現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません
阪急電車で祭りの中心へ 祇園祭 前祭後祭ガイドブック スケジュールや祭り見物の裏技も紹介 ※掲載情報は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。
  • 前祭MAP 7月14日(金)〜17日(祝)
  • 後祭MAP 7月21日(金)〜24日(月)

前祭MAP

宵山では、23基の山鉾に駒形提灯が灯され、通りに露店が立ち並ぶ。15・16日の夕刻以降は、阪急烏丸駅一帯が歩行者天国に。都大路をはらい清めるための山鉾巡行の後、神幸祭が行われる。

宵山

7月14日(土)〜16日(祝)

阪急烏丸駅下車すぐ

※7月14日は、歩行者天国はありません。

  • 2024番出口は17:00〜23:00の間、下り専用です。
  • 22番出口は18:00~23:00の間、上り専用です。

※降雨時は19202325番出口は下り専用となります。

※混雑時は21番出口は上り専用となります。

山鉾巡行

7月17日(火)9:00〜

阪急烏丸駅または阪急河原町駅下車すぐ

  • 25番出口は混雑時は下り専用になります。
  • 9番出口は12:00〜最終まで閉鎖します。
  • 11番出口は注連縄切り終了まで下り専用です。
  • 1316番出口は8:00〜最後の山鉾が通るまで下り専用です。

※地図内に掲載されている情報は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。

前祭 山鉾一覧 ※順不同

長刀鉾 函谷鉾 鶏鉾 菊水鉾 月鉾 放下鉾 船鉾 岩戸山 保昌山 山伏山 占出山 霰天神山 郭巨山 伯牙山 芦刈山 油天神山 木賊山 太子山 白楽天山 綾傘鉾 蟷螂山 四条傘鉾 孟宗山

お気に入りの手ぬぐいを探してみよう!

各山鉾町の会所で授与される手ぬぐい(有料)は、町によってデザインがさまざま。古典的な絵柄からポップなデザインのものまで、個性豊かな絵柄が展開されていて人気も高い。毎年同じデザインの町もあれば、違う町も。各町の山鉾を訪ね歩いて、手ぬぐいを集めるのも楽しい。

お気に入りの手ぬぐいを探してみよう!

凡例

山鉾巡行順路/辻廻し観覧スポット/各鉾の位置/各山の位置/コンビニエンスストア/公衆トイレ/阪急駅出口番号/地下鉄駅出口番号

祭り見物の裏技

混み合う駅を避けて、歩いて祭りの中心地へ

前祭の宵山や山鉾巡行などの混雑時は、駅から出るのも一苦労。前後の駅を利用し、歩いて行くのもオススメ。例えば阪急烏丸駅への往復なら、阪急大宮駅や河原町駅を利用すれば徒歩約20分ほどで到着。

前祭の宵山は歩行者天国も実施!

前祭宵山の15日・16日では、MAPのエリアで歩行者天国(18:00~23:00)を実施。車の通行が規制されるので歩きやすく、エリアでは露店グルメを片手に山鉾めぐりができる。四条通を中心に歩行者一方通行があるので、気をつけて進もう。

後祭MAP

後祭の宵山は露店の出店もなく、落ち着いた雰囲気。24日の巡行ルートは前祭と反対で、くじ取らずの大船鉾が最後を飾る。華やかな花傘巡行にも注目したい。

宵山

7月21日(土)〜23日(月)

阪急烏丸駅下車すぐ

※後祭の宵山期間中、露店・歩行者天国はありません。

山鉾巡行

7月24日(火)9:30〜/10:00〜

山鉾巡行:阪急烏丸駅または阪急河原町駅下車すぐ
花傘巡行:阪急河原町駅下車すぐ

  • 25番出口は混雑時は下り専用になります。

※地図内に掲載されている情報は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。

後祭 山鉾一覧 ※順不同

橋弁慶山 北観音山 南観音山 鯉山 浄妙山 黒主山 役行者山 鈴鹿山 八幡山 大船鉾

粽の授かり方&返納の仕方ガイド

粽とは、八坂神社のご祭神・素戔嗚尊(スサノオノミコト)の故事に倣(なら)って作られた厄除け守りのこと。笹の葉で形成され、「蘇民将来子孫也」の護符がついているものが多い。京都では、各山鉾にちなんだご利益を持ち帰り、軒先などに飾るのが慣わし。1年経ったら八坂神社に返納しよう。宵山期間中は、返納箱が用意されている山鉾町会所もある。

粽の授かり方&返納の仕方ガイド

凡例

/山鉾巡行順路/花傘巡行順路/辻廻し観覧スポット/各鉾の位置/各山の位置/コンビニエンスストア/公衆トイレ/阪急駅出口番号/地下鉄駅出口番号

祭り見物の裏技

帰りの切符を事前に用意してスムーズに!

帰りの切符も事前に買っておくと便利(購入した駅からしか乗車できないので注意!)。また、券売機に並ばずに電車に乗れるPiTaPaなども活用すると◎。

駅出入口の情報もしっかりチェック!

混雑する時間帯や天候の状況によって駅の出入口が閉鎖されたり、利用が制限されることも。事前にしっかりとチェックしておこう(詳しくは「駅構内図」へ)。

7月は行事・神事が目白押し!祇園祭パーフェクトガイド

祇園祭の始まりは、7月1日から。
約1カ月間にわたり、京都の街ではさまざまな神事が繰り広げられている。
祭りの流れを理解することで、祇園祭がもっと深く楽しめるはずだ。

祇園祭の主なスケジュール

7月1日(日)
吉符入 ※非公開
2日(月)
くじ取り式 ※非公開
5日(木)
長刀鉾稚児舞披露(15:30~)
7日(土)
綾傘鉾稚児社参(14:30~)
10日(火)
前祭 山鉾建て(14日まで/各山鉾町)
お迎提灯(16:30~/八坂神社→四条通→本能寺→四条通→八坂神社)
神輿洗式(20:00~/四条大橋)
12日(木)
前祭 鉾曳初め(13日まで/各山鉾町)
13日(金)
長刀鉾稚児社参(11:00~)
前祭 山舁初め(15日まで/各山鉾町)
14日(土)
前祭 宵山(16日まで/各山鉾町)
屏風祭(16日まで/有志の町家)
17日(火)
前祭 山鉾巡行
神幸祭・神輿渡御(16:00~/八坂神社)
後祭 山鉾建て(21日まで/各山鉾町)
20日(金)
後祭 鉾曳初め 山舁初め(21日まで/各山鉾町)
21日(土)
後祭 宵山(23日まで/各山鉾町)
屏風祭(23日まで/有志の町家)
23日(月)
琵琶奉納(13:00〜/八坂神社)
オハケ清祓式(14:00〜/又旅社)
24日(火)
後祭 山鉾巡行(9:30~/御池通→河原町通→四条通)
花傘巡行(10:00~/八坂神社→京都市役所前→八坂神社)
還幸祭・神輿渡御(17:00~/四条御旅所→八坂神社)
25日(水)
狂言奉納(10:30~/八坂神社)
28日(土)
神輿洗式(20:00~/四条大橋)
31日(火)
疫神社夏越祭(10:00~/八坂神社境内・疫神社)

※吉符入、山鉾建て、鉾曳初め、山舁初めなどの行事日程は、山鉾町により異なります。
※屏風祭の日程は、各家(企業)により異なります。

1.祭りの幕開け
  • 吉符入(きっぷいり)

    7月1日から、各山鉾町で祇園祭の無事を祈願し、あわせて、諸事の打ち合わせが行われる。これが祇園祭始まりの合図。

  • くじ取り式(くじとりしき)

    山鉾巡行の順番を決めるのがこの行事。巡行の先頭を行く「くじ取らず」の長刀鉾に続く山は「山一番」と呼ばれ、縁起がよく名誉なこととされている。

  • 山鉾建て
  • お迎提灯
2.祭りの準備
  • 山鉾建て(やまほこたて)

    7月10日を過ぎると、通りのあちこちで山鉾を建てる様子が見学できる。山鉾が問題なく動くか確かめる、鉾曳(ひき)初め・山舁(かき)初めにも注目。

  • お迎提灯(おむかえちょうちん)

    神輿を迎えるため、約500名の行列が祇園囃子を奏でながら通りを巡行する。夜は、提灯の明かりが一帯を神秘的に照らし出す。

3.前祭
  • 宵山(よいやま)

    祇園囃子が鳴り響く中、通りには露店が軒を連ね、各山鉾町では粽をはじめとした縁起物が授与される。鉾によっては授与品の購入で鉾に上れることも。現在巡行を行っていない休み山・鷹山の会所では、現存する懸装品や御神体など、貴重な展示品を鑑賞しよう。

宵山
  • 山鉾巡行(やまほこじゅんこう)

    山鉾巡行は神輿が八坂神社に渡御する前の、露払いをするためのもの。「動く美術館」とも称される、豪奢(ごうしゃ)な装飾の山鉾が京の街を巡行する。長刀鉾による「注連縄切り」はもちろん、今年は胴懸(どうかけ)を新調した太子山も大きな見どころ。

  • 神幸祭(しんこうさい)

    祭りの中心となる神事。八坂神社の御祭神を乗せた3基の神輿が八坂神社を出発し、「ほいっと、ほいっと」という掛声の中、氏子地域を巡行。一行は夜遅くに四条寺町の御旅所に到着し、神輿は24日の還幸祭までその場に奉安される。

  • 山鉾巡行
  • 神幸祭
  • 花傘巡行
  • 還幸祭
  • 宵山/山鉾巡行(よいやま/やまほこじゅんこう)

    後祭の宵山は、露店もなくしっとりと落ち着いた雰囲気。山鉾巡行では、還幸祭に向け、後祭の山鉾が通りの露払いを行う。巡行ルートは前祭と反対回りになるので注意。

  • 花傘巡行(はながさじゅんこう)

    前祭と後祭の山鉾巡行が1日に統合されていた時代に、後祭に代わって行われていた神事。後祭が復活した現在も山鉾巡行と同日に行われ、総勢1,000人もの華やかな行列が通りを彩る。

  • 還幸祭(かんこうさい)

    神輿が御旅所を出発し、通りを巡行しながら八坂神社を目指す。深夜、八坂神社では御祭神の御神霊を社にお還しする遷霊式が静かに執り行われる。

4.後祭
  • 疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)

    八坂神社で大きな茅の輪をくぐり、無病息災を祈る。京都の各地で見られる夏越祭は、八坂神社の御祭神・素戔嗚尊の逸話に由来している。

5.締めくくり
  • 疫神社夏越祭

知ってる?そもそも祇園祭って?

  • 八坂神社のお祭り

    祇園祭といえば、大きな山鉾が次々と動く山鉾巡行を思い浮かべる人が多いかもしれない。しかし祭り本来の目的は、八坂神社の御祭神が神輿に乗って氏子地域を渡御すること。山鉾巡行は、神輿が渡御する前に、通りを露払いするために行われている。

  • 前祭と後祭

    前祭は神様が八坂神社から御旅所に渡御する神事であるのに対し、後祭は神様が八坂神社にお還りになる神事。一時期、前祭と後祭が統合されていたが、現在は祇園祭の伝統的な姿で開催されている。

  • 三基の神輿

    三基ある神輿には、それぞれの御祭神が祀られている。

    中御座(なかござ)六角の屋根に鳳凰を掲げた神輿。主祭神・素戔嗚尊を祀る。

    東御座(ひがしござ)四角形の屋根。素戔嗚尊の妻・櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)を祀る。

    西御座(にしござ)八角形の屋根。素戔鳴尊の8人の子ども・八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)を祀る。

八坂神社 境内自由 075-561-6155 ※阪急河原町駅下車 約10分

駅構内図 ※混雑時には、改札への入場制限をする場合があります。

阪急河原町駅

7月17日
  • 9番出口は12:00~最終まで閉鎖します。
  • 11番出口は注連縄切り終了まで下り専用です。
7月17・24日
  • 25番出口は混雑時は下り専用になります。

阪急烏丸駅

7月14〜16日
  • 2024番出口は17:00~23:00の間、下り専用です。
  • 22番出口は18:00~23:00の間、上り専用です。

※降雨時は19202325番出口は下り専用となります。
※混雑時21番出口は上り専用となります。

7月17日
  • 1316番出口は8:00~最後の山鉾が通るまで下り専用です。
  • 状況により、規制が変更される場合がありますので、
    係員の指示に従ってください。

臨時列車情報 ※臨時列車は天候等により運転されない場合があります。 運行日:2017年7月14日(金)・15日(土)・16日(日)

  • 河原町駅 土曜・休日 時刻表

    時刻表
  • 烏丸駅 土曜・休日 時刻表(大阪梅田方面行き)

    時刻表

- 備考 -

= 臨時列車
字 = 特急 停車駅:烏丸・桂・長岡天神・高槻市・茨木市・淡路・十三
字 = 快速急行 停車駅:烏丸・大宮・西院・桂・長岡天神・高槻市・茨木市・淡路・十三
字 = 快速 停車駅:烏丸・大宮・西院・桂・長岡天神・高槻市・茨木市・南茨木・上新庄・淡路・南方・十三
黒 字 = 普通 停車駅:各駅にとまります

▼印 = 桂であとの特急・快速急行・快速の接続待ちをします。
印 = 長岡天神であとの特急・快速急行・快速の接続待ちをします。
印 = 7両編成(他の列車は8両編成です)
桂印 = 桂ゆき/高印 = 高槻市ゆき/長印 = 長岡天神ゆき/正印 = 正雀ゆき/無印 = 梅田ゆき

※掲載の行事や日程は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。
※掲載の写真は2018年以前のものです。
※掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
Copyright (C) 2006 Hankyu Advertising Agency Inc. All rights reserved.