現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

隠れた京焼 – ファインセラミックスの世界 –(京都陶磁器会館)

新年最初の展覧会はいつもと趣向を変えた珍しい展覧会です。
普段はあまり意識されていないものの、私たちの生活を大きく支える「ファインセラミックス」の企画展示です。実物の展示やパネルでの解説をいたします。
弊館の運営母体である京都陶磁器協会は、作家・窯元・原料販売所等の有志の集まりによって構成される団体で、その中には電磁紡織器部という部会が存在しています。
この電磁紡織器とは、清水焼の関連産業として明治20年前後に、碍子製造より始まり、明治期末には水力発電開始事業の活発化に伴い、電気機器用の陶磁器を製造し始めました。明治39年には松風嘉定が松風陶器合資会社を設立し、京都陶磁器試験場長 藤江永考、京都大学教授工学博士 小木虎次郎などの援助により、普通高圧碍子の研究に成功、ついで特別高圧碍子を製造し始めました。
これにより、京都の電磁器製造は一躍名声を博し、海外輸出を行うまで成長しました。
この成功に刺激され、他産地でも一般の陶磁器製造から転業・兼業する者が現れましたが、京都は群を抜く高品質でした。
大正期に入り、第一次世界大戦による内需の拡大に伴い、電磁器の需要は大きく高まり、京都の陶磁器業界における影響力も大きくなっていきました。第二次世界大戦下においては、京都陶磁器統制組合が設立され、原料や燃料、又、それらの運搬などの配給を行う組合にも、多くの電磁器製造業者が参加し、高級品が否定され多くの作家・窯元が苦しんでいた、京焼の暗黒期を支えてきました。
弊協会は、旧統制組合の資産を母体とし、京都の陶磁器業界の普及進行のための事業を行う為、昭和28年に設立されたもので、その構成員として電磁器紡織器を製造する者が加入している、全国でも稀有な陶磁器関連団体です。
古くは明治期より、京焼と共にあった電磁紡織器ですが、現在は、「京都」や「京焼」とのイメージから離れてしまっています。そこで、本展では京都より発信されている、隠れた京焼として紹介し、現代を生きる焼き物の知られざる姿をご覧いただければ幸いです。

■開催日時
2018年1月12日(金)~1月24日(水)
午前10時~午後6時

■休館日
木曜日

■場所
京都陶磁器会館

■料金
無料

■アクセス
阪急京都線・河原町駅下車、市バス東山回り207号で「五条坂」下車すぐ

■WEBサイト
http://kyototoujikikaikan.or.jp/event-page/%E9%9A%A0%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%BA%AC%E7%84%BC-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C/

大きな地図で見る

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2