現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

2019年 春季展「85周年記念 白鶴美術館の中国陶磁器 釉色への憧憬 ―宋時代を中心に―」(本館)「コーカサスの絨毯」(新館)(公益財団法人白鶴美術館)

(本館)白鶴美術館の中国陶磁器コレクションの多くは、創立者嘉納治兵衛正久(1862~1951)により大戦末期に寄贈されましたが、既に、茶会や昭和9(1934)年、開館二回目の秋季展から公開されてきたものです。
今回は、宋時代(960―1279)を中心に、それ以前の陶磁器を展示します。
本展が当館85周年記念となりました。作品陳列とともに当館における中国陶磁と展覧会について振り返ってみたいと思います。
(新館)言語のるつぼと称されるコーカサス。黒海とカスピ海に挟まれ、コーカサス山脈が中央に聳えるこの地は、世界で最も民族と文化が多様性に富むとされます。しかし、細部を観察しますと、生産地ごとの特徴をみることができ、絨毯においてもその裾野の広さを認めることができます。白鶴美術館には、コーカサス各地の絨毯が所蔵されていますが、この展覧会は、それらを一堂に会した地方ごとの違いを紹介する初めての試みです。

■開催日時
2019年3月5日(火)~6月9日(日)
午前10時~午後4時30分(但し入館は午後4時まで)

■休館日
月曜日(但し4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館、5月7日(火)を休館)

■場所
公益財団法人白鶴美術館

■料金
大人:800円、65歳以上・大学・高校生:500円、中・小学生:250円
(大人・大学・高・中・小学生団体20名以上は2割引)

■アクセス
阪急神戸線・御影駅下車、北東へ徒歩約15分

■WEBサイト
http://www.hakutsuru-museum.org/exhibition/

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2