現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

梅子の「阪急沿線行ったり来たり お散歩ブログ」

大好きな阪急沿線を行ったり来たりして、ステキな時間を探しに行こう!

沿線へお出掛け

幕末の志士、龍馬の魅力!『特別展覧会 没後150年 坂本龍馬』

坂本龍馬が京都で亡くなってからおよそ150年。

京都国立博物館『特別展覧会 没後150年 坂本龍馬 』に行ってきました〜

 

 

IMG_1920_Fotor-20161123_1.jpg 

 

 

龍馬といえば幕末の志士でおなじみの、日本で最も人気のある歴史上の人物のひとり。

今回の展覧会では、残された数々の遺品や直筆の手紙から、龍馬の人柄や人間的魅力に迫っています。

 

 

IMG_1923_Fotor-20161123_2.jpg 

 

意外に筆まめだった龍馬は140通余の書簡を残しています。

土佐の家族や友人への手紙は、その内容から龍馬の人柄を感じる内容。

幕末に交流のあった有名な人物の書簡も展示してあって、幕末の人と人の交流が面白いです。

ドラマに出てくる歴史上の人物との交流が、直筆の手紙で残っているのが面白いですね。

手紙の中には意外な人物、五代友厚の名前も出てきました。

歴史って面白い。

龍馬の時に大胆、大雑把とも感じる文章。

かと思えば友人の母をも気遣うような細かな心配り。

特に姉乙女への手紙は他の人への手紙とは違うユーモアあふれる手紙で、心から乙女を慕っていたことも感じます。

乙女への手紙の中には、龍馬の名言『日本を洗濯致したく候』の文も。

最近新しく発見されて今回初展示となった20代前半に書いた手紙は、現存する一番古い(若い時に書いた)手紙ですが、御礼状のような内容で、面白いことに展示の中でも一番丁寧にきちんと描かれたように見えました。

文章はその人をあらわしますね。

 

 

他には龍馬の刀や紋付、近江屋の二階で亡くなった時に部屋にあった掛け軸と屏風。

その時の血が飛び散っているものが展示してありました。

その時の情景を見ていた掛け軸と屏風です。

 

龍馬がどこか映画やドラマの人物だったのが、血染の掛け軸と屛風で急にリアルに感じられてきました。

ドラマじゃなくて、本当にあったことなんだなって。

一応頭ではわかってたはずなんですが・・・。

 

 

龍馬の魅力を感じることのできる展覧会。

ぜひ、この機会に行ってみてください

 

 

IMG_1926_Fotor-20161123_3.jpg 

 

京都国立博物館

『特別展覧会 没後150年 坂本龍馬 』

10/15(土)〜11/27(日)

【公式HP】http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。