現在の運行状況

読み込み中...
2015年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

ひろの「きっぷを握りしめて、あの街へ」

一枚のきっぷから始まる阪急電車の旅、街との出会いをお届けします

暮らし・地域

ゴーフルでおなじみ「神戸凮月堂」のミュージアム!?

皆さん、こちらの銘菓をご存じでしょうか?

 

6-20-1.jpg

この缶、おなじみ!そう、神戸を代表する銘菓「ゴーフル

 

6-20-2.jpg

サクサク感があって、子どもから大人まで親しみやすい味わい。ストロベリー・バニラ・チョコレートの3種類

 

そんな「ゴーフル」や「レスポワール」などの銘菓で知られる「神戸凮月堂

神戸元町商店街3丁目に本店を構える老舗に、なんと「神戸凮月堂ミュージアム」があることをご存じでしょうか?ミュージアムでは神戸凮月堂の歴史や製造器具、職人の作品などを展示。今回は神戸凮月堂ミュージアムの様子をご紹介します!

 

6-20-3.jpg

こちらはゴーフルの焼型。左が現在の、右が創業100周年記念のもの。

神戸凮月堂は1897年、神戸元町に創業。初代吉川市三が東京南鍋町の凮月堂に弟子入りし、「凮月堂」の暖簾を分けられたことに始まります。以来百十余年に渡り、世代を越えて愛される老舗として知られています。

 

6-20-4.jpg

手動で焼かれていた頃の「レスポワール」焼き機

サクサクとした歯ごたえで、バターと卵の風味がとても豊か!

 

6-20-5.jpg

この展示は、和菓子の打ち物木型

神戸凮月堂はどらやきや栗饅頭、カステラ、高級和菓子なども手掛けています。

そもそも神戸凮月堂初代が修行した東京南鍋町の凮月堂が、なんと江戸時代創業!大名の御用菓子商だった歴史があるほどで、洋風のイメージが強い凮月堂ですが和菓子と洋菓子両方の歴史を持った老舗なのです。

特に高級和菓子「源氏の由可里」は源氏物語の各巻の心をゆかしく表現したもので、日本の美と心、様々な情感が表現された創作和菓子。ちなみに戦前は、栗饅頭がよく売れたそうです。

 

6-20-6.jpg

こちらの「サンタマリア号」は菓子職人の手で作られた工芸菓子。パーツの全てが菓子の素材で出来ています!保存に注意すれば、なんと30~50年は保つそうです。

 

6-20-7.jpg

ゴーフル」は昭和2年に販売を開始。しかし戦争により缶や菓子の原材料が入手困難になり、ついに製造中止に。そしてこの写真の缶を、当時の社長の妻が疎開先へ持参。終戦後、唯一残ったこの缶が1951年のゴーフル復活のきっかけとなり、現在のゴーフルに繋がっているのです。

 

6-20-8.jpg

神戸元町商店街へお出かけの際は、この白く美しい「神戸凮月堂ミュージアム」に足を運んでその歴史を感じてみてはいかがでしょうか?入場は無料、思いがけず菓子もいただけるかも!?

 

神戸凮月堂ミュージアム

花隈駅より徒歩7分、神戸三宮駅西口より徒歩12分。神戸元町商店街3丁目にあります

11:00~13:00 14:00~1700 月・水は休館日、日曜不定休

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。