ご利用のブラウザはサポートされておりません。

ご利用のブラウザでは一部の機能が使用できない、もしくはページが正常に表示されないことがあります。

詳しくは、「このサイトの楽しみ方」をご参照ください。

1年間限定であなたが阪急電鉄のホームページの阪急沿線ブロガーに!ブログdeバーチャル駅長2017大募集!!

活動期間(1年間):2017年4月3日(月) ~ 2018年4月1日(日)

ブログdeバーチャル駅長のテーマは…「阪急沿線のことを一番よくご存知なのは、 社員でもなく、ライターでもなく、 阪急沿線のお客様」そう! あなたが一番よく阪急沿線をご存じなんです!

皆様が阪急沿線で生活する中、日々接する身近な話題や沿線を探訪して見つけた魅力を、ブログを通じて発信いただき、阪急沿線の大いなる魅力をお伝えすることを目的としたコーナー「ブログdeバーチャル駅長」。その主役である「バーチャル駅長」(ホームページ上の仮想の駅長さん)になって阪急沿線の生活密着情報を発信しませんか?

バーチャル駅長になるとこんな特典が!
【特典1】毎月3,000円分の交通乗車カードをプレゼント!
【特典2】1年間の記事内容やアクセス数、その他活躍内容を総合的に評価してコンテストを実施し、優秀者には賞品も進呈!

最優秀賞(1名)30万円分の阪急交通社 ハイレジャーギフト券

優秀賞(2名)ホテル阪急インターナショナル ディナー付宿泊券

敢闘賞(2名)阪急阪神第一ホテルグループ共通ご利用券

バーチャル駅長として活動していただく内容

1年間の活動期間中、日々の生活で感じられる阪急沿線の様々な顔・魅力などを、最寄り駅近くから阪急沿線のあらゆる場所まで制限無く、独自の視点でブログにて発信していただきます。

活動期間

2017年4月3日(月)~2018年4月1日(日)
※2017年3月に準備期間あり

募集人数

10人~12人

主な活動内容

  • ブログでの阪急沿線に関連した様々な情報発信(できるだけ写真を交えて)
  • 読者とのコメントのやりとり
※活動内容には以下の努力目標を設定させていただきます
ブログ記事を1週間に3回以上執筆する(読者目線でブログを毎日チェックしたくなる更新頻度の目安)

応募についての各種条件

  • 原則として阪急沿線にお住まいの方で、阪急沿線によくお出かけされている方
  • 未成年の方のご応募はお受けいたしておりません。
  • 1年間の活動期間中、継続して情報発信いただけること(やむなき事情で継続できない場合は代理人を立てていただけること)
  • 面談予定の2月8 日~10日(予定)に阪急電鉄本社(大阪市北区)までお越しただけること(9時~20時で調整させていただきます)
  • パソコン・デジタルカメラ等写真の撮れる機械・インターネット回線をお持ちであること
  • ブログをお書きいただく際はパソコンから管理画面にアクセスいただきます。
    ※スマートフォン・ガラケーからブログ管理画面にはアクセスできません。
    ※写真はスマートフォン等で撮影をしてパソコンに転送いただく形でもかまいません。

なお、ブログ・ホームページの経験は問いません。画像投稿掲示板へ投稿できる程度のインターネット経験と、
誰にも負けない探求心、そして阪急沿線への愛があれば大丈夫です。

応募から選考を経て活動開始までの流れ

  • 応募:締切1月31日(火) 応募フォームへ

    左のボタンをクリックして
    応募フォームからご応募ください。

  • 一次選考書類審査(2月上旬)

    いただいた情報をもとに編集部にて審査させていただきます。

  • 一次選考結果のご連絡(2月上旬)

    電子メールにて選考の結果をお知らせします。

  • 面談(2月8 日~10日(予定))

    一次選考に合格された方は、当社(大阪市北区)にお越しいただき、面談を行います。

  • 最終合否のご連絡(2月下旬)

    電子メールにて選考の最終結果をお知らせいたします。

  • 各種準備(2月下旬〜3月下旬)

    ページや名刺の内容決定、記事の練習入力などを行っていただきます。

  • バーチャル駅長活動開始! 4月3日(月)
応募フォームへすすむ 応募締め切りは1月31日(火)!!
  1. 活動内容
  2. 各種応募条件
  3. お問い合わせ
  • 本人の利益を目的とした商目的行為、及びそれに結びつく行為
  • 本人及び第三者による、求人活動、特定の思想を持った団体への勧誘活動、寄付・出資の募集、及びそれらに結びつく行為
  • 暴力団・総会屋その他反社会的勢力に所属あるいは関係する行為

その他、詳しくはバーチャル駅長運営規約(第6条禁止事項)をご覧ください。

よくあるご質問(FAQ)

バーチャル駅長になると阪急電鉄の従業員になるのですか?
違います。
バーチャル駅長は、阪急電鉄が運営する「ブログdeバーチャル駅長」の1ブロガーとして活躍していただく、あくまで一般のお客様となります。
どこかに出勤しなければいけませんか?
ご自宅からすべての操作を行えます。
インターネットを通じて、記事を執筆できるようになっておりますので、活動期間中に当社へお越しいただく必要はありません。ただし、沿線の話題を求めてご自宅周辺や阪急沿線へ出掛けていただく必要はございます。
記事の校正(チェック)は行われますか?
公開後にチェックを行います。
バーチャル駅長開始当初からの運営方針で、お客様の生の声を尊重させていただくため、記事の事前チェックは行いません。 ※公開後、当社の判断で記事の一部を削除・変更させていただく場合があります。
ブログ記事のお店にはすべて許可を取っているのですか?
はい。
だいたいのお店は事前の取材依頼といったかしこまった形ではなく、お店を訪れた時に「ブログ掲載の了解」を確認いただいています。最初は慣れないと思いますが、それをきっかけに、お店の方とお話しする機会にもなりますし、時にはお店の裏側を見せてもらえる時もあります。
何か取材用のアイテムは提供されるのですか?
専用の名刺をお作りしています。
バーチャル駅長を務めていただいている旨や、本企画は阪急電鉄が運営していることなどを記した名刺をお作りしてお渡ししています。
携帯電話・スマートフォンから記事投稿ができますか?
対応していません。 SNSのような短文的な発信ではなく、一般的なブログ記事としての情報発信をしていただきたく、パソコンからの管理画面操作(記事投稿、コメント承認等)を想定しています。
自分の最寄り駅のことしか書いてはいけませんか?
情報の範囲は自由です。
ご自宅の最寄り駅近くから、梅田・神戸・宝塚・京都など阪急沿線全ての範囲の話題を自由に発信いただいてけっこうです。
どこまでの範囲の話題を書いて良いのですか?
皆様が日頃出掛けられる範囲が目安です。
ブログ読者の方は、あなたと同じように阪急電車で出掛けられる方です。バスなど他の交通機関への乗り継ぎを含めて、沿線にお住まいのあなたが阪急電車に乗って出掛けられる場所の話題が、読者の方にも喜ばれる話題とお考えください。
ブログって難しいですか?
編集部がサポートいたします。 ブログの操作に慣れるまで少し時間が掛かると思いますが、大切なのは自分の中で伝えたいものをイメージすること。そのイメージを表現するための操作のレクチャー等は、編集部で随時行ってまいりますのでご安心ください。
自分の顔がブログに出ますか?
似顔絵として登場いただきます。
バーチャル駅長全員の似顔絵を編集部にて制作し、それを各ブログの顔として活用させていただきます。
ブログは毎日書かないといけないのですか?
努力目標を超えれば自由です。
努力目標に設定させていただいている週3回を超えての執筆頻度は自由です。
努力目標を下回るとどうなりますか?
努力目標は、読者の方が毎日ブログをチェックしていただけるのに必要な頻度として想定しているものですので、更新頻度が少なくなると、ブログを読んでいただける読者が減る可能性が大きくなります。
バーチャル駅長になって書いたブログ記事(文章や写真など)の著作権はどうなりますか?
バーチャル駅長ご本人に帰属します。
当社はその無償利用権を無期限(任期終了後も含む)で保有させていただきます。
アフィリエイトはしてもいいですか?
禁止とさせていただいております。 アフィリエイトは、沿線情報を発信する上で必要不可欠なものではないと考えております。
応募フォームへすすむ 応募締め切りは1月31日(火)!!
  1. 活動内容
  2. 各種応募条件
  3. お問い合わせ

ご応募についてのお問い合わせ

ご応募について、ご不明な点がありましたら、お気軽に電子メールにて編集部までお問い合わせください。
※土日・祝日・年末年始にかかる場合は回答にお時間をいただく場合がございます。

阪急電鉄株式会社 経営企画部 ブログdeバーチャル駅長編集部
〒530-8389 大阪市北区芝田1-16-1E-Mail:hensyu_bu@ekiblo.jp

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

編集部からのお知らせ

ブログdeバーチャル駅長 メルマガ発行中!
阪急ぐるなび沿線 レストランガイド

PR

TOKK Mall
hanshin NOW!

CC

絵文字の一部に「TypePad 絵文字アイコン画像」をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、使用しています。 TypePad 絵文字アイコン画像 by Six Apart Ltd.