現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

不動産事業本部の環境への取り組み

安全・快適・環境の取組みTOPへ

阪急電鉄不動産事業本部では、オフィスビルや商業施設の空調設備等に省エネルギーシステムの導入を進めるほか、ビルの緑化や自然エネルギーの利用にも積極的に取り組んでいます。また、商業施設を中心に環境啓発活動にも取り組んでいます。
マンション事業においても、阪急不動産を中心に環境に配慮した取り組みを実施しています。

NU chayamachiプラス

大規模な壁面緑化とLED照明等の採用により、来街者にやさしく環境に配慮した商業施設を目指します。

詳細はこちらをご覧ください。

NU chayamachiプラス

NU chayamachiプラス

梅田阪急ビル

最新の高効率空調熱源機器の採用と、インバーターによる空調機やポンプ、エレベーターの制御などにより、省エネルギー化を図る設計となっています。CASBEE大阪(大阪市建築物総合環境評価制度)で最高位のSランクを取得しています。

詳細はこちらをご覧ください。

梅田阪急ビル

梅田阪急ビル

阪急西宮ガーデンズ

スカイガーデン等の屋上緑化や壁面緑化を積極的に採用し、ヒートアイランド現象の軽減に努めるとともに、太陽光発電パネル等、自然エネルギーの活用を図っています。また、廃棄物を20種類に分別処理することにより、3R(※)を推進しています。

屋上スカイガーデンは、2010年に財団法人都市緑化基金の主催する「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」に選ばれています。

2015年に環境配慮・地域貢献・文化/歴史への配慮・インバウンド対応に優れたビルとして評価され、日本政策投資銀行(以下:DBJ)による評価認証制度において「DBJ Green Building 認証」を取得いたしました。

※3R
Reduceリデュース:発生抑制(減らす)
Reuseリユース:再利用(繰り返し使う)
Recycleリサイクル:再生利用(再資源化)

詳細はこちらをご覧ください。

屋上スカイガーデン

屋上スカイガーデン

HEP FIVE

太陽光発電システムを取り入れ、クリーンな自然エネルギーを観覧車のライトアップに利用しています。
また、メインエントランスに夏場のヒートアイランド対策のため、ドライミストを設置しています。

2015年に環境配慮・地域貢献・文化/歴史への配慮・インバウンド対応に優れたビルとして評価され、日本政策投資銀行(以下:DBJ)による評価認証制度において「DBJ Green Building 認証」を取得いたしました。

  • HEP FIVE イメージ1
  • HEP FIVE イメージ2

    太陽光発電

  • HEP FIVE イメージ3

    ドライミスト

阪急グランドビル

夜間電力を利用した水蓄熱システムを採用、また空調熱源を高効率なシステムへ改修するなどにより、年間約30%の消費エネルギーを削減しました。空調以外にも、エレベータの設備機器の更新等を行い、大規模な省エネルギーに取り組んでいます。

  • 阪急グランドビル イメージ1
  • 阪急グランドビル イメージ2

空調システム 写真左:ガス吸収式冷温水発生機  写真右:インバーターモジュールチラー

LED照明

阪急三番街をはじめ、各施設においても順次LED照明への切替を行い、消費電力の節減に取り組んでいます。

  • LED照明 イメージ1

    阪急三番街

  • LED照明 イメージ2

    阪急千里中央ビル

啓発活動 ~「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ2016」の開催

阪急電鉄も参画する1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ2016実行委員会が主催するもので、年に一度の夏の日に茶屋町エリアの企業、地域団体及び行政が集い、新たに取り組む活動です。茶屋町を担う人々が、お店のあかりを消してキャンドルの灯りでまちをつなぎます。

  • キャンドルナイト イメージ1
  • キャンドルナイト イメージ2

茶屋町地区でのキャンドルナイト

啓発活動 ~「梅田ゆかた祭」における打ち水イベントの実施

夏の梅田地区のエリアイベント「梅田ゆかた祭」において、お客様参加型の打ち水を実施。梅田地区に集う人々の環境問題への関心を深めるきっかけとして実施しています。

  • 梅田ゆかた祭 イメージ1
  • 梅田ゆかた祭 イメージ2

NU chayamachiでの打ち水

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2