現在の運行状況

読み込み中...

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

10月3日はKOBE観光の日〜風見鶏の館から〜

20180923-2.JPG9月21日金曜日、どんよりとした空模様の風見鶏の館です。さて、今回は告知です。10月3日水曜日ですが、この日、神戸では「KOBE観光の日」という日になっており、様々な観光施設で入館無料になったり期間限定の特典を受けられたりします。いつも訪れている風見鶏の館もその日は入館無料となっているだけでなく、来館者先着100名に絵葉書のプレゼントがあるようですよ。

20180923-6.JPG

ただ、そんな告知だけでは、内容の薄い記事になってしまいますので、ここで「KOBE観光の日」とは?ということを簡単に説明しましょう。というか、この写真を見れば大体わかってしまいますね(汗)。そうなんです、神戸が観光地として認知されるようになったきっかけとなった一つ、NHK朝の連続テレビ小説「風見鶏」が1977年の10月3日に放送が開始されたんです。ドラマの内容は中国の青島で捕虜となったドイツ人青年が徳島の捕虜収容所から脱走して、乗っていた船が和歌山の太地町というと所に漂着。そこで主人公の女性に助けられます。その後、そのドイツ人は神戸に移りパン職人として働き、主人公も後を追って神戸に。そして結婚し二人三脚で力強く生きていくというお話。

20180923-3.JPGこのドラマが大ヒットし、舞台となった神戸の異人館に観光客がたくさん訪れるようになったというわけです。実はこのドラマの少し前から雑誌で「女子大生が住む異人館」という記事が某雑誌に掲載され話題にはなっていたのですが、大きく注目を浴びるようになったのは間違いなくこのドラマがきっかけになっています。ただ面白いことにドラマの舞台が風見鶏の館になっていたわけではないんです。ドラマのオープニングでこの風見鶏の飾りが用いられていただけなのですが、どういうわけかその館自体に注目がいくようになりました。

20180923-4.JPG主人公を演じられた新井晴みさんのサインが上のポスターとともに風見鶏の館に飾られています。そういうわけで2004年から毎年10月3日をKOBE観光の日としているわけなのです。ちなみに神戸が観光地として認知されるもうひとつの要因としては1972年3月に新大阪〜岡山駅開通と同時に開業した新神戸駅の存在も大きいようです。ポスターの下に新幹線の所要時間が表記されています。

20180923-1.JPG今回はもう少し続けますよ。その「風見鶏」の物語のモデルになったパン職人さんというのが現在神戸でドイツパンを販売している「フロインドリーブ」さんなのです。そしてそのモデルになったフロインドリーブさんの二世が阪神淡路大震災前まで店舗・住宅としていた建物が現在のスターバックスなんです。住んでいた頃はもう少し東の方にあったのですが、建物が破損し住めなくなってしまったのでフロインドリーブさんが手放したところを神戸市が引き取り、建物を解体。一時西区の方で保存していたのですが、2001年に現在の場所に移築されました。

20180923-7.JPGその後、どのようにしてスターバックスになっていったかは別の機会にします。建物の前に行くとこのような説明板があります。興味のある方は一度目を通してみてください。さて、物語の内容ですが、フロインドリーブさんが捕虜になったというのは事実ですが、和歌山ではなく名古屋に収容されていたようです。では、なぜ和歌山になったのか。どうも1890(明治23)年に起きたトルコの軍艦エルトゥールル号の遭難を絡めたのではないかと思われます。この事故で乗組員500人以上が犠牲になったのですが、何とか岸にたどり着いた人たちを近くの村民たちが総出で介抱したという話があるんです。このあたりの話が元となっているように思われます。ちなみにその現場になった串本町には慰霊碑も建っています。

20180923-5.JPGさて、話を元に戻します。ドラマ「風見鶏」のヒットは遠くドイツのフランクフルトに在住していた館主のトーマスさんの娘のエルゼさんの耳に入りました。彼女がかつて住んでいたわが家を訪ねてみたいと話していることが神戸市に届き、1979(昭和54)年に来日が叶いました。そして当時の風見鶏の館の写真を寄贈して下さったのです。それらの写真のおかげで、改装されていた内部を当初の姿に限りなく近い状態で復元することが出来たのです。

20180923-8.JPG

その写真の一部は風見鶏の館で公開されています。ちなみに現在ショップになっている部屋は和室に改造され、畳が敷かれていました。それくらい改装が著しかったのです。数ある異人館の中でも創建当初の雰囲気を残しているのは少ないと思います。そういうわけで明治時代の雰囲気を味わうならこの風見鶏の館が一番です。

20180923-9.JPGということで「KOBE観光の日」という日が10月3日にやってくるわけなのですが、その他の施設の特典については神戸公式観光サイトを参照してください。また、もっと風見鶏の館の話を聞いてみたいという方は、来る9月29日(土)に館長による風見鶏の館「探検ツアー」がありますのでぜひこちらで詳しく聞いてみてください。ちなみに旧ハンター住宅のある王子動物園は10月3日が休園日なので10月2日(火)が無料開放の日になります。

   【KOBE観光の日・風見鶏の館】

      日 程:10月3日(水)

     開館時間:9:00〜18:00(ただし入館は17:45までとなります)

      所在地:神戸市中央区北野町3-13-3 TEL078-242-3233

      入館料:無料

   【風見鶏の館・探検ツアー】

      日 時:平成30年9月29日(土)

          ①10:30〜 ②13:30〜 ③15:30〜

          ※各回60分程度 

      場 所:風見鶏の館(078-242-3223)

      案 内:風見鶏の館 館長 

      定 員:各回先着20名(当日開始30分前より受付)

      参加費:無料(別途入館料500円必要)

          ※高校生以下、65歳以上の神戸市民、障害者手帳をお持ちの方は入館無料 

          詳しくは風見鶏の館HPまで

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。