と笑顔を向けるやさしいお心遣いからも
その思いがすごく納得できたトッコでしたconfident


その後も、会場からさまざまな質問が。

「今でもついしてしまう男役の癖は?」 と聞かれると、


「脚を広げてしまうことでしょうか(笑)。このほうが自然なんですよね。
いまもずっと脚を閉じて座っているのがちょっと大変なんです(笑)」



と笑いながら男らしく脚を開いてみせる蘭寿さん(オトコマエ)。

「退団後、宝塚歌劇を客席から観ての感想は?」 という質問には…


「明日海りおちゃん主演の花組中日劇場公演『ベルサイユのばら』を観に行ったんです。
彼女たちのことを、今までずっと背中で感じていましたが、
客席から観られて、みんながすごく輝いている姿が本当にうれしかった。
これは私しか感じられない喜びなんじゃないかな、と思って、
本当に涙が出そうなほどうれしかったです」



ほかにも、退団後に訪れたパリでアンドレア・シェニエのお墓を訪ねたことや、
退団後初めて電車に乗ったエピソードも。


「PASMOを買いました!(笑)
タクシーやコンビニでも使えるので、ドキドキしているのに、いつもやっているみたいな顔をして
“PASMOでお願いします”って店員さんに伝えたり(笑)。
すごく新鮮なんです!」



日常の一つひとつの出来事を、純粋に受け止めて楽しんでいる様子が伝わってきました~。


100th_06.jpg
▲店員さんにPASMOビギナーだと気取られぬようプチ演技をするなんて、蘭寿さんたらかわゆいcatfaceheart01


そんな蘭寿さんが、9月には退団後初の舞台となるダンス公演『ifi』に主演されます!


「ダンス公演ですが、ストーリーがあって、私は映画監督としてバリバリ働く女性の役。
香盤を見たとき、『あ、そうだよね、男役じゃないんだ
って(笑)。
外国からもたくさん、すばらしいダンサーの方々が出演してくださいます。
いま振付を受けている最中ですが、あまりのレベルの高さに驚いています(笑)。
みなさんと一緒に楽しいものをつくれたらいいなと思っています」



AパターンとBパターン、別々の結末が用意されているというこの公演。
チラシも男役らしいものとドレスを着たフェミニンなものの2種類があります。
(どんなビジュアルなのかは、公演ホームページをご覧くださいね)


フェミニンなバージョンについては、撮影のとき自分自身のスカート姿にまだ違和感があったそう。


「サイボーグ人間みたいですよね(笑)。
作品の中で、自分の役ではない別の役に変身して
いろんなナンバーを歌い踊るシーンもあるので、楽しみにしていてください!」



うわ~!公演がいまからとっても楽しみですねhappy01note


終始和やかな笑顔で、楽しいエピソードをたくさん披露してくださった蘭寿さん。

そんな蘭寿さんの言葉には、宝塚の男役を全身全霊で務めきった清々しさ、
そして新しい世界へと心躍らせながら羽ばたいていこうとする希望の光が射しているように感じられて、
トッコはお話を聞きながらジーンweepとしちゃいました。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


そうそう!蘭寿さんにポーッlovelyとなっているばかりではいけません!
見どころいっぱいの『宝塚歌劇100年展』の内容も、特別にちょっとだけみなさまにご紹介!


100th_07.jpg
▲これが美術館3階の『宝塚歌劇100年展』入口なのです。
ちなみにワタクシはボケているのではありません。興奮のあまり高速で震えているのです(真顔)。

100th_08.jpg
▲(左)舞台装置の模型やデザイン画。
(右)蘭寿さんが持ち方見本を見せてくれたバラのシャンシャンをはじめ、様々なシャンシャンも展示されています。


100th_09.jpg
▲100周年の間に在籍された歴代スターたちのポートレイトや舞台写真もたくさんありました!


100th_10.jpg
▲会場内には、こんな薔薇のアーチも。

100th_11.jpg
▲オスカルの部屋発見!この展示をはじめ、写真撮影ができるコーナーもあります!

100th_12.jpg
和装(写真上)から、1993年星組公演『PARFUM DE PARIS』(写真下・右2点)、
2003年月組公演『シニョール ドン・ファン』のコシノヒロコさんによる衣装(写真下・左2点)まで、
宝塚歌劇の衣装のバリエーションの豊かさも実感できます。


100th_13.jpg
▲舞台小道具も随所に。さて、これは何の公演でしょう?

100th_14.jpg
▲大階段の前で、トップスターさんの衣装と一緒に羽を背負って記念撮影ができます!
(何度もいいますが興奮でブルってるのです)


100th_15.jpg
▲現トップスター6人が大階段前に勢ぞろい。



『宝塚歌劇100年展』は9月28日まで開催中。

何時間でも費やしたくなってしまいそうな大充実の展示内容です。
みなさまぜひ足を運んでみてくださいね!

絶対トッコもまた行きますwink


-------------------------------

『宝塚歌劇100年展 夢、かがやきつづけて』

開催期間/8月5日(火)~9月28日(日)
会場/兵庫県立美術館
※阪急王子公園駅下車 南西へ1.4km、
または阪急神戸三宮駅から市バスのりかえ県立美術館前停下車すぐ
料金/一般1,300円
開館時間/10:00~18:00 (特別展会期中の金・土曜は~20:00)
休館日/月曜休
お問い合わせ telephone078・262・0901

◎詳しくはこちらから

-------------------------------

蘭寿とむさん退団後初出演!
『ifi(イフアイ)

開催期間/9月26日(金)~9月28日(日)
会場/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
料金/全席指定10,800円

◎公演について詳しくはこちらから

-------------------------------

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。